学部・大学院

芸術情報学部 音楽表現学科

芸術情報学部 音楽表現学科

より自由で自分らしく学べる
2つのコースを設置

クラシックとポップスの2コースから音楽表現にアプローチすることで、自分らしい学びを追求できます。また、コース間で自由な科目履修が可能なため、より多様な視点から音楽の力を養うことができます。

専門性の土台となる
音楽の基礎力を徹底強化

音楽の各領域における基礎力を、混合型クラスで学びながら、1・2年次より着実に身につけていきます。さらに3・4年次からは各自が専門とする領域に分かれて、段階的にその専門性を高めていきます。

セルフ・マネジメント能力を
実践的な演習科目で育む

演奏と作曲以外に、音楽と社会とのかかわりのなかで自己アピールをしていくノウハウや、セルフ・マネジメント能力を磨くことで、広い意味での音楽人として自立できる力を育んでいきます。

学びのポイント

実社会で求められる音楽の力を自由な学びの環境で探究できる

クラシックとポップスを2本柱に、少人数制による授業を展開することで、音楽のプロフェッショナルを目指す学生だけでなく、音楽が「好き」な気持ちにあふれた学生たちが、自分の可能性を自由に追求できる教育環境を実現します。また、各ジャンルに特化したカリキュラムを充実させることはもちろん、コース間で学びをクロスオーバーすることにより、音楽を通して実社会で活躍するためのスキルを養います。

クロスオーバーな学び

ポップスコース

代表的な学びコード進行 / ポップス・アンサンブル / ソングライティング / プリプロダクション演習 / DAW演習 / 録音・制作演習

クラシックコース

代表的な学び楽曲分析 / ソルフェージュ / 作曲法 / 対位法 / 伴奏法

クロスオーバーな学び

それぞれのコースの特長的な音楽の要素をジャンルを超えて学び合うことを通して、現場で求められる実践的なスキルや知識を複合的に養えます。さらに、このことが自らの感性と探究心に刺激を与え、自分らしい音楽を発見することができます。これがクロスオーバーな学びの特長であり、本学の音楽表現学科の学びの重要な特長でもあります。

ポップスコース

プロの音楽制作にも対応できる業界標準の設備

個々の音楽スキルに応じて学びの第一歩を踏み出せる

あらゆる音楽ジャンルをミックスさせた理論を学ぶ

詳しくはこちら

学生の音楽スキルに合わせたマンツーマンの授業で学びを深めていきます。また、ポップスならではの、ジャンルを問わない自由さや自在さを学びに取り込むことで、今までにない音楽性を探究していきます。最新の機材を導入した業界標準の設備を使い、音楽の現場で求められる力を体験的に学ぶことができる点も特長です。

CG・イラスト・アニメコース

クラシックコース

音楽の学びを通して社会で活躍できる力を養う

幅広い分野の作曲について理論と実践を重ねながら学ぶ

音楽指導者に求められる演奏スキルを学べる授業が充実

詳しくはこちら

4年間を通してクラシックの全般的なスキルを学びながら、社会で求められる力を培い、人間的な成長を目指していきます。ピアノ・管弦打楽器・作曲の各分野で、学生の個性や将来への方向性を重視したマンツーマンの授業を展開していく点も特長です。また、音楽指導者に求められる力を、実践的な授業によって養っていきます。

音響・映像・照明コース
尚美学園大学twitter 尚美学園大学YouYube