学部・大学院

大学院/芸術情報研究科
音楽表現専攻

芸術情報研究科 情報表現専攻

あなたの無限の可能性を社会へ発信する確かな力へ。

特長

Policy 1

専門性を極める教育システム

それぞれの分野はさらに専門化された道へ細分化されたシステムです。ピアノでは独奏とアンサンブル、声楽では独唱と舞台表現、音楽創作では芸術音楽、商業音楽、メディアに分けられるなど、志向に応じた選択が可能です。

Policy 2

専門を中心とした多彩な科目群

専門性の拠点となる科目を中心にして、多彩な科目群が広がった構成。演奏分野では専攻のレッスンとともに「オーケストラ演習」「アンサンブル演習」などが配置され、アンサンブルが重視され、アート・マネージメントでは、音楽企画を基軸にして、プロデュース、マネージメント、音楽出版などの広がりをもった構成となっています。

Policy 3

感性と理論の高度な融合

演奏や創作、社会に直結する演習的・実学的な科目とともに理論的な科目が置かれ、感性と理論の高度な融合を目指しています。

Policy 4

分野を横断した選択が可能

選択科目はそれぞれの分野に対応した内容となっていますが、他分野の科目を履修することも可能です。

Policy 5

即戦力をつける科目群

2年間の研究で集大成された、専門的な実力は社会への確かな足場を築きます。

Policy 6

専修免許状の取得

教育実践の場に役立つ科目の単位を修得して、中学校教諭、高等学校教諭の専修免許状(音楽)が取得できます。

音楽表現専攻3つの系列

演奏系

伝統的なクラシックとともにジャズなどの分野も並置され、クラシックとポピュラーの領域で活躍し、時代をリードする音楽家を育成します。

創作系

商業音楽や最新の音楽メディアを駆使した領域までを取り込み、ジャンルを超えた現代社会の音楽のニーズに応えられるクリエーターを育てます。

応用音楽系

アート・マネージメントと音楽教育を研究領域とし、新しい音楽業界と音楽教育界を創造する人材の育成を目指します。

授業紹介

ピアノ

ピアノ実習Ⅰ,Ⅱ/鍵盤音楽作品研究Ⅰ,Ⅱ/ピアノ表現演習Ⅰ,Ⅱ

人材目標
演奏家/指導者など

管弦打

管弦打実習Ⅰ,Ⅱ/管弦打作品研究Ⅰ,Ⅱ/オーケストラ演習Ⅰ,Ⅱ

人材目標
オーケストラ・吹奏楽団員/吹奏楽指導者など

声楽

声楽実習Ⅰ,Ⅱ/声楽作品研究Ⅰ,Ⅱ/身体表現特殊演習/舞台表現特殊演習Ⅰ,Ⅱ

人材目標
演奏家/劇団員・ミュージカル団員/合唱指揮者/ヴォイストレーナーなど

ジャズ&コンテンポラリー

ジャズ&コンテンポラリー実習Ⅰ,Ⅱ/ジャズ&コンテンポラリー作品研究Ⅰ,Ⅱ/ミュージカル演習/ジャズ理論

人材目標
ジャズ演奏家/バンド・アーティストなど

音楽創作

音楽創作実習Ⅰ,Ⅱ/メディア音楽実習Ⅰ,Ⅱ/音楽作品分析研究Ⅰ,Ⅱ/電子音響音楽特殊研究/映像音楽特殊演習/音楽情報技術特殊演習

人材目標
作曲家・編曲家/音楽クリエーター/サウンドエンジニア/アプリケーション開発者など

アート・マネージメント

アート・マネージメント概論/アート・マネージメント特論/アート・マネージメント研究Ⅰ,Ⅱ/著作権概論/著作権特論/経営戦略論/経営組織論/音楽ビジネス概論/音楽契約論/音楽ジャーナリズム史/音楽ジャーナリズム実習/音楽ディレクション実習/音楽プロデュース実習

人材目標
音楽プロデューサー/音楽出版者・編集者・番組制作者/イベントプロモーター/ホール管理者/アーティスト・マネージメント/音楽著作権管理者など

音楽教育

音楽教育特殊研究/音楽教育研究法/音楽教育特論/音楽教育特論演習/音楽教育フィールド研究A,B

人材目標
教員/音楽教育指導者/研究者など
尚美学園大学twitter 尚美学園大学YouYube