芸術情報学部 Department of Music Expression 音楽表現学科

音楽表現学科

Point

より自由で自分らしく学べる
2つのコースを設置

クラシックとポップスの2コースから音楽表現にアプローチすることで、自分らしい学びを追求できます。また、コース間で自由な科目履修が可能なため、より多様な視点から音楽の力を養うことができます。

専門性の土台となる
音楽の基礎力を徹底強化

音楽の各領域における基礎力を、混合型クラスで学びながら、1・2年次より着実に身につけていきます。さらに3・4年次からは各自が専門とする領域に分かれて、段階的にその専門性を高めていきます。

セルフ・マネジメント能力を
実践的な演習科目で育む

演奏と作曲以外に、音楽と社会とのかかわりのなかで自己アピールをしていくノウハウや、セルフ・マネジメント能力を磨くことで、広い意味での音楽人として自立できる力を育んでいきます。

Course

Lecture 実社会で求められる音楽の力を
自由な学びの環境で探究できる

ポップスとクラシックを2本柱に、少人数制による授業を展開することで、音楽のプロフェッショナルを目指す学生だけでなく、音楽が「好き」な気持ちにあふれた学生たちが、自分の可能性を自由に追求できる教育環境を実現します。また、各ジャンルに特化したカリキュラムを充実させることはもちろん、コース間で学びをクロスオーバーすることにより、音楽を通して実社会で活躍するためのスキルを養います。

ポップスコース

代表的な学び

  • コード進行法
  • ポップス・アンサンブル
  • ソングライティング
  • プリプロダクション演習
  • DAW演習
  • 録音・制作演習

クラシックコース

代表的な学び

  • 楽曲分析
  • ソルフェージュ
  • 作曲法
  • 対位法
  • 伴奏法

クロスオーバーな学び

それぞれのコースの特長的な音楽の要素をジャンルを超えて学び合うことを通して、現場で求められる実践的なスキルや知識を複合的に養えます。さらに、このことが自らの感性と探究心に刺激を与え、自分らしい音楽を発見することができます。これがクロスオーバーな学びの特長であり、本学の音楽表現学科の学びの重要な特長でもあります。

クロスオーバーした学びにより複合的な知識や技能が養える

ポップスとクラシック、それぞれに特化した科目に加え、各コースがクロスオーバーした学びも展開していきます。お互いのコースの特長的な要素を学び合うことを通して、たとえばポップスからは実際の現場で求められる自由自在な表現力、クラシックからは音楽的な基礎知識や技能といった、より複合的な音楽の力が身につけられます。

POPSポップスコース

学生の希望やスキルに応じて
音楽の第一歩が踏み出せる

音楽のスペシャリストを目指したい人も、初歩から積み上げたい人も、自分らしいポップスへのかかわり方を基礎から修得できるカリキュラムを設置します。また、音楽業界で活躍する教員がマンツーマンのレッスンを行います。

業界標準の制作環境で
思い通りの音楽を表現できる

音楽を表現することに特化した環境のもと、リハーサルからオリジナル音源完成まで、すべて学内で行うことが可能です。業界標準の設備を利用しながら学ぶことで、将来、音楽の現場で活躍するための実践力を、在学中から養っていきます。

自分が理想とする音楽性を
自由に探究できるカリキュラム

ポップスの大きな特長は、音楽ジャンルを問わない点にあります。国境や時代を飛び越え、常に新しい音楽へと昇華していく自由さをカリキュラムに取り込み、自分自身が理想とする音楽性を思いのままに探究できる学びを展開していきます。

CLASSICALクラシックコース

音楽を通して人間性を育み
音楽の力で活躍できる人材を育成

ピアノ・管弦打楽器・作曲の各ジャンルを専門的に学びながら、自分だけの音楽性を確立していきます。また、音楽の学びを通して人間的な成長を促すとともに、音楽を活用してより良い社会をつくることに貢献できる人材を育成します。

クラシックにとどまらず
幅広い分野の作曲について学べる

理論と実践を積み上げながら、室内楽・オーケストラ・吹奏楽など、クラシックの大規模な作品制作から、音楽ソフトを活用したゲーム・映像のための音楽や電子音響音楽まで、幅広い分野の作曲について学びを深めていきます。

音楽指導者に必要な
専門的な演奏技術が身につく

ピアノ指導法などに代表される、音楽指導者に必要な楽器演奏の技術を身につけられる授業が充実しています。さらに、1~2年次に必修となる基礎演習を、選択科目として履修することにより、専門とする楽器を増やしていくことも可能です。