尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY

スポーツマネジメント学部学部長メッセージ

スポーツマネジメント学部 学部長メッセージ

スポーツについて多角的な視点で学び、自分がスポーツマネジメントの現場で
新しい価値を創造・発信し、スポーツで社会を動かしましょう。

これからのスポーツと人間の関係を考える上で、従来のスポーツの捉え方を見直す時期になっています。社会課題解決のためにスポーツが有する資源を効果的に活用し、より良い社会・コミュニティづくりという視点は,今後ますます重要視されるでしょう。 スポーツは、競技を自ら楽しむことだけではありません。「人々に希望を与える。日々の生活を豊かにする。ビジネスを通じて社会に貢献する。」など、その価値や影響力は非常に大きいといえます。そこで求められるのが、スポーツによる社会貢献の実践者に備わるべき能力や資質を有した人材の育成です。

尚美学園大学スポーツマネジメント学部の特長は、スポーツを学べる学習領域の幅広さにあります。「ビジネス・産業」と「健康・科学」という2つの領域があり、その先にはビジネス、マーケティング、イベント、エンターテインメント、データ分析、教育・指導、ウェルネスなど、多方面からスポーツにアプローチする実践可能なカリキュラムを展開します。
また、本学には、芸術情報学部、総合政策学部があります。スポーツマネジメント学部は、この2つの学部とのコラボレーションが大きな特徴になることは間違いありません。複数の異なる要素をまとめ、まさにハイブリッドな学びにより複合的な知識と経験を身につけることを可能にしました。

これからの社会でスポーツの新しい価値を創造・発信・定着させ、スポーツの力を持って現代社会における多様な課題を探求、解決できるリーダーを育成したいと考えています。スポーツマネジメント学部では、4年間を通して、自分がどのようにスポーツに関わっていくのかをじっくり考える幅広い学びの機会があります。

未来の可能性は無限です。それをどこまで伸ばせるかは、学生諸君の取り組みにかかっています。自分の可能性に挑戦し、広い世界に大きく飛翔しましょう。

スポーツマネジメント学部 学部長プロフィール

スポーツマネジメント学部 学部長

スポーツマネジメント学部 学部長
小泉 昌幸

  • 1982年 日本体育大学体育学部社会体育学科 卒業
  • 1984年 日本体育大学大学院体育学研究科社会体育学専攻 修士課程修了
  • 1984年 福岡スポーツ研究所 研究員
  • 1995年 新潟工科大学 工学部物質生物システム工学科 助教授
  • 2008年 新潟工科大学 工学部環境科学科 准教授
  • 2010年 新潟工科大学 工学部環境科学科 教授
  • 2013年 尚美学園大学 総合政策学部ライフマネジメント学科 教授

新潟県水泳連盟医科学委員、社)新潟県サッカー協会(1種委員会副委員長・大学・高専サッカー連盟委員長・常務委員)、北信越大学バスケットボール連盟理事、全日本大学サッカー連盟理事を歴任