尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
総合政策学部 学部長メッセージ

総合政策学部 学部長メッセージ

総合政策学部で学び、新たな知識を得て経験を積み、
自分を発見し、将来に向かって進みましょう。

「大学」、とりわけ「尚美学園大学総合政策学部」で学ぶことは皆さんにとってどのようなことでしょうか。それは、専門分野の研究を行うことであると言い換えることができるでしょう。

現代社会は変化が激しく、これまでに経験したことのない状況に置かれています。これまでの知識・経験だけでは解決できない問題が数多くあり、解決策が簡単にはみつからないものもあります。1つの専門分野のみの知識・経験だけでは限界が生じます。専門性を生かすには、他の分野とのつながり、全体像を理解しておく必要がある訳です。総合政策学部の特長は、1つのことを深めることと同時に、多角的な見方ができるようになることにあります。

総合政策学部は、問題の本質を発見し、法律・政治、経済・経営、社会・コミュニケーションといった領域を学びながら、解決策を目指すところです。ここで、総合政策学部での学びが生きてくるのです。

2年次からは皆さんの関心・希望する進路に応じた「公共・社会貢献」、「経営プランニング」、「ビジネスプロフェッショナル」の3コースに分かれます。総合政策学部での学びを通して、新たな知識を得て体験を積み、自分を発見し、将来に向かって進みましょう。

総合政策学部 学部長プロフィール

総合政策学部 学部長

総合政策学部 学部長
小林 和久

  • 1981年 慶應義塾大学文学部社会・心理・教育学科卒業
  • 1987年 慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学
  • 1988年 小松短期大学専任講師
  • 1992年 小松短期大学助教授を経て2007年 尚美学園大学総合政策学部教授

著書に「自己と社会‐社会心理学序説‐」(編著)、「管理能力開発のためのインバスケット・ゲーム」(共著)など。「社会心理学概論」「教育心理学」「パーソナリティ心理学」などの授業を担当。