舞台表現学科

舞台芸術をリードする 「創造力」と「総合力」を養成

詳細

舞台表現学科が目指すのは、学生の身体表現能力の修得に留まりません。確かな「理論」や「分析能力」を養うと同時に、幅広い「教養」を身につけ、これからの舞台芸術をリードする「創造的能力」の修得に目標を置いています。専門性の高い理論や知識を吸収し、技術を修得するトレーニングを通じて身体表現の可能性を広げていくために、「ミュージカル」「演劇」「ダンス」という3つのコースを設けますが、一方で、舞台芸術の運営全般に携わることのできる「総合力」を養うカリキュラムとなっていることも特色の一つです。

3つのコース

学びのポイント

芸術監督、演出家、振付師舞台を極めた一流の指導者

詳細

これまでの教育は、“アーティストが持論をもとに指導する”ケースが少なくありませんでした。開設する舞台表現学科のもっとも大きな特色と言えるのが、ほとんどの教員が“アーティストを発掘し育成してきたプロフェッショナル”であること。つまり、キャストとして選ばれるために必要なスキルやトレーニングを客観的に指導できる、幅広い視点と豊富な経験を持っているわけです。著名な劇団や作品で注目の新人を世に送り出してきた指導者が、学生一人ひとりに的確なアドバイスを与えていきます。

表現者としての土台づくりを重視

詳細

どんな舞台芸術を追求するにしても、声と身体を使って表現するという基本は変わりありません。そして、その基本が確かな知識や技術、理論や教養でなければ、人を感動させる新たな表現を創造していくことはできないのです。そこで用意したのが、1・2年次に学ぶ多彩な「基礎科目」。呼吸・発声・発音のスキルはもちろん、身体表現の基礎として欠かせない「バレエ」や「タップダンス」、日本のあらゆる芸能が凝縮された「日本舞踊」を所作とともに身につけるなど、世界で通用するベーシックを集中的に鍛えられるプログラムにしました。

「ミュージカル」「演劇」「ダンス」からなる3つのコースを設置

詳細

3年次からはコースに分かれて専門性を磨きます。現代の舞台表現に加えて古典芸能なども学び、多彩な芸術表現ができる俳優を育成する「ミュージカルコース」。創造的な活動で演劇界をリードできる役者を育て、演出・脚本・制作でも能力を発揮できる舞台人を育成する「演劇コース」。バレエ・タップ・コンテンポラリーの分野を中心に活躍するダンサーや、教育や医療介護などの現場で人を支えるダンスセラピストなどを育成する「ダンスコース」。成果を試す機会として、舞台公演や外部団体を招いたオーディションを全コースで開催する予定です。

レッスンや発表が待ちどおしくなる様々な施設を完備したキャンパス

詳細

2学部6学科をもつ4年制大学として、音楽・芸術分野の人材教育を行ってきた尚美学園大学。広大な敷地面積をもつ川越キャンパスには、舞台表現を学ぶ上で十分な施設設備が整っています。多くの学生が同時に指導を受けられるレッスンスタジオ。オリジナル作品を大勢の観客を招いて上演できるホール。化粧台やドレッシングルーム、舞台装置や音響設備など、実際の舞台公演を想定した環境にもこだわっています。充実した設備を思う存分利用して、キャンパスライフを大いに楽しんでください。