尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
ニュース

イベント情報

クリストフ・デジャルダン/GRAME ヴィオラ+エレクトロニクス特別講座&コンサートのお知らせ

GRAME×尚美学園大学コラボレーション! 

アンサンブル・アンテルコンタンポランのヴィオラ奏者として数々の新しい作品の初演や録音に携わってきた実力派クリストフ・デジャルダン氏と、GRAME国立フランス音楽創作センターの音響デザイナーのクリストフ・ルブルトン氏が本学を訪れ、2日間にわたり特別講座とコンサートを行います。
新しい作品の制作に関するレクチャーと、GRAMEが開発している新しい音楽ソフトについてのレクチャー、そして最後のコンサートでは、現代のフランスを代表する作曲家フィリップ・マヌリのライブ・エレクトロニクス作品「パルティータI」と、歴史的名曲、ルチアーノ・ベリオ作曲「セクエンツァVI」を演奏する予定です。
日本で聴く機会が少ないマヌリの大曲と、アンサンブル・アンテルコンタンポランのセクエンツァ全曲録音CDの名演を、尚美パストラルホールの美しい音響の中、目の前で聴くことができる貴重な機会です。お誘い合わせの上、是非ご来場ください。

● クリストフ・デジャルダン/GRAME ヴィオラ+エレクトロニクス特別講座&コンサート
 ヴィオラ:クリストフ・デジャルダン
 音響:クリストフ・ルブルトン(GRAME)
 Christophe Desjardins, viola
 Christophe Lebreton, electronics

10月14日(月・祝)午後6時〜7時30分
セバスチャン・リーヴァス作曲「分離」(2012, GRAME委嘱)の制作と演奏に関する特別講座

10月15日(火)午後4時30分〜5時30分
FAUST & GRAMEインタラクティブ音楽ソフトについての特別講座

10月15日(火)午後6時30分〜8時
クリストフ・デジャルダン/GRAMEヴィオラ+エレクトロニクス・コンサート

クリストフ・デジャルダン/GRAME ヴィオラ+エレクトロニクス特別講座&コンサートチラシ(PDF) 表面 / 裏面