尚美学園大学 ポップスコース

FOCUS 卒業後の進路

ポップスを学んだ先に広がる 音楽業界での働きかた

尚美学園大学では、これまでも音楽アーティストやコンポーザーといった枠を超えて、
音楽業界全般で活躍できる人材を輩出しています。
どのような仕事に就けるのか、働きかたに関する最新トレンドや、
ポップスコースで目指せる仕事について紹介します。

注目のトレンド・働きかた

Information 01 SNSなどの発達で壁がなくなる音楽制作の現場

SNSや動画サイトを活用すれば、誰もが世の中にデビューできる時代です。DTMなどのスキルも身につけておけば、楽曲づくりから発信まで一人でマルチにこなせます。音楽制作の現場は、プロ・アマの境界線がなくなりつつあり、良い作品を作り上げることができれば、多くのひとに届くチャンスが増えました。まずは自分の音楽を発信することが大切です。それによって思いがけない出会いが生まれるでしょう。

Information 02 すべてのエンターテインメントに必要な音の魔術師

BGMや効果音などは、映画・ドラマ・CM・アニメーション・ゲーム・舞台芸術など、あらゆるエンターテインメントに欠かせません。インターネット上にはフリー素材として効果音を入手できるサイトもあり、サウンドクリエイターへのニーズは高まる一方です。つまり、活躍の場は音楽業界以外にも広がっているのです。

Information 03 音楽業界で求められている著作権のエキスパート

音楽配信サービスなどが普及し、音楽は手軽に入手できるようになりました。その一方で、違法な使用やコピーが後を絶ちません。そこで現在、音楽業界で求められている職業が著作権管理者です。著作権管理には専門的な知識が必要となり、音楽配信を行うサービスによって内容が異なるので、配信システムや著作権法などに精通していなければなりませんが、今後ニーズが高くなる音楽業界の仕事といえるでしょう。

ポップスコースで目指せる仕事

  • 音楽アーティスト
  • アレンジャー・コンポーザー(作編曲家)
  • 作詞家
  • スタジオミュージシャン
  • サポートミュージシャン
  • アーティストマネジメント
  • 音楽著作権管理
  • 音楽イベント企画制作
  • 音響エンジニア
  • 宣伝プロモーター
  • 音楽コンテンツ制作
  • 映像制作
  • 業界誌編集者・ライター
  • 音楽ソフト開発
  • 楽器販売 
  • 音楽インストラクター
  • 中学校・高等学校教員(音楽)
  • 小学校教員※
  • 幼稚園教員※ など

※提携による通信教育を履修した場合