2020年4月開設

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメント学部 TOPICS

多角的な視点でスポーツを学び自分の未来につながる4年間に

准教授 梶 孝之

教員インタビュー 梶 孝之

スポーツを多角的な視点で学んでいきます

スポーツマネジメント学部では、スポーツを専門的に学びます。そのためには社会との関わりをよく知り、幅広い視点を持つことが重要です。これまでの総合政策学部では、多角的にスポーツを見てきました。スポーツマネジメント学部では、これまでと同様に多角的な視点を持つことを継続しながら、さらにスポーツに特化した学びを進めることができると考えています。また、100m走競技をしてきた私自身の経験や、過去から現在、未来へと続く社会状況の変遷をふまえながら、スポーツと社会の関わりをわかりやすく解説していきたいと思っています。

スポーツの成り立ちを知り、未来を考える力に

講義における私の専門分野は、スポーツ史です。いろいろな競技の成り立ちなどを勉強しています。スポーツを辞書で引くと娯楽やたのしみなどの要素があることがわかりますが、もともと現在のスポーツの多くは遊びから派生したものです。それがどのようにルールを持つ競技になってきたのか、誕生のいわれやルールの変遷などを知ることで、今の競技への理解が進み、さらに今後どうなっていくのかを予測することもできます。「温故知新」という言葉がありますが、新しい学びのためには過去をふまえることが大切です。楽しみながら学び、正しい知識を得て、スポーツやスポーツマネジメントに関する考察力をつけましょう。

“好き”を深め、“得意”を極める4年間に

私は、“好き”を深め、“得意”を極めることが、将来につながる大切なことだと考えています。いろいろな“好き”や“得意”がありますが、スポーツマネジメント学部の4年間では、その“好き”や“得意”の度合いをしっかり深めてもらいたいと思います。競技をするのが好きなことはもちろん、実技は得意ではないけれども、観ることが好き、分析するのが好き、応援するのが好きな人も、スポーツが好きな人です。スポーツが好きで、スポーツに関わる仕事がしたい気持ちがある人はぜひ尚美学園大学へ。スポーツマネジメント学部で一緒にその“好き”を深め、“好き”を生かした仕事につなげる4年間を過ごしましょう。

学ぶうちに広がる興味関心を大切に

スポーツマネジメント学部でスポーツを専門的に学び始めると、きっと興味関心が広がっていくことでしょう。たとえば、競技生活を続けるうえで必要な健康や栄養などの知識を深めたいと思ったり、あるいは多くの人に観てもらうための方法として情報関連やイベント企画などの学びを深めたいと思うかもしれません。その興味関心の広がりは、将来につながる大切な思いです。どんなふうに学べばよいか迷ったら相談してください。私たちは、学生のみなさんの学びたい気持ちをサポートしていきます。

尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 施設紹介 尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 施設紹介