2020年4月開設

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツを多角的にとらえる 実践的で新しい学びが誕生します

教授 小泉 昌幸
スポーツマネジメント学部 学部長(就任予定)

教授インタビュー 小泉 昌幸

ニーズをふまえ、スポーツに関する学びに特化

現在、社会の中でスポーツはさまざまな役割を担っており、その分だけ関わる仕事も広がってきています。そこで、ビジネス、マーケティング、イベント、エンターテインメント、データ分析、教育・指導、ウェルネスなど、多方面からスポーツにアプローチする学びが必要ではないかと考えたことが、スポーツマネジメント学部設立への大きなきっかけになりました。また近年、スポーツに興味関心を持つ学生が増えていることもふまえ、本学の総合政策学部にあるライフマネジメント学科を発展させ、スポーツに特化した新たな学部を設立することになったのです。

座学と実習を重ね、実践的な学びを提供

あらゆる視点からスポーツをマネジメントする理論・知識・技能を習得できる科目を設定しています。1・2年次の基本科目の学びを通して将来の探索と準備をし、3・4年次の展開科目を経て、将来を確立させていく段階的なカリキュラムを準備しています。さらに、「ビジネス系(経営・事業管理)」「コーチング系(教育・指導)」「クリエイティブ系(イベント企画・演出)」など、仕事に直結した科目群となる履修モデルを設定し、目指す将来を確実なものにします。スポーツをマネジメントする経験やノウハウを、座学と演習、実習を組み合わせ、しっかりと実になる学びを進めていきます。

他学部とコラボレーションによる高い独自性

本学には、芸術情報学部、総合政策学部があります。スポーツマネジメント学部は、この2つの学部とのコラボレーションが大きな特徴になることは間違いありません。たとえば、音楽メディアなどを学ぶ音楽応用学科や音響・映像・照明などを学ぶ情報表現学科などと連携した授業を行うことで、尚美学園大学らしいスポーツマネジメントの学びができるでしょう。スポーツの本質を捉えたうえで、視聴者に受け入れられやすい映像制作などのカリキュラムも組みたいと思います。また、総合政策学部の経済や経営などの教員により、市場へのアプローチのノウハウなどの学びも深めることができるでしょう。いずれの教員も知識や経験のある専門家です。協力して新学部の幅広い学びをプロデュースしていきたいと思います。

将来に向けた資格取得をサポートします

尚美学園大学では、保健体育科の教員免許状をはじめ、将来の夢実現をサポートする多彩な資格取得が可能です。

  • 中学校・高等学校教員(保健体育)※ 教職課程認定申請中
  • 体育施設管理士・体育施設運営士(日本体育施設協会)*1
  • スポーツリーダー・ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)*2
  • トレーニング(NSCA[CSCS])(日本ストレングス&コンディショニング協会)*3
  • JFA公認C級コーチ(日本サッカー協会)
  • レクリエーションインストラクター(日本レクリエーション協会)*2
  • キャンプインストラクター(日本キャンプ協会)
*1 認定試験の合格が必要
*2 専門科目の検定試験合格が必要
*3 資格認定試験の合格が必要

スポーツに対するアンテナを立ててください

受験前、入学前には、自分の好きなスポーツだけでなく、さまざまなスポーツのニュースなどにアンテナを張ってください。実際にスポーツ活動をしたり、試合を観戦したりするのもいいし、スポーツを題材にしたドラマを観たり、本を読むこともいいと思います。町のなかで掲示されたり、インターネット上に告知されているスポーツの情報をチェックするのもいいでしょう。社会のなかで、スポーツがどのような存在になっているか、見たり、聞いたり、肌で感じ取ったりしてもらうといいと思います。

尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 施設紹介 尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 施設紹介