2020年4月開設

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメント学部 TOPICS
スポーツマネジメント学部紹介
スポーツマネジメント学部紹介
尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 入試情報 尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 入試情報

11/18(月)~ AO入試Ⅲ期エントリー受付開始

あなたもスポーツで社会を動かせる。

スポーツは、競技を自ら楽しむことだけではありません。人々に希望を与える。日々の生活を豊かにする。ビジネスを通じて社会に貢献する。スポーツのもつ価値や影響力は、あなたが想像する以上に大きいといえます。つまり、好きという強い気持ちさえあれば、スポーツに自分らしく関わりながら活躍できる仕事や場面が無数に広がっているのです。あらゆる視点からスポーツを学んでみませんか?

スポーツマネジメント学部の特長

自分の興味や関心から選べる
学習領域の幅広さ

スポーツマネジメント学部の大きな特長は、スポーツを学べる学習領域の幅広さにあります。「ビジネス・産業」と「健康・科学」という2つの領域があり、その先にはさらに様々なスポーツ関係のテーマが広がっているため、興味や関心からスポーツを学ぶことができます。

卒業後の進路を見据えて
段階的に学べるカリキュラム

理論・知識・技能を、1・2年次の基本科目から3・4年次の展開科目へ、段階的に習得できるカリキュラムを提供。プロチーム運営スタッフ、イベントマネージャー、教員やインストラクターなど、スポーツで目指したい将来を確実なものにしていきます。

実践的なスキルを身につける
体験&学部連携プログラム

企業現場やボランティア活動での実体験を通して、スポーツをマネジメントする知識や経験を得るプログラムが充実。他学部(芸術情報学部・総合政策学部)とのコラボレーションによる学びによって視野を広げられることも、尚美学園大学ならではの特長です。

スポーツマネジメント学部 TOPICS スポーツマネジメント学部 TOPICS

ビジネス・産業 領域

ビジネス

  • スポーツ関連企業企画・営業
  • スポーツイベントディレクター
  • スポーツエージェント
  • など

情報

  • スポーツコンテンツ
  • 制作スタッフ
  • スポーツ動画・Web 配信
  • サービススタッフ
  • など

文化

  • スポーツメディアディレクター
  • スポーツ雑誌編集者・記者・ライター
  • など

芸術

  • エンターテインメントディレクター
  • 演技プログラム振付・BGM 担当スタッフ
  • など

健康・科学 領域

競技スポーツ

  • アスリート
  • 監督・コーチ
  • フロントスタッフ
  • 戦術立案スタッフ
  • など

ウェルネス

  • スポーツインストラクター
  • スポーツクラブ運営スタッフ
  • 医療・福祉スタッフ
  • など

教育

  • 中学校・高等学校教員(保健体育)
  • 幼児体育指導員
  • ジュニアスポーツコーチ
  • など

地域・公共

  • 公務員(生涯スポーツ政策立案・推進)
  • 消防士
  • 警察官
  • NPO 職員
  • など

教職課程(保健体育)の設置をはじめ、取得を目指せるスポーツ関連資格が充実

教職課程(保健体育)

スポーツマネジメント学部 教職課程(保健体育)

2 年次からのスタートで教職免許の取得をサポート

教員免許を取得するためには、より早い段階から準備を進め、学習への意識を高めていくことが重要となります。そこで本学では、様々な講義や実技を通して中学校・高校における保健体育科教育の基本について学んでいく、保健体育科教育法に関する履修を、2年次からスタートさせます。

幅広い知識を身に着けながら
自分の専門性を高められる

スポーツ指導法などの履修を通して、様々なスポーツ競技に関する知識や指導力を幅広く身につけることができます。また、自らが得意とするスポーツ競技については、座学だけでなく、実践的な内容でその専門性をさらに高めていくことができます。

様々な教科の教員を目指す
学生同士で切磋琢磨できる

保健体育だけでなく、他の教科の教員を目指す学生たちが一堂に会して学びを深めていく教職実践演習を設置しているのも特長です。学生間で様々な情報交換ができ、互いにモチベーションを高め合いながら教員免許取得を目指すことができます。

教員に求められる指導力を
実践的な模擬授業で養う

保健体育科教育法と教育実習指導の授業では、模擬授業をくり返し実施し、指導力を実践的に高めます。その指導力は、企業に就職する際や、本学で取得可能なジュニアスポーツ指導員サッカーC級コーチとして指導にあたる際にも有利に働きます。

※ 教職課程認定申請中

取得推奨資格