大学院・芸術情報研究科
音楽表現専攻

現代の音楽社会と 生きた文化の発展に貢献する

詳細

音楽表現専攻では、高度な専門性を追求すると同時に、社会に開かれたグローバルな視点を磨くことで、現代の音楽社会と、活きた文化の発展に貢献できる人材を育てることを目標と しています。このため、学生の志向に応じた専門的かつ広範なカリキュラムを設け、専門を極めると同時に、専門を広げる教育を行います。また、2 年間の研究はリサイタル形式で集大成される一方、音楽教育では研究の意義・目的・分野ごとにテーマを設け、教育実践の場に役立つ科目を配置しています。

学びの特長

器楽(ピアノ・管弦打楽器)

器楽実習Ⅰ/器楽実習Ⅱ/器楽特殊研究/鍵盤音楽特殊研究/オーケストラ特殊演習/アンサンブル演習

人材目標

演奏家・演奏指揮者/オーケストラ・吹奏楽団員/吹奏楽指導者

声楽

声楽実習Ⅰ/声楽実習Ⅱ/声楽作品研究/声楽史特殊研究/オペレッタ・ミュージカル研究/身体表現特殊演習/舞台表現特殊演習

人材目標

演奏家・劇団員・ミュージカル団員/合唱指揮者・ヴォイストレーナー

ジャズ&コンテンポラリー

ジャズ&コンテンポラリー実習Ⅰ/ジャズ&コンテンポラリー実習Ⅱ/ジャズ史研究/ジャズ&コンテンポラリー特殊演習/ジャズ&コンテンポラリーアンサンブル特殊演習

人材目標

ジャズ演奏家/バンド・アーティスト

音楽創作

音楽創作実習Ⅰ/音楽創作実習Ⅱ/メディア音楽研究Ⅰ/メディア音楽研究Ⅱ/現代音楽分析研究/コンピュータ音楽特殊研究/映像音楽特殊演習/音楽情報技術特殊演習

人材目標

作曲家・編曲家/音楽クリエーター/サウンドエンジニア/アプリケーション開発者

アート・マネージメント

音楽プロデュース実習Ⅰ/音楽プロデュース実習Ⅱ/音楽マネージメント実習/アート・マネージメント論/著作権論/音楽企画実践演習/音楽ジャーナリズム論/イベント・プロジェクト起業論/サービス経済論

人材目標

音楽プロデューサー/音楽出版者・編集者・番組制作者/イベントプロモーター/ホール管理者/アーティスト・マネージメント/音楽著作権管理者

音楽教育

音楽教育特殊研究/音楽教育研究法/音楽教育特論/音楽教育特論演習/音楽教育史/音楽教育フィールド研究A/音楽教育フィールド研究B

人材目標

教員・音楽教育指導者・研究者など