ライフマネジメント学科
スポーツコース
スポーツマネジメント(ビジネス・メディア)

日々変化を遂げているスポーツの世界をビジネスとメディアという視点から分析する

詳細

現在、私たちは世界の様々な地域で開催されているスポーツの試合を、TV中継やインターネットを通して観戦することができます。そこでは、競技場では知ることのできない選手の表情の変化、さらに様々な角度からプレーの詳細に触れることができます。本コースでは、メディアの存在がスポーツにどのような変革をもたらし、新たな世界像をもたらしたのか、さらにそれを支えるスポーツビジネスがどのように展開されているのかを、国内外の様々な事例を分析しながら考えていきます。また、4年間の学びから、生涯を通してスポーツにかかわっていくための視点を磨きます。

ライフマネジメント学科・スポーツコース

科目ピックアップ

スポーツによって社会を学び優れた社会人を養成する多様な科目を設置

詳細

実践を通した身体運動の学習や、現代のスポーツマネジメントに関する学びなど、様々な科目を通してスポーツを探究していきます。

レクリエーション概論

ライフマネジメント学科・スポーツコースレクリエーションは、高齢社会や自由時間増大に伴う生涯学習社会において重要な役割を持っています。その意義や基本的理論を理解するとともに、様々なレクリエーション活動を実践し、その支援における心得や留意点を学びます。

スポーツビジネス論

ライフマネジメント学科・スポーツコース世界と日本のスポーツビジネスの歴史を学びながら、「企業スポーツからの脱却」や「スポーツの地域化(ローカル化)」について考察します。

目指す進路

スポーツ団体やスポーツクラブの運営、スポーツメディアを舞台に活躍

詳細

最近の社会の要望として、スポーツとともに人生を送ることで、豊かな余暇や健康的な生活を送りたいという需要が高まっています。また、スポーツ産業が日々拡大を続けるのに応じて、そのマーケットも同じく成長を続けています。このような背景から、スポーツに関する専門的な知識、トレーニング技術を有する人材の需要も、高まり続けています。地域の人々とスポーツを結ぶスポーツクラブの運営、プロやアマのスポーツ団体の経営に携わる人材、スポーツにかかわる広報活動などの分野で、活躍が期待されます。また、メディアを舞台にスポーツとかかわる進路も開かれています。

目指す仕事
●スポーツ関連企業の企画・広報 ●スポーツショップスタッフ ●スポーツエージェント ●スポーツチーム運営スタッフ ●スポーツ雑誌記者・編集者 ●イベントプランナー ●消防士
取得を推奨する資格
●中学校教諭一種免許状【保健体育】 ●高等学校教諭一種免許状【保健体育】 ●スポーツ指導者(日本体育協会公認) ●キャンプインストラクター(日本キャンプ協会公認) ●レクリエーションインストラクター(日本レクリエーション協会)※1 ●ジュニアスポーツ指導員(日本体育協会公認)※1 ●JFA公認C級コーチ(日本サッカー協会)※1 ●トレーニング指導者資格※2 ●体育施設管理士※2 ●TOEIC® ●実用英語技能検定 ●日商簿記検定
※1 平成29年度から導入予定
※2 平成30年度から導入予定
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
総合政策学部が体験できる
オープンキャンパスに行こう!