音楽応用学科
音楽ビジネスコース

音楽ビジネスの最前線で活躍するためのスキルを学ぶ

演習に特化した学びでプロデュース力を養う

権利ビジネスに関する様々な知識を身につける

詳細

音楽プロデュース、マネジメント、権利ビジネスを学びの柱に、本コースならではの実学カリキュラムを展開することで、現実に即した社会に近い音楽ビジネスを学んでいきます。また、セルフマネジメント力やプロモーション力、プロデュース力について、在学中から自分や周囲の学生たちを材料に、そのノウハウを修得していきます。

科目ピックアップ

音楽業界について理解を深め即戦力となるスキルを養う 多様な科目を展開

詳細

コンサートビジネス、ソーシャルメディアと音楽の現状、マネジメントで活用できる心理学など、多様な視点から音楽ビジネスへの理解を深めていきます。

ライブハウス文化論

音楽空間として身近な存在であるライブハウスが、社会、経済、政治や文化とどのように関与しているのか、最新の話題を盛り込みながら考えていきます。

コンサートビジネス演習

コンサートの仕事をされている各現場のスタッフを毎週お招きし、興行・ライブエンタテインメントの仕組みについて実習を交えながら学んでいきます。

マネージメント心理学

非常に繊細で敏感と言われるアーティストの「こころ」を支えるため、アーティスト・マネジメントの現場で実践的に使える心理学を学んでいきます。

ソーシャルメディアと音楽

ソーシャルメディアの現状とその動向を理解していきます。また、音楽ビジネスを活性化させていく方策と展望について、考察を深めていきます。

Topic

スター発掘オーディションをキャンパスで開催
「尚美Musicグランプリ」

詳細

「尚美学園大学から未来のスターを!」 音楽応用学科と音楽表現学科との共催で、学内音楽オーディションを毎年開催しています。音楽ビジネスコースの学生が中心となって、出演者を募集(発掘)し、予選ライブ後ファイナリスト3組を選出。レコーディング(制作)、アーティスト写真・MV撮影(宣伝)を経験し、尚美祭の特設ステージで決勝大会(ライブ運営)を行います。ライブ審査、観客の一般投票やYouTube 動画の閲覧数でグランプリが決定します。

目指す進路

高い音楽スキルとプロデュース力を駆使しながら 様々な業界でアーティストを多面的にサポート

詳細

本コースでは、エンターテイメントビジネス、アーティストサポート、企画運営などの分野で幅広く活躍できる人材を育成していきます。演習に特化した学びにより、音楽ビジネスの第一線で活躍するためのセルフプロデュース力を身につけるとともに権利ビジネスに関するスキルを磨き、著作権、音楽ビジネスの知識を深めます。卒業後は、音楽プロデューサー、アーティストマネージャー、番組企画・制作、CD・DVD企画・制作、音楽著作権開発・管理、音楽ジャーナリスト、音楽雑誌編集、コンサートホール・マネジメント、楽器販売などの分野で活躍が期待されます。

目指す仕事
●音楽プロデューサー ●音楽番組企画・制作 ●音楽ディレクター ●音楽出版企画 ●音楽映像企画 ●音楽著作権 ●CD企画・制作 ●音楽ジャーナリスト ●音楽著作権管理者 ●アーティストマネージャー ●ライブ企画・制作 ●ラジオ・TV番組プロデューサー ●音楽ライター ●音楽マーケティング
取得を推奨する 資格
●知的財産管理技能検定(2級・3級) ●ビジネス著作権検定(初級・上級) ●販売士検定(2級・3級)
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら