音楽表現学科 声楽専攻

声楽を学ぶことは人間そのものを磨くこと 鋭い感性とプロとしての表現方法を修得

詳細

本専攻は、学生一人ひとりの個性や方向性に合わせて履修することのできる、バラエティに富んだカリキュラムで構成されています。レッスンは教員と学生が1対1で行うマンツーマン指導で行われるため、高いモチベーションを維持しながら学ぶことができます。また、技術だけでなく、声楽にたいする心構えや社会人としての素養を身につけながら、芸術感覚や表現力を磨き、一流の声楽家を目指します。

音楽表現学科・声楽専攻

科目ピックアップ

総合演習

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップイタリア、ドイツ、日本民謡、オペラで学んだ重唱など様々な楽曲の中から選曲し、個性的な演奏会を企画してコンサート形式の実習を行います。

特別舞台演習

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップ1年間の集大成として行われる学生公演で、オペラのオリジナル作品などを尚美パストラルホールで上演します。

音楽美学

音楽表現学科・声楽専攻・科目ピックアップオペラの名作などを題材に、作品に込められたメッセージについて考え、演じる際の表現力を高めます。

学びの特長

コミュニケーションを重視した教員とのマンツーマン指導で、学生の個性を引き出す

詳細

声を自由に操る基礎となる腹式呼吸を体得することに始まり、コミュニケーションを重視したマンツーマン指導で、学生の個性を引き出す個人レッスンを展開します。さらに、教員のアドバイスのもと自分への問いかけを行い、将来の目標を発見していきます。また、演技、ボディテクニック、衣裳、発声、朗読、アンサンブル、楽曲分析など、表現と知識の宝庫であるオペラをテキストに4年間を通して学び、豊かな教養を備えた表現のスペシャリストを目指します。自由で美しく、表現力豊かな声を使いこなせる、声の表現のプロを養成していきます。

目指す進路

プロの声楽家として活躍する道だけでなく
音楽指導者や演劇活動など活躍の舞台は多彩

詳細

あらゆる舞台表現の基礎となるのがクラシックです。表現者として、あるいは指導者として活躍している実力派の多くは、クラシックから学びをスタートしています。本コースでは、一対一のレッスンで着実に技術を高めながら、将来の表現活動を支える実力を身につけていきます。4年間を通して築き上げた確固たる基礎力を軸に、歌い手、ミュージカル歌手、ナレーター、俳優などの表現者、ヴォイストレーナ—、合唱指導者などの指導者だけでなく、その知識を活かして、コンサート・プランナー、音楽プロデューサーとしての活躍も期待されます。

音楽表現学科・声楽専攻・目指す進路
目指す仕事
●コンサート・ソリスト ●コンサート・プランナー ●オペラ・ミュージカル歌手 ●中学校・高等学校音楽教員 ●ヴォイストレーナー ●ステージ・マネージャー ●合唱指揮者・指導者 ●舞台スタッフ ●音楽プロデューサー ●シンガーソングライター ●音楽雑誌記者 ●コンサートプロモーター
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!