音楽表現学科 ポップス専攻

目指すのは「自由自在」常に変化し続ける最先端の音楽シーンに対応できる 演奏力と創造力を兼ね備えたミュージシャンを育成

詳細

本専攻は、ポップスの最大の強みである「自由自在」な創造力と、幅広い音楽の現場に即戦力として対応できる演奏力を育むことを目指しています。ポップス、ジャズ共通のコード進行法等のベーシックな音楽理論と、アンサンブルの技術や知識を獲得したうえで、ソング・ライティングをはじめ、ポップス・ミュージックに必要な実技演奏を実践的に指導します。世界中にある様々な音楽のジャンルを取り上げて、自分のスタイルに取り込むことで、現代の音楽シーンで活躍できる実力派のミュージシャンを育てることを目標としています。

音楽表現学科・ポップス専攻

科目ピックアップ

ソングライティング

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップ他授業で学んだ知識を取り込み、メロディと言葉の関係、歌いやすさなどを検証しながら、実践的なレクチャーのもと「歌」を作り上げていきます。

専攻実技

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップ教員によるマンツーマンの指導のもと4年間を通じて専攻別に個人レッスンを行い、技術を磨きます。

コード進行法

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップコード・ネームによる和声の発想法を基礎から学び、音楽表現に活かすノウハウを身につけます。

学びの特長

次世代のポップス最先端のシーンで自由自在に活躍できる多くの引き出しを持ち、多方面で活躍するミュージシャンを育成

詳細

各楽器(ヴォーカル含む)の専攻楽器別の個人レッスンと、バンド編成によるアンサンブルの訓練を積み重ね、ポップスセンスと演奏技術に磨きをかけ、次世代のミュージックシーンを担う人材を目指し、学んでいきます。ポップス・ジャズ共通の音楽セオリーを学びながら、実際のプレイに活かすための応用力と実践力を、理論・実技の双方の観点から確かめる授業を行います。基礎のキーボード演習から、楽曲のアレンジへと学びを掘り下げるとともに、本格的なソングライティング・レクチャーを通して、音楽のメッセージの大切さを考えます。またジャズ等のスタンダード・アンサンブルも取り入れることで、幅広い音楽観と柔軟な発想を、様々なステージで発揮できる音楽力を身につけます。

目指す進路

ミュージシャン、シンガーソングライター、サウンドプロデューサーなど音楽シーンの多彩な舞台で4年間の学びを活かしていく

詳細

常に進化し続ける最先端の音楽の現場に、柔軟に対応できる表現力を養う本専攻の教育は、ポップスの根底にある「自由な創造力」と、ジャズ等の高度な技術によって発揮される「自在な演奏力」とを兼ね備えた人材を育成します。卒業後の進路としては、ライブツアーやレコーディング等の実際の制作現場で即戦力となるミュージシャン、アレンジャー、コンポーザー、サウンドプロデューサーの仕事や、レコード・メーカーや音楽プロダクションと契約を結び音楽活動を行うアーティスト、その他、制作スタッフ、ライブハウス運営やイベントのマネージメント、音楽教員、インストラクター等の幅広い選択肢があります。

音楽表現学科・ポップス専攻・目指す進路
目指す仕事
●ミュージシャン ●ソロプレイヤー ●バンドプレイヤー ●アレンジャー ●コンポーザー ●プログラマー ●作詞家 ●スタジオミュージシャン ●サポートミュージシャン ●音楽プロデューサー ●メディア・パーソナリティ ●楽器テクニシャン・ローディー ●ライブイベントスタッフ ●音楽プロダクション勤務 ●レコードメーカー勤務 ●イベンター ●インストラクター ●中学校・高等学校音楽教員
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!