音楽表現学科ピアノ専攻

学生の技量や個性に合った柔軟できめ細やかな指導

目標に合わせた楽曲を自由に選択して専門的に研究

指導者を育成するためのカリキュラムも充実

詳細

1・2年次には個々のレベルに合わせたグレード制を採用し、個性を尊重した指導を展開します。3年次からは将来の目標に合わせた楽曲を自由に選択し、専門的に研究していきます。指導者を育成するための実践的なカリキュラムも充実しており、成績優秀者はさらに質の高いレッスン(ダブルレッスン)を受けることが可能です。

音楽表現学科・ピアノ専攻

科目ピックアップ[Pick Up]

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

専攻実技

音楽は演奏テクニックが優れていても心が伴わなければ響きません。本科目ではそうした感度の高い心を育みながら、表現に必要な技術を磨きます。

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

伴奏法

他の奏者の旋律や動きを理解する必要があるアンサンブルを学び、より高度な演奏力を養います。

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

室内楽

連弾、2台ピアノ、他の楽器との合奏を通して、ピアノ音楽の魅力とアンサンブルの楽しさを実感します。

卒業後の進路[Careers]

音楽表現学科・ピアノ専攻・目指す進路ピアニストや指導者など、様々なかたちを通じて
音楽の素晴らしさを社会に伝える

詳細

本専攻では、伝統にもとづいた現代のピアノ演奏法を修得するためのプログラムを展開しており、一人ひとりの適性に合わせた進路選択が可能となっています。国内外のコンクールで好成績を残せる実力を育む一方、指導者としてピアノの素晴らしさを伝えていくための実践的な授業にも力を注いでいます。将来は、音楽文化の継承・発展に貢献し人々に喜びを与えるピアニストを始め、音楽の楽しさを教える中学校・高等学校の音楽教員への道も開けています。また、子どもの情操教育や中高年の生涯学習を支援するピアノ教育者、コンサート・マネージャー、楽譜の編集・出版など進路は多彩です。高齢化社会を迎えて、音楽の役割はますます大きくなっています。

目指せる仕事
●ピアニスト ●伴奏者 ●音楽教室講師 ●カルチャーセンター講師
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ピアノ音楽講師グレード資格 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!