音楽表現学科 管弦打楽器専攻

仲間とともに豊かな人間性を養いながら 自分だけの個性や理想の音楽を追求する

詳細

多種多様な楽器がそれぞれの音色を奏でながら、ひとつの演奏をつくり上げていくと同時に、そこに個人としての活路を見出す合奏は、まさしく社会の縮図といえます。本専攻には15の楽器を専攻する仲間が集い、アンサンブルを通じて豊かな人間性を養っていきます。また、学生が自分の目標に向かって具体的なスキルアップを推し進め、社会性や自立性を鍛えてくためのバックアップも充実しています。

音楽表現学科・管弦打楽器専攻

科目ピックアップ

専攻実技

音楽表現学科・管弦打楽器専攻・科目ピックアップ4年間を通じて行われる、各楽器専門の教員による1対1の実技レッスン。演奏技術だけでなく、演奏家としての姿勢や音楽への心構えも学びます。

室内楽

音楽表現学科・管弦打楽器専攻・科目ピックアップ各奏者の個性を発揮しながら音楽をつくり上げていく、室内楽ならではの演奏の方法を学びます。

オーケストラ

音楽表現学科・管弦打楽器専攻・科目ピックアップアンサンブルの基礎から応用までを学び、演奏会形式の公開授業も尚美パストラルホールで行います。

学びの特長

合奏の基本から演奏会のコーディネートまで優れた実技と応用力の修得を目指す

詳細

本専攻には多種の楽器があり、それぞれに対応した専門の教員が1対1で実技レッスンを行います。また、個々の技量だけでなく、アンサンブルのために学ぶべき演奏のルール(ピッチ&テンポ)を修得し、集団のなかで表現できる応用力を多様な演奏の機会から培っていきます。さらに、学生が教員のアドバイスを受けつつ、自分たちの手で演奏会を一からコーディネートする実習は、聴衆に喜ばれる演奏とは何かを学ぶ良い機会になっています。4年間の学びを通して、楽団員や指導者のほか、アレンジャーやステージ・マネージャーなど、自分の将来像を目指すための素養が身につきます。

目指す進路

多様な演奏の機会で培った経験を活かし
オーケストラ奏者や音楽指導者など夢は広がる

詳細

各種楽器の演奏法と指導法を演習中心の指導により徹底的に学びます。これらの学習により、オーケストラのオーディション合格や各種コンクールでの入賞を目指すと同時に、吹奏楽指導者として音楽教育の場で活躍できる人材を育成します。自らの演奏によって、多くの人々に音楽の素晴らしさ・楽しさを伝えるオーケストラ奏者を始め、アレンジャーやバンドディレクター、教員などの音楽指導者やソリストとして、また、各種音楽隊での演奏者としてなど、卒業後の進路には様々な選択肢があります。ほかにも、楽譜出版業界やステージ・マネージャーとしてなど活躍の舞台は多彩です。

音楽表現学科・管弦打楽器専攻・目指す進路
目指す仕事
●楽団員 ●指導者 ●楽譜出版業 ●ステージ・マネージャー ●中学校・高等学校音楽教員
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!