音楽表現学科 ジャズ専攻

各楽器とヴォーカルの楽器の専攻別に個人レッスンを実施

スタンダードを中心にアンサンブルの技術や知識を修得

セッションを経験しながら即興演奏のスキルを養う

詳細

ジャズ、ポップス共通のベーシックな音楽理論を獲得したうえで、1940年代に誕生した「ビバップ」のセオリーにもとづいてジャズの基礎から実践的に学びます。さらにラテンやファンクの要素にも取り組み、アンサンブルの技術や知識を育みます。また、自在にアドリブ演奏できる実力を、セッションを経験しながら身につけていきます。

音楽表現学科・ジャズ専攻

科目ピックアップ

ジャズ・アンサンブル

音楽表現学科・ジャズ専攻・科目ピックアップスタンダード曲を取り上げて各楽器の演奏法やアドリブ表現を学び、ブルースやバラードなどの課題曲を分析しながらジャズ・アンサンブルを行います。

専攻実技

音楽表現学科・ジャズ専攻・科目ピックアップ楽器とヴォーカルそれぞれの専攻別に、専門家である教員によるマンツーマンの指導で技量を磨きます。

キーボード演習

音楽表現学科・ジャズ専攻・科目ピックアップ基本となるコードやスケールのほか、ベースパターンなどについて理論と実演で身につけていきます。

目指す進路

高い演奏技術や表現力を礎に、ミュージシャンを始めアレンジャーやバンドマスターなど、多方面で活躍

詳細

専門的な知識と実践的なアンサンブルを通して、自由な表現力を身につける、個性豊かな本専攻の教育は、さまざまな現場に対応できる次世代で活躍する人材を育てます。卒業後に開ける進路としては、様々なセッションに対応できるジャズミュージシャン、アーティストのツアーをサポートするバックバンドメンバーなど音楽シーンでの活躍の舞台は幅広いものとなります。そのほか、コンポーザー、アレンジャー、バンドマスター、ソロ・アーティスト、インストラクターなどが挙げられます。

音楽表現学科・ジャズ専攻・目指す進路
目指す仕事
●ジャズミュージシャン ●音楽プロデューサー ●インストラクター ●アレンジャー ●バンドマスター ●デモンスト レーター ●スタジオミュージシャン ●イベントオーガナイザー ●ツアー・サポートメンバー ●アーティスト・マネー ジャー ●ソロ・アーティスト ●音楽エンジニア ●コンポーザー ●中学校・高等学校音楽教員
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!