音楽表現学科音楽教育専攻

豊富な現場体験を通して音楽教員としてのスキルを磨く

必修の副科実技により実際の教育現場に求められる力を養う

教員採用試験の合格に向けた対策カリキュラムも充実

詳細

学校インターンシップなど現場体験を重視したカリキュラムを導入し、中学校・高校を中心とする教育現場で高い指導力を発揮できる教員を養成します。また、専攻実技としてピアノは4年間、声楽は1枚年間、管弦打楽器はいずれかの楽器を1年間、それぞれ必修とすることで、実際の教育現場で求められる指導力を育みます。

音楽表現学科・音楽教育専攻

科目ピックアップ[Pick Up]

音楽科教育法

日本の伝統音楽を扱った学習指導のあり方などを学びながら、音楽科教員として必要な知識を身につけます。

学校インターンシップ

1年次より地域の小学校・中学校などにおもむき、教育の現場を体験しながら実践的に学びます。

基礎演習

学校教育の課題や音楽科授業の内容等を学び、これからの教員に求められる資質・能力の理解をめざします。

卒業後の進路[Careers]

目指せる仕事
●中学校・高等学校教員(音楽) ●小学校教員(提携による通信教育を履修した場合) ●幼稚園教員(提携による通信教育を履修した場合)
取得を推奨する資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】 ●ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!