音楽表現学科 作曲専攻

実践的な知識と技能を身につけ、魅力的な音楽を創作する力を持つ作曲家を育成する

詳細

日常的な活動の中で音楽的感性を育みながら専門的な知識を蓄え、それらを各自が創作に応用するための手段としての理論や技術を多角的に学ぶことにより、現代社会に通じる作曲家やクリエーター、アーティストを育成することが本専攻の主な目的です。最先端の芸術表現を目指すクラシック系と、様々な音楽シーンでの活躍を目指すポピュラー系に分かれ、必要な知識や技能を修得していきます。クラシック現代音楽の作曲家、吹奏楽の作曲家、映画音楽などの劇伴やゲーム音楽の作曲家・編曲家、音楽プロデューサー、シンガーソングライターなど、それぞれの目標に向かって充実した学びの場を提供します。

音楽表現学科・作曲専攻

科目ピックアップ

映像・ドラマ演習(コラボレーション科目)

音楽表現学科・作曲専攻・科目ピックアップ情報表現学科の学生が創作したドラマをもとに、映像の内容にマッチした音楽を実際につけて、両学科の共同作業で作品をつくり上げていきます。

専攻実技

音楽表現学科・作曲専攻・科目ピックアップ作曲のプロセスを体験しながら、実践場面で必要となる力を教員の指導のもとで磨いていきます。

サウンド・デザイン

音楽表現学科・作曲専攻・科目ピックアップ現代にふさわしい音楽づくりを目指して、音楽ソフトを活用した様々なスキルを修得していきます。

学びの特長

基礎から実践、伝統から現代へクラシックとポピュラーから音楽の仕組みを学ぶ

詳細

クラシック系とポピュラー系にわかれて、それぞれに理論と実践を積み上げていきます。クラシック系では、まず和音の仕組みや接続法を学ぶことから始まり、バロックから現代までの名曲について学習するほか、編曲法や管弦楽法、さらに音楽ソフトを活用する「コンピュータ音楽」のテクニックも修得。現代社会に通用する高いレベルの作品づくりを目指します。ポピュラー系では、コード進行などの基礎から学び、ジャンルに応じた編曲法、ドラマ・映画音楽・J-POP・ゲーム音楽など様々な商業音楽に通用する実践的な学習を行っていきます。

目指す進路

クリエーターやプロデューサーとして
音楽ビジネスの広大な舞台へ大きく羽ばたく

詳細

クラシック系・ポピュラー系の両分野に必要な知識・技能を修得する本専攻では、芸術音楽だけでなく、放送音楽、コンピュータ・ミュージックなど幅広い音楽フィールドにおける曲作りを学びます。そのため卒業後の進路も多岐にわたり、交響曲などの芸術作品を始め、映画・TV・舞台などの音楽やJ-POPを手がける作曲家、ディジタルメディア・コンテンツのための音楽を制作するメディア音楽クリエーター、企画・制作などの音楽ビジネスに携わる音楽プロデューサーなど活躍の場は多彩。そのほかにもゲーム音楽クリエーター、ミュージック・コーディネーターなどの道も開けます。

音楽表現学科・作曲専攻・目指す進路
目指す仕事
●音楽プロデューサー ●作詞家 ●ゲーム音楽クリエーター ●メディア音楽クリエーター ●ミュージック・オーガナイザー ●音楽企画・制作 ●マニュピュレーター ●サウンドクリエーター ●中学校・高等学校音楽教員
取得を推奨する 資格
●中学校教諭一種免許状【音楽】 ●高等学校教諭一種免許状【音楽】
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
音楽表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!