情報表現学科 音響フィールド

充実した施設と最新機材を用いながら より実践に即した授業を展開

詳細

音響エンジニアなどの職業に繋がる基本的な録音技術に始まり、幅広い現場で活躍できる応用力を修得していきます。また、充実した録音スタジオやMAルームに加え、プロツールスを最新版に更新したマックブック・プロを使用することで、快適な実習環境を整えています。さらに、学期末に開催されるライブコンサートで、学生が自らPAを行うことを目標とした講義「コンサートPA」が新設され、より実践的な授業を展開していきます。

科目ピックアップ

音響表現

音の本質を知り、録音前の音源と相違のない優れた音響作品をつくり出す技術を修得していきます。

コンサートPA

尚美パストラルホールを使用したライブコンサートを企画制作します。音響技術はもちろん、照明、企画、広報などのノウハウも幅広く学んでいきます。

サウンドエンジニアリング

録音機器の動作原理や機能をふまえて幅広く学びます。また、高度な録音技術についても解説します。

学びの特長

音響効果の基礎的な理論を学ぶと同時に 新しい音をつくり出す創造力と確かな技術力を修得

詳細

私たちの周りにあふれる「音」の原理について学ぶ音響基礎論から、音響空間や音の再現性について研究する音響表現、レコーディングや放送、舞台音響などの制作プロセスを学ぶ音響制作論など、多彩なカリキュラムを展開。様々な機材に触れながら、PA(SR)、MAおよび音響効果の基礎的な理論について学んでいくと同時に、新しい音をつくり出す創造力と確かな技術力を修得していきます。また、MIDIを使ってコンピュータ音楽制作を学ぶディジタル音楽制作や音響制作など、音楽制作の最先端知識や技術に触れるカリキュラムも用意されています。

目指す進路

即戦力の優れたクリエーターとして 音にかかわるあらゆるジャンルで活躍

詳細

実際に放送の現場でも使われている機材を使った実習を重ね、音にたいする感性と確かな技術を身につけた卒業生には、即戦力のクリエーターとしてレコーディングエンジニアやPAエンジニアなど「音のスペシャリスト」としての活躍が期待されています。また、自由度の高いカリキュラムを利用して映像やCGの勉強を重ねた結果、TV局や映像制作会社へ就職し、ミキサーとして活躍する卒業生も。さらに、在学中に受験できる舞台機構調整技能士の資格を取得すれば、ホールや劇場での音響スタッフとして活躍する道も広がっていきます。

目指す仕事
●音響スタッフ ●ミキサー ● PA エンジニア ● MA(マルチオーディオ)ミキサー ●コンサートホール・マネジメント ●舞台機構調整技能士 ●サウンドクリエーター ●高校教員
取得を推奨する資格
●高等学校教諭一種免許状【情報】 ● IT パスポート試験 ●舞台機構調整技能士2 級・3 級 ●実用英語技能検定(準2級以上) ● TOEIC® ●TOEFL® ●日商簿記検定(3 級以上)
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
情報表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!