情報表現学科 映像フィールド

ソフトとハードの両面から映像制作のスキルを修得し、最新機器や設備を使って実践を重ねながら学ぶ

詳細

バランスのとれたカリキュラムによって、映像制作に必要な企画・演出力や、映像固有の表現能力を、ソフトとハード両面にわたり修得します。また、最新の撮影・編集機器やスタジオを活用した実践的学習により、プロの映像制作者に必要な能力を養います。オリジナルの映像作品の制作を通して、創作力や表現力を伸長させ、社会で活躍することのできる映像制作者の育成を目指している点も特長です。

科目ピックアップ

映像・ドラマ制作演習

スタジオ番組制作で学んだ技術をもとに、さらに高度な表現力を要するオリジナル作品を制作します。

スタジオ番組制作

映像スタジオで実際に番組制作を経験しながら、高度な専門技術を修得すると同時に、スタッフ間のチームワークがいかに重要であるかを体感します。

映像機器

映像を制作するために必要な機器の機能や使用法について、その基礎的知識を幅広く身につけます。

学びの特長

映像制作に求められる専門的な知識と技術を現場での経験を通して実践的に学ぶ

詳細

「映像制作を経験」することを重視したカリキュラムにはスタジオ番組制作やドラマ制作、演出から撮影・編集の技術まで幅広く学ぶ映像表現など、数多くの実習が取り入れられ、実践を重ねながら映像制作のスキルを身につけることができます。また、実際に撮影現場で使用されている機材について学ぶ映像機器や、映像合成やノンリニア編集技術を学ぶ映像制作論など、映像の現場で活きる高度な技術の修得も可能。映像・録音スタジオやロケーション設備が整った充実の制作環境のなか、即戦力となるクリエーターとしての実践力を磨いていきます。

目指す進路

実習で身につけた確かな技術を礎にエンジニアやディレクターなど活躍の場は無限大

詳細

実践を重視したカリキュラムで高いスキルを修得することができるため、卒業後は映像にかかわる幅広いジャンルにおいて、即戦力のクリエーターとして活躍することが可能となります。実習で身につけたロケーションに即した撮影から照明などの技術を活かし、TVカメラマンや照明スタッフとして映像制作プロダクションやTV局へ就職する卒業生もいます。また、ディジタル機器を使った編集作業や映像合成などの技術を修得すればTVやラジオの放送技術者、演出力やシナリオ構成力などのスキルを磨けばTVディレクターや映像監督など、その活躍の場はさらに広がります。

目指す仕事
●映像監督 ●映像プロデューサー ●映像カメラスタッフ ●映像クリエーター ●映像編集者 ●照明スタッフ ●ラジオ・TV 放送技術者 ●高校教員 ● TV ディレクター ● TV カメラマン
取得を推奨する資格
●高等学校教諭一種免許状【情報】●IT パスポート試験 ●映像音響処理技術者認定試験(ポスプロ検定) ●実用英語技能検定(準2級以上)●TOEIC® ●TOEFL® ●日商簿記検定(3 級以上)
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
情報表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!