情報表現学科
CG・美術フィールド

CGの基礎を徹底的に修得し、専門性を高め、デッサンなどの実技科目で創造力や表現力を育む

詳細

デッサン力など美術の基本をしっかりと学び、コンピュータグラフィックスの基本的な概念を修得。そのうえで、アニメーション映像や3D映像など専門的な制作技術を学び、将来、CGクリエーター、3DCGデザイナーとして活躍するための実践的なスキルを身につけます。さらにプログラミングの技術や企画力を磨くことで、ゲームデザイナーやキャラクターデザイナー、プロデュース職など、活躍の場はより大きく広がります。

科目ピックアップ

立体造形表現

厚紙や粘土・木材などを用いた制作を通して、造形の基礎を学び、表現能力の向上を目指します。

CGアニメーション演習

3次元座標の概念を身につけたうえで、CGアニメーションを制作するプロセスを体験します。最終的には、オリジナル作品の制作にチャレンジします。

グラフィックデザイン

主にillustratorを使用しながら、名刺やポスターなどの印刷物の作成に必要な基本を身につけていきます。

学びの特長

豊かな個性に彩られたイマジネーションをかたちにする表現と造形を基礎から修得

詳細

画像処理やアニメーションの知識など、CG分野の基礎に触れるCG基礎論では、ハードウェア環境から学び、CGの基礎を徹底的に修得。それを経て、実際にCGアニメーションの制作を体験するCGアニメーション演習や、CGの動きをリアルに表現するための技術を学ぶモーションキャプチャなど、より発展的な知識と技術の修得を目指していきます。最新機器を駆使する技術だけではなく、クリエーターとしての創造力・表現力を養うため、デッサンなどの基礎演習や立体造形表現などの実技科目も取り入れています。美術の世界に自らの制作基盤を築く学生も次々と育っています。

目指す進路

CGの技術と美術の知識を武器に映画やアニメ、TVなど幅広いジャンルへと進出

詳細

コンピュータを駆使した2次元や3次元のCGに加えて、手描きのアニメーションから日本画、油絵、彫刻、デザインそしてメディアアートにいたるまで、CG・美術フィールドでの学びは、卒業生の進路に幅広い選択肢を与えてくれます。映画やアニメ、TVなど高度なCG技術をもったクリエーターを求める業界は多く、アニメーションやゲーム、映像などの制作会社で活躍する卒業生も。また教職課程を履修すれば高校の教員免許状(第一種/情報)も取得でき、さらに可能性が広がります。

目指す仕事
●CG デザイナー ●グラフィックデザイナー ●キャラクターデザイナー ●イラストレーター ●造形作家 ●ゲームCGデザイナー ●高校教員 ●映像クリエーター
取得を推奨する資格
●高等学校教諭一種免許状【情報】 ●IT パスポート試験 ● CG検定2級・3 級 ●実用英語技能検定(準2級以上)●TOEIC® ●TOEFL® ●日商簿記検定(3級以上)
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
情報表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!