舞台表現学科
ミュージカルコース

俳優として、制作スタッフとして 第一線で活躍できる人材を育成

詳細

実際の舞台で求められる歌唱力や演技力を養い、様々な芸術表現が可能なミュージカル俳優をはじめ、優れた人材を育成します。また、歌やダンスにとどまらず、最先端の演技メソッドを含むミュージカルの現場で必要な知識、スキルを基礎から学ぶと同時に、舞台芸術の担い手として不可欠な教養や対話力を身につけていきます。

科目ピックアップ

様々な身体表現について 五感をフル活用しながら修得していく科目が充実

ミュージカル表現演習

ミュージカルにおける歌唱・舞踊・演技の専門的な知識と技術を、表現の手段としてさらに融合的に応用していくノウハウを実演から学びます。

古典芸能基礎演習

日本舞踊を学ぶうえで必要な基礎知識である着物(浴衣)の着方や日本舞踊の歴史・概説、さらに基礎的動作について、実技を通して学習します。

身体表現論

ジャズダンスの基礎訓練と基本テクニックの学習を通して、ダンススキルの向上のみならず、感情やストーリーを観客に届けられる表現力を養います。

プロデュース研究

舞台制作の現場について具体的な例を挙げながら学びます。ポジションごとの仕事内容や劇場運営・管理、経理、総務などの役割を理解していきます。

学びの特長

ミュージカルに関するプログラムを学びの基本に 多彩な芸術表現ができる人材を養成していく

詳細

4年間を通じてミュージカルの舞台で必要となる歌唱力や演技力を高め、様々な芸術表現が可能なミュージカル俳優をはじめ、優れた人材を育成します。教員には、キャストを選び育ててきたクリエイティブスタッフとして、その手腕を評価されてきた人材が指導にあたります。現場を知り尽くし、作品をプロデュースしてきた芸術監督や演出家から直接指導を受けることができます。ミュージカルに適した発声のトレーニング、台本を読み解く力、自由で豊かな表現力を養う様々なカリキュラムを設定しています。

Topics

歌と踊りのショー形式で ミュージカルナンバーの数々を披露

詳細

演習科目の一環として本学の舞台表現棟では、ミュージカルコースを中心とした2年生29人と1年生有志21人が、歌と踊りのショー形式でミュージカルの名曲を披露。会場を沸かせました。

舞台芸術を学んだ1年間の成果を ウェスタ川越・大ホールにて発表

詳細

2016 年8月に行われた公演(『屋根の上のヴァイオリン弾き』より)では、ミュージカルコース2年生20人が1年間の成果を発表。学内外の来場者から喝采を浴びました。

目指す進路

ミュージカル俳優や演出家、芸術監督はもちろん ヴォイスを武器に歌手や声優などでの活躍を目指す

詳細

4年間を通して「身体」「頭脳」「心」をフル稼働させながら学んでいくことにより、歌うことや踊ることという、本来、誰もがもっている才能を開花させるサポートをしていきます。また、舞台表現を学ぶ科目に加え、ミュージカルの歴史を理解する科目、プロデューサーや舞台スタッフに必要な知識を身につける科目などを設置することで、将来への可能性を広げていきます。卒業後は、ミュージカル俳優、演出家、芸術監督、声優、歌手、ヴォイストレーナー、ステージマネージャー、コンサートプロモーターなどの分野で活躍が期待されます。

目指す仕事
●演出家 ●芸術監督 ●声優 ●歌手 ●ヴォイストレーナー ●ステージマネージャー ●イベントプランナー ●コンサートプロモーター ●舞台プロデューサー ●劇場・文化ホールスタッフ
取得を推奨する 資格
●実用英語技能検定 ● TOEIC® ●TOEFL®