舞台表現学科ダンスコース

ダンスにかかわる様々な分野で活躍できる人材を育成

多様なジャンルのダンスについて幅広く学べる

ダンスの世界で求められるスキルを段階的に修得

詳細

ダンスの世界で求められる重要なスキルについて、ステップアップしながら確実に学べるカリキュラムを設置しています。ダンス表現の基礎を徹底して身につけることに始まり、振付や公演の企画に挑戦し、本格的なダンサーとして、また指導者や企画制作者としても活躍できる人材の育成を目指します。

科目ピックアップ[Pick Up]

様々なダンスのスキルをステップアップしながら、確実に学べる科目群。

舞台表現演習

ダンス界で活躍する著名なアーティストを講師にレッスンを行うことで、作品の根底に流れる世界観や芸術性、メッセージについての理解を深めます。

舞踊表現演習

ダンス技術を存分に発揮しながら、地域交流のプロジェクトに参加し、ダンスの幅広い可能性を学びます。

総合演習

古典から現代のダンスまで、理論と実演の両面から幅広く学んだうえで、創作を通して振付・演出・制作の総合力を養います。

卒業後の進路[Careers]

ダンサーやパフォーマー、舞踊家や振付師など、ダンスを通じて活躍の場を世界へと広げていく。

詳細

実際の舞台公演を想定し、上演に向けて取り組んでいく体験型のプログラムや作品発表を通して、様々なジャンルのダンスに関する知識・理論・技術を学んでいきます。こうした学びを活かすことで、卒業後には、バレエ・タップ・コンテンポラリーの分野を中心に、世界的なダンサーとしての活躍が期待されます。また、バレエダンサーやパフォーマー、振付師に加え、劇場などの現場で活躍する企画制作者、教育現場に携わるインストラクターなど、ダンサーにたいする社会の幅広いニーズに応えていきます。

目指せる仕事
●ダンサー ●バレエダンサー ●パフォーマー ●コレオグラファー ●ダンス教室講師 ●バレエ講師 ●舞台スタッフ
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
舞台表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!