大学紹介 学びの特長

演習(ゼミナール)中心の教育

尚美学園大学は、演習(ゼミナール)中心の教育をさらに充実させていきます。1・2 年次の基礎演習、3・4 年次の総合演習などを通して、参加型の演習を継続的に行うことにより、社会で通用する実務・実践能力やプレゼンテーション力、チームワーク力、自己プロデュース力、問題発見・解決力などを、ライブ感覚で修得していきます。

 教養の基幹を身につけ
 基礎力を養う

大学生としての学びの基幹となる基礎科目群に相当し、人間基礎力・情報技術力・異文化理解の修得を目指します。さらに、これから大学で学び、現代社会で生活するうえで必要となるリテラシー(応用力)を身につけます。また、専門科目やキャリア教育などを合わせて受講することにより、問題の発見力や解決力の基礎を養います。

 豊かな生活を実現するための
 理解力を鍛える

尚美学園大学の沿革を意識した、芸術・人間という視点をポイントに置いた学びの過程から、豊かな生活を実現するために不可欠な文化と、私たちの生活の繋がり を理解していきます。また、人文科学・社会科学領域を基盤に編成された幅広い科目群と演習により、生涯学習の意識を浸透させ、自分の専門性を発見していきます。

 社会と文化への学びを深め、
 実務・実践力を培う

「学びの力」「人間と文化」によって学習した成果を基盤としながら、現代社会の課題や話題など、社会科学・メディアコミュニケーション領域を取り上げることで、各学部・学科での学びへの接続を目指します。さらに、芸術文化・スポーツ現象を始めとした様々な生涯学習活動の現場における、柔軟で実践的な対応力を培います。

 包括的な教育を通して
 創造力を磨く

オープンコースウェア(OCW)のコンテンツ事例などを教材として取り上げることで、総合的・学際的な視点から問題を発見し、解決する、セルフ・プロデュース力 やマルチスキル力の修得を目指します。また、教養科目ならびに専門科目の学びを包括した、リベラル・アーツ教育を通して、学生の視野と知識の広がりを促します。

カリキュラムについて

基礎から専門へ。一歩ずつ学びのステップを進めながら幅広い知識とスキルを身につけるため、様々な科目を関連づけて学び演習のなかで自分の将来像を探索することができる、体系的なカリキュラムを用意

詳細

尚美学園大学では「人間力」や「生き抜く力」を育み、生涯学習支援とその環境づくりの担い手となる人材育成を目指した、体系的なカリキュラムを用意しています。その編成は入門的、基礎的科目から始まり、専門性の高い科目へ、一歩ずつ段階を踏みながら学びを進めることが可能です。さらに、重要度に応じて「必修」「選択」「自由」と分類された各科目は、学生が効率的かつ無理なく学べるよう、1 〜4 年次の時間割内に適切に配置してあります。これにより、教養・専門・キャリア(職業)教育を三位一体で学びながら、基礎・総合演習と関係づけを行うことで、幅広い知識と実践的なスキルの修得を目指します。また、その履修モデルには、各コースの一般的な履修モデルと、選択するゼミナールの教員が学生に提示する履修モデルの2 種類が想定されます。各学生は、広い視野と豊かな創造力を身につけた人間に成長を遂げていくため、これらの履修モデルを比較検討しながら、自分らしい時間割作成を行うことが望まれます。