メディアセンター(図書館)

利用案内(利用者別)

本学の教職員(専任・兼任)、演奏員の方

入館
入口ゲートのバーを押してお入りください。
退館
出口ゲートのバーを押して退館してください。
貸出
最初に利用者登録が必要です。カウンターにて登録用紙を渡しますので、記入のうえ、提出してください。登録後、バーコードを名札または教職員身分証に貼付します(演奏員の方にはバーコード付き利用証を渡します)。
借りたい資料と利用者バーコードをカウンターへ出してください。
視聴覚資料の貸出方法についてはこちらをご覧ください。
借りられる冊数借りられる期間
図書15冊4週間
楽譜10冊2週間
雑誌のバックナンバー10冊1週間
CD10点1週間
一般のBD・DVD等の映像資料視聴コーナーでの視聴。または、当日のみの館外持ち出し利用。
著作権処理済みBD・DVD等1点1週間
レコード10点1週間
休暇特別貸出
夏期・冬期・春期休暇期間中は長期特別貸出を行います。ホームページや掲示でお知らせします。
貸出できない資料
雑誌の最新号、新聞、映像資料(ただし、著作権処理済みBD・DVD等は貸出可)、禁帯出ラベル(赤色)が貼られた資料、カウンター内の授業テキスト。
返却
返却期限内にカウンターへ返却してください。
返却期限に遅れると、遅れた日数ぶん、貸出や視聴コーナー等の利用ができません。
延長
貸出中の資料を継続して利用したい場合は、マイライブラリまたはカウンターで手続きしてください。ただし、予約がある場合や、延滞による貸出停止中の場合は、延長できません。
予約
利用したい資料が貸出中の場合、マイライブラリで予約できます。資料が返却され次第、メール等でお知らせします。
複写
  • 著作権法で認められた範囲内で、図書館資料をコピーすることができます。
  • 私用の場合は、館内のコピー機を利用してください。
  • 授業用の場合は、事務室内のコピー機を利用できます。
購入希望
シラバスに記載された、授業で毎回使用するテキストおよび主要参考図書は、原則としてメディアセンターに備えます。そのほかに、学生向けの資料でメディアセンターに備えてほしいものがありましたら、教員ハンドブックまたはこちらをご覧ください。
図書・楽譜・視聴覚資料・雑誌・新聞・データベースの利用
こちらをご覧ください。
グループ学習室、情報検索コーナー(パソコン)の利用
こちらをご覧ください。
資料相談・取り寄せサービス
必要としている資料がメディアセンターにない場合、ほかの図書館を紹介したり、取り寄せたりするサービスをおこなっています。詳細はこちらをご覧ください。
キャンパスメンバーズ
本学は、国立美術館(関東ブロック)および東京国立博物館のキャンパスメンバーズに加入しており、特典(常設展は無料、特別展は割引)を受けることができます。詳細はこちらをご覧ください。
研究図書(専任教員のみ)
  • 本学の規定上、個人研究費で購入した図書は、メディアセンターにて登録することになっています。
  • 購入後、30日以内を目途に、図書現物、図書の表紙(書名と定価が分かる部分)のコピー、及び領収書をメディアセンターへ持参してください。
  • 研究図書として登録した図書は、本学を退職の際に図書館へ返却することになります。なお、返却は研究終了の時点(退職前)でも差し支えありません。
  • 返却後は図書館資料として利用するため、図書への書き込みはご遠慮ください。書き込みが多く、資料として利用できない場合は、買い取りや現物弁償をお願いする場合があります。
授業支援・学生支援
メディアセンターでは、授業内容に応じた資料やデータベース利用方法の支援(ガイダンス)を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
寄贈(教員のみ)
メディアセンターでは、本学教員の著作物の網羅的収集を図るため、著書の寄贈をお願いしています。新たに著作物を出版しましたら、ご恵贈くださいますようご協力お願いします。
尚美学園大学twitter 尚美学園大学YouYube