尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
学科長 メッセージ

音楽表現学科 学科長 メッセージ

クラシック?ポップス?入口は違っても音楽の心はひとつ

尚美学園大学の音楽表現学科は、学びの入口をクラシックとポップスの2つのコースに分け、お互いに理論と実践における交流を深めながら、才能豊かで多彩な音楽活動を展開できるミュージシャン育成に力を注いでいきます。

クラシックコースの実技は、ピアノ、吹奏楽で活躍する器楽、作曲を中心に、それぞれ自分が得意な実技を専攻しながら、専門能力を養います。

ポップスコースの実技は、主にギター、ドラム、ヴォーカル、キーボード等の実技を専攻しつつ、ポップス分野の多岐にわたる様々な音楽ジャンルを学びながら、オリジナル楽曲創作・録音までを目標に力を養います。

また、作曲にはクラシック作曲(クラシック、現代音楽、吹奏楽、劇伴オーケストラ曲、芸術系メディア作品など)と、ポピュラー作曲(ゲーム音楽、歌モノ、バンド系など)の2分野があり、自分が進みたい方向の分野を選んで学んでいきます。昨年度2名、今年度2名、本学の作曲卒業生の作品が、全日本吹奏楽コンクール課題曲に選ばれていることは、皆さんの記憶に新しいことでしょう。

音楽表現学科の卒業生は、自衛隊音楽隊員として演奏活動を継続する者、ライブハウスで活躍するミュージシャン等、様々な分野で仕事をしております。特に、音楽の教職免許を取るための教職課程にも力を注いでおり、多くの卒業生は学校の先生として頑張っています。

音楽表現学科の学びの特徴は、必修科目よりも選択科目の数を増やし、自分の将来に必要な科目を自由に選択履修できることにあります。音楽におけるオールマイティな知識と実力を備えて、好きな世界で活躍してみませんか?

学科長プロフィール

音楽表現学科 学科長
後藤 文夫

東京藝術大学音楽学部を経て同大学院修士課程音楽研究科修了。学部在学中に安宅賞を受賞する。ユーフォニアムを箕輪響、三浦徹、故大石清の各氏に師事。過去9回のリサイタルを開催。88年までは、主に吹奏楽の分野を中心に多数の演奏会、レコーディングに参加。89年にはユーフォニアム・テューバ四重奏団『獅子座』を結成し、8回の定期公演や各種コンサートを実施。また、この年以降は管弦楽のテナーテューバ・バストランペット奏者として活動を転換し、NHK交響楽団、東京都交響楽団等で数々の公演と録音に出演し好評を博す。95年に『いちばん易しいユーフォニアムレッスン~君のはじめての音をつくる本~』を執筆。2000年5月から6年間、日本ユーフォニアム・テューバ協会理事長の要職を務めた。尚美ウインド・ フィルハーモニー常任指揮者。