尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
音楽表現学科・ピアノ専攻

ピアノ専攻

音楽表現学科・ピアノ専攻

個性を尊重した指導をモットーに
ピアニストから指導者まで多彩な人材を輩出

音楽の第一線で活躍する教員が、学生それぞれの技量や個性に合った、柔軟できめ細やかな指導を行うことが本専攻の特長です。

4年間を通してバロックから近代まで全ての時代様式の楽曲を学び、時代背景やジャンルなど総合的な理解を深めながら、その時代固有の表現法を身につけます。

また日ごろの成果を発表する場として「定期演奏会」「優秀者演奏会」などを実施し、学生のチャレンジ精神に応えます。

科目ピックアップ

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

専攻実技

音楽は演奏テクニックが優れていても心が伴わなければ響きません。本科目ではそうした感度の高い心を育みながら、表現に必要な技術を磨きます。

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

伴奏法

他の奏者の旋律や動きを理解する必要があるアンサンブルを学び、より高度な演奏力を養います。

音楽表現学科・ピアノ専攻・科目ピックアップ

ポピュラー・ピアノ

クラシックとは異なる音色や軽やかなリズムを体感することで、音楽の多角的な楽しみ方を学びます。

学びの特長

それぞれのレベルに合わせた実践的な学びを通して
高い技術と豊かな表現力を磨く

1・2年次では、個々のレベルに合わせたグレード制を採用することで、学生が短期的な目標を定め、その成果を一つひとつ確認しながら学ぶことができます。3年次からはグレード制を離れ、学生それぞれが将来の目標に合わせた楽曲を自由に選択して専門的に研究していきます。また成績優秀者は、さらに質の高いレッスン(ダブルレッスン)を受けることができます。指導者を育成するためのカリキュラムも充実しており、「基礎演習」「総合演習」「伴奏法」「ポピュラー・ピアノ」「ピアノ教育法」など、実践的な技能を細かく学ぶことができます。

カリキュラム

履修モデルケース

学科専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
演奏家
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(バロック)
  • 基礎演習B(古典派)
  • 和声分析Ⅰ,Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ロマン派)
  • 基礎演習D(近現代)
  • 諸民族の音楽
  • 作品分析Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅢ,Ⅳ
  • ソルフェージュⅢ,Ⅳ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A
    (鍵盤音楽研究Ⅰ)
  • 総合演習B
    (鍵盤音楽研究Ⅱ)
  • 室内楽Ⅰ,Ⅱ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅤ,Ⅵ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 指揮法Ⅰ,Ⅱ
  • 室内楽Ⅲ,Ⅳ
  • ポピュラー・ピアノⅠ,Ⅱ
  • レコーディングスタジオワーク(コラボ)
ピアノ指導者
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(バロック)
  • 基礎演習B(古典派)
  • 合唱Ⅰ,Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ロマン派)
  • 基礎演習D(近現代)
  • 音楽療法概論
  • リトミック
  • ハーモニーⅢ,Ⅳ
  • ソルフェージュⅢ,Ⅳ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A
    (鍵盤音楽研究Ⅰ)
  • 総合演習B
    (鍵盤音楽研究Ⅱ)
  • ピアノ指導法Ⅰ,Ⅱ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • ポピュラー・ピアノⅠ,Ⅱ
  • 音楽教室運営法
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 指揮法Ⅰ,Ⅱ
  • ピアノ指導法Ⅲ,Ⅳ
  • ポピュラー・ピアノⅢ,Ⅳ
教員
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(バロック)
  • 基礎演習B(古典派)
  • 音楽基礎論
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ロマン派)
  • 基礎演習D(近現代)
  • 諸民族の音楽
  • 歌唱法Ⅰ,Ⅱ(教職)
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅢ,Ⅳ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A
    (鍵盤音楽研究Ⅰ)
  • 総合演習B
    (鍵盤音楽研究Ⅱ)
  • 指揮法Ⅰ,Ⅱ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • 作曲法Ⅰ,Ⅱ(教職)
  • 教職合奏A,B
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 副科声楽
  • 日本音楽実習Ⅰ,Ⅱ
  • ポピュラー・ピアノⅠ,Ⅱ
音楽系/一般企業人
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(バロック)
  • 基礎演習B(古典派)
  • 音楽基礎論
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニーⅠ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 基礎演習C(ロマン派)
  • 基礎演習D(近現代)
  • 音楽美学
  • 楽器法
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅢ,Ⅳ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A
    (鍵盤音楽研究Ⅰ)
  • 総合演習B
    (鍵盤音楽研究Ⅱ)
  • 指揮法Ⅰ,Ⅱ
  • 伴奏法Ⅰ,Ⅱ
  • コンピュータ概説
  • ポピュラー音楽史
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 卒業演奏
  • 日本音楽史
  • 音楽鑑賞実習
  • ポピュラー・ピアノⅠ,Ⅱ
教養科目 情報リテラシーⅠ,Ⅱ╱英語Ⅰ,Ⅱ╱外国語圏文化論╱英語Ⅲ,Ⅳ╱フランス語Ⅰ,Ⅱ╱美術╱フランス語Ⅲ,Ⅳ╱クラシック音楽╱西洋文化と諸芸術╱ポピュラー音楽╱著作権
キャリア関連科目 自己表現とコミュニケーション╱キャリアと自己形成╱芸術職業論╱基礎就業力養成ゼミナールA,B,C╱インターンシップⅠ,Ⅱ

目指す進路

音楽表現学科・ピアノ専攻・目指す進路

ピアニストや指導者など、様々なかたちを通じて
音楽の素晴らしさを社会に伝える

本専攻では、伝統にもとづいた現代のピアノ演奏法を修得するためのプログラムを展開しており、一人ひとりの適性に合わせた進路選択が可能となっています。国内外のコンクールで好成績を残せる実力を育む一方、指導者としてピアノの素晴らしさを伝えていくための実践的な授業にも力を注いでいます。将来は、音楽文化の継承・発展に貢献し人々に喜びを与えるピアニストを始め、音楽の楽しさを教える中学校・高等学校の音楽教員への道も開けています。また、子どもの情操教育や中高年の生涯学習を支援するピアノ教育者、コンサート・マネージャー、楽譜の編集・出版など進路は多彩です。高齢化社会を迎えて、音楽の役割はますます大きくなっています。

目指す仕事

ピアニスト・ピアノレスナー

プロのピアニストとして、ソロ、アンサンブル、オーケストラに所属する、演奏技術を活かして様々な分野で演奏する、教員あるいは音楽教室でピアノを教える、楽器店のデモンストレーターとして演奏するなど、技術を活かせる場面は様々。「人を楽しませるのが好き」、「人に教えるのが好き」という人に向いています。

  • ピアノ指導者
  • 中学校・高等学校音楽教員
  • 伴奏者
  • 音楽教室講師
  • カルチャーセンター講師

取得を推奨する資格

  • 中学校教諭一種免許状【音楽】
  • 高等学校教諭一種免許状【音楽】
  • ピアノ音楽講師グレード資格
  • ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格

卒業生の就職先

  • (財)ヤマハ音楽振興会
  • さいたま市立南浦和中学校
  • (社)東京国際芸術協会
  • (株)ヤマハミュージックリテイリング東京
  • 幼児活動研究会(株)
  • 学校法人信州学園
  • いけぶくろ楽器(株)
  • 三菱UFJニコス(株)
  • (株)ポピンズ
  • 昭和楽器(株) など

先輩メッセージ

音楽表現学科・ピアノ専攻・先輩メッセージ

レッスンを通して子どもたちが成長していく姿をしっかりと見守っていける指導者になりたいです。

ヤマハ音楽教室システム講師
髙根澤貴絵 栃木県立宇都宮清陵高校出身 2015年3月音楽表現学科卒業

音楽教室に勤務し、4~12歳を対象にしたエレクトーンによるグループレッスンの講師を務めています。もともと母が講師をやっていたこともあり、幼い頃からなりたいと思っていた憧れの職業でした。レッスンで心がけているのは、笑顔をたやさないことです。明るい雰囲気のなかで歌ったり、演奏したりすることによって、音楽は楽しいものだということを子どもたちに伝えていきたいからです。指導に際しては、大学時代に先生方から受けたレッスンが参考になっています。音楽にたいする姿勢や演奏する際の体の使い方も、教えていただいたことがそのまま役立っています。また、大学では音楽史や音楽美学、さらに美術史など、音楽に通じる幅広い学びを得ることで、新鮮な視点から音楽を見られるようになったことも大きな収穫でした。講師としてはまだまだ勉強しなければならないことがたくさんありますが、子どもたちがのびのびと音楽を楽しみ、レッスンを通して成長していく姿を見守っていける指導者になれるよう頑張りたいです。