尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
ライフマネジメント学科・スポーツコース/スポーツとウェルネス

スポーツコース・スポーツとウェルネス

ライフマネジメント学科・スポーツコース/スポーツとウェルネス

スポーツとウェルネスをあらゆる角度から学び
様々な知識と能力を身につける

スポーツを仕事にしたり、スポーツの面白さを伝えるために必要な基礎的知識を体験と演習という方法によって学ぶとともに、スポーツを通して人間の身体のメカニズムにたいする理解を深めるために、ウェルネスの世界について学んでいきます。

また、スポーツの歴史という『経験』の宝庫の『扉』を開け、偉大なスポーツマンが残したメッセージに触れるとともに、現在のスポーツ界を牽引する指導者や科学者から方法と理論を学びます。

さらに、社会科学、心理学、医学などの幅広い分野からも、スポーツとウェルネスの世界にかかわる知識と能力を身につけていきます。

科目ピックアップ

スポーツによって社会を学び
優れた社会人を養成する多様な科目を設置

実践を通した身体運動の学習や、現代のスポーツマネジメントに関する学びなど、様々な科目を通してスポーツを探究していきます。

ライフマネジメント学科・スポーツコース/スポーツとウェルネス・科目ピックアップ

スポーツ医学

スポーツに関連した病気やメンタルヘルス、怪我の対処やテーピングの巻き方などを講義と実習を通して学んでいきます。アスリートのサポート・指導をする上で必要な知識を学びます。

ライフマネジメント学科・スポーツコース/スポーツとウェルネス・科目ピックアップ

ジュニアスポーツ演習

子どもたちを対象にスポーツの指導をするうえで必要な知識について、仲間との交流を深めながら、講義と実技の2つの側面から学んでいきます。

カリキュラム

1年次には、4年間の学びの基本となるスポーツの知識を「運動学」「スポーツ演習」などにより身につけていきます。2年次からは「スポーツ医学」「スポーツビジネス論」など、より専門性を高めるために必要な科目を学習。3年次からはゼミナールを中心に研究テーマをしぼり込んでいき、4年次では3年間の学習を卒業研究で結実させていきます。

履修モデルケース

学科専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
トレーナー・コーチ
を目指す人
  • 基礎演習Ⅰ,Ⅱ
  • スポーツ政策概論
  • スポーツ心理学
  • スポーツ生理学
  • 運動学Ⅰ
  • スポーツ演習(体づくり運動)
  • スポーツ演習(陸上競技)
  • スポーツ演習(器械運動)
  • スポーツ演習(水泳)
  • スポーツ哲学(体育原理)
  • 教育原理
  • 文化政策と公衆衛生
  • コース演習Ⅰ,Ⅱ
  • スポーツ医学Ⅰ,Ⅱ
  • ストレスマネジメント演習Ⅰ
  • スポーツ指導法A(サッカー)
  • 総合演習Ⅰ,Ⅱ
  • 健康教育法Ⅲ
  • スポーツ指導法B(雪上実習・スキー/スノーボード)
  • 社会心理学概論
  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ
  • スポーツ指導法C(スポーツ栄養学)
  • ジュニアスポーツ演習
  • レクリエーション概論
保健体育科教員
を目指す人
  • コース演習Ⅰ,Ⅱ
  • 健康教育法Ⅰ
  • スポーツ医学Ⅰ,Ⅱ
  • 教育心理学
  • 総合演習Ⅰ,Ⅱ
  • 保健体育科教育法Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ
  • ダンス応用演習
  • スポーツ行政学
  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ
  • スポーツ法学
  • スポーツマンシップ論
  • ストレスマネジメント演習Ⅰ,Ⅱ
教養科目 スポーツ表現A,B,C,D,E,F╱情報リテラシーⅠ,Ⅱ╱外国語╱情報化と社会╱人間の心理╱ジャーナリズム╱コミュニケーションの心理╱スポーツと社会╱スポーツ国際支援╱異文化コミュニケーション╱テーマ・パーク論Ⅰ,Ⅱ╱現代の企業経営
キャリア関連科目 キャリア対策講座╱キャリアポートフォリオ作成演習╱キャリアデザインA,B╱キャリア形成論A,B

目指す進路

ライフマネジメント学科・スポーツコース/スポーツとウェルネス・目指す進路

指導者やトレーナーなど、人とスポーツを結び
スポーツ文化を豊かに創造する人材を育む

本コースでは、人々に勇気と希望を与えるスポーツを軸とした人生設計を行います。豊かな余暇や生涯学習のため、健康を手に入れ維持するためなど、様々な局面からスポーツに大きな関心が向けられている中、スポーツ活動の中心、あるいはその周辺で、活動を支援したいという意識も高まっています。このような背景から、スポーツに関する高い専門的知識や指導力をもつ人材が求められると同時に、現在、スポーツ産業が大きなマーケットを形成しているという社会背景を受けて、スポーツ・マネジメントを専門とする人材も必要とされています。

目指す仕事

保健体育科教員(中学校・高校)

保健体育科の教員は、体育や保健を教えるだけでなく、担任として学級を運営したり、クラブ活動や生徒会活動、学校行事などを指導監督したりと、生徒の生活と学習を多面的にサポートする仕事です。人の意見を受け入れる柔軟性や正義感、忍耐力、面倒見の良さ、リーダーシップなどが求められます。

  • 生涯学習の政策を立案する専門家または指導者
  • スポーツトレーナー
  • 地域スポーツクラブコーチ
  • スポーツ関連企業

取得を推奨する資格

  • 中学校教諭一種免許状【保健体育】
  • 高等学校教諭一種免許状【保健体育】
  • スポーツ指導者(日本体育協会公認)
  • キャンプインストラクター(日本キャンプ協会公認)
  • レクリエーションインストラクター(日本レクリエーション協会)※1
  • ジュニアスポーツ指導員(日本体育協会公認)※1
  • JFA公認C級コーチ(日本サッカー協会)※1
  • トレーニング指導者資格※2
  • 体育施設管理士※2
  • TOEIC®
  • 実用英語技能検定
  • 日商簿記検定

※1 平成29年度から導入予定
※2 平成30年度から導入予定

卒業生の就職先

  • ASエルフェン埼玉[日本女子サッカーリーグ]
  • (株)BSC[バディースポーツクラブ]
  • 幼児活動研究会(株)
  • 日本女子プロ野球機構
  • (株)Rusch [アットピーススマイルサッカークラブ]
  • 藤枝MYFC
  • 野村證券(株)
  • 加茂商事(株)
  • シンコースポーツ(株)
  • (株)HACHIKU
  • (株)東京アスレティッククラブ
  • (株)ルネサンス
  • スポーツクラブNAS(株)
  • (株)ヨーケン社 ヨーケンスポーツクラブ
  • (株)ベンチャーバンク など