尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース

アート&カルチャーコース

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース

自分の興味・趣味を生き方に繋げられる学びを展開し、アートやカルチャーコンテンツに精通した人材を育成する

芸術文化・伝統文化の学びに加え、現代社会を特色づける生活文化(衣食住)や国際的な注目を浴びるポピュラーカルチャーについて学ぶことで、文化と実社会との結びつきへの理解を深めます。これらの学びを通して、商品およびサービス開発ができる人材や、優れたデザイン力を身につけて企画立案ができる人材を育成します。

科目ピックアップ

アニメやゲームなどを素材に
アート&カルチャーの可能性を追求できる科目を導入

美術を歴史的な視点から学ぶだけでなく、日本のアニメやゲーム、さらにはポピュラーカルチャーなどを素材に、アートと文化への理解を深めます。

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・科目ピックアップ

ポピュラーカルチャー論

「大衆が愛好する文化」を意味するポピュラーカルチャーの歴史的・社会的背景と現状、観光資源や文化ビジネスとしての可能性について学びます。

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・科目ピックアップ

美術史C

美術作品を当時の政治や社会と結びつけて捉え、両者がいかに密接に関連しているかを理解し、作品鑑賞の訓練を通じて「作品の見方」を身につけます。

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・科目ピックアップ

ビジュアル演習C(ゲーム文化)

ハイエンドゲーム、モバイルゲームやコミュニケーションを楽しむゲームなど、ゲームの世界とその魅力を、現代社会や文化とも関係づけて学びます。

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・科目ピックアップ

ジャパニメーション論

日本のアニメ(ジャパニメーション)の表現・演出・ストーリーを検討するとともに、現代社会・文化との関係からその価値と意義を学びます。

カリキュラム

1年次には、社会科学の基礎や表現力、コミュニケーション能力を高める基礎科目の学習のほかに、芸術や文化に関する基本的な知識を身につけます。2年次からは演習を通して体験的に学習。3年次からのゼミナールを中心とした学習では「ワークショップ」などを通して理解を深め、3年間の成果は4年次での卒業研究に結実していきます。

履修モデルケース

学科専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
博物館・美術館学芸員
を目指す人
  • 基礎演習Ⅰ,Ⅱ
  • 文化政策概論
  • 生涯学習論Ⅰ
  • 博物館概論
  • 美術史C(西洋)
  • コース演習Ⅰ,Ⅱ
  • 生涯学習論Ⅱ
  • 考古学
  • 日本文化史
  • ビジュアル演習A(美術)
  • 総合演習Ⅰ,Ⅱ
  • 生涯学習支援システム・ネットワーク
  • ミュージアム論
  • 文化マネジメントワークショップ(博物館)
  • 文化産業論E(テーマパーク)
  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ
  • スポンサード論
  • 都市環境デザイン
  • 伝統芸能論
  • 埼玉・川越の歴史と文化
アニメ・ゲーム関連
を目指す人
  • 基礎演習Ⅰ,Ⅱ
  • 文化政策概論
  • マーケティング論
  • ポピュラーカルチャー論
  • 文化経済学
  • コース演習Ⅰ,Ⅱ
  • 社会心理学概論
  • 文化産業論A(コンテンツビジネス)
  • ビジュアル演習B(アニメ・マンガ文化)
  • ビジュアル演習C(ゲーム文化)
  • 総合演習Ⅰ,Ⅱ
  • 観光政策論
  • ジャパニメーション論
  • イベントプラニングワークショップ(アニメ&マンガ文化)
  • イベントプラニングワークショップ(ゲーム文化)
  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ
  • 観光ビジネス論
  • 知的財産法
  • 文化産業論A(テーマパーク)
  • イベントプラニングワークショップA(地域イベント)
イベント企画・運営
を目指す人
  • 基礎演習Ⅰ,Ⅱ
  • 文化政策概論
  • マーケティング論
  • 文化コーディネート論
  • ファッション文化論
  • コース演習Ⅰ,Ⅱ
  • 社会心理学概論
  • 文化産業論B(ファッション&ブランド)
  • 現代社会と歴史遺産
  • 食と文化
  • 総合演習Ⅰ,Ⅱ
  • 観光ビジネス論
  • 文化産業論C(食とビジネス)
  • 文化産業論D(インテリアビジネス)
  • 文化マネジメントワークショップC(ファッション&ブランド)
  • 卒業研究Ⅰ,Ⅱ
  • まちづくり政策論
  • NPО論
  • 文化マネジメントワークショップA(ツーリズム)
  • イベントプラニングワークショップA(地域イベント)
教養科目 アート・マネジメント╱美術╱外国語╱情報リテラシーⅠ,Ⅱ╱人間の心理╱文化人類学╱知の冒険╱古典的名作の世界╱異文化コミュニケーション╱文学╱都市と建築╱西洋文化と諸芸術╱暮らしと文化╱テーマ・パーク論Ⅰ,Ⅱ╱著作権
キャリア関連科目 キャリア対策講座╱キャリアポートフォリオ作成演習╱キャリアデザインA,B╱キャリア形成論A,B

Focus

学芸員課程

学芸員に求められる能力を体験しながら培う

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・Focus

Point 01

実体験を通して
学芸員のスキルを磨く

博物館や美術館で開催される体験学習の立案・実施を学生自ら行う体験型科目(文化マネジメントワークショップ)により、イベント企画力やコミュニケーション能力の向上が期待されます。

Point 02

学内外の実習で
学びを深める

「博物館実習」では、博物館や美術館での館園実習と学内実習で学芸員としてのスキルを磨きます。特に学内実習では、拓本や復元作業などを実際に行いながら学び深めていきます。

Point 03

学芸員を目指す人のための
充実したサポート

資格取得に関するガイダンスを春・秋学期のオリエンテーション期間に実施します。さらに教職・資格課程室において、随時、学び方に関する質問や相談を受けつけています。

目指す進路

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・目指す進路

芸術文化の素晴らしさを社会に広めて
アートと人とを結ぶ架け橋役として活躍

本コースが目指しているのは、文芸振興政策に関する専門的な知識を身につけ、地域の人々の文化活動などをバックアップする人材の育成です。進路として挙げられるのは、文化政策やまちづくり計画を担当する公務員、博物館学芸員、美術館・劇場スタッフ、芸能プロダクションスタッフ、イベントプランナー、企業の広報・企画担当など。芸術文化の素晴らしさを人々に伝え、より身近なものに感じてもらうための橋渡しをする役割を担います。芸術文化と社会を結ぶ大切な仕事であり、活躍の分野がますます広がっています。

目指す仕事

NPO・民間芸術文化団体スタッフ

NPO・民間芸術文化団体では文化的活動を目的とし、芸術文化の交流の促進や、社会福祉事業、ならびに若い芸術家や音楽家の育成を支援したりします。文化における専門的な知識やコミュニケーション能力が求められます。

  • 博物館学芸員
  • 地方公務員
  • NPO・民間芸術文化団体スタッフ
  • イベントプランナー
  • アートディレクター
  • カラーコーディネーター
  • 観光関連産業
  • 出版・マスコミ業
  • インテリア業

取得を推奨する資格

  • 博物館学芸員
  • 美術検定
  • カラーコーディネーター検定
  • イベント検定

卒業生の就職先

  • (株)鶴屋吉信
  • 三光建設(株)
  • 立山黒部貫光(株)
  • 警視庁
  • 埼玉県警察
  • 東京消防庁
  • (株)丸八真綿
  • 高崎市職員
  • サーブコープジャパン(株)
  • (株)オスカープロモーション
  • (株)壽屋 など

Student’s Voice

ライフマネジメント学科・アート&カルチャーコース・Student’s Voice

博物館学芸員課程の科目を、
自分の将来を探るヒントにしています。

高橋 真由香 4年╱長野県立長野高校 出身

人生をデザインして充実させていくために、いろんなテーマを学びたい。そこで、博物館学芸員課程も履修しています。好奇心をくすぐられ、アクティブに学べる科目が多く、何が自分に合っているかを探しやすいことにメリットを感じています。

[主な履修科目]

考古学
興味のある学問のひとつでした。古代の生活を疑似体験するため、キャンパス内でどんぐりなどを採取し、試食する時間も設けられています。

博物館情報・メディア論
見学したいミュージアムを実際に訪ね、展示方法や資料の保存方法などを調査できる科目です。他の学生の発表内容も刺激になります。