尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
映像フィールド

映像フィールド

映像の理論と制作を通して「今、何を伝えるか」
を学び、制作者として活躍する人材を育成

バランスのとれたカリキュラムによって、映像制作に必要な企画・演出力や、映像固有の表現能力を、ソフトとハード両面にわたり修得します。

また、最新の撮影・編集機器やスタジオを活用した実践的学習により、プロの映像制作者に必要な能力を養います。

オリジナルの映像作品の制作を通して、創作力や表現力を伸長させ、社会で活躍することのできる映像制作者の育成を目指している点も特長です。

在学生紹介

鈴木 絢子 4年
福島県 福島成蹊高校 出身

実践的な授業が多いため、即戦力の学びが得られるのが本学の魅力です。映像監督として活躍されている方が講師となり、実際の撮影を通して演出やカメラワークを学べるドラマ創作論のような授業は特に勉強になります。

学びの特長

映像制作に求められる専門的な知識と技術を
現場での経験を通して実践的に学ぶ

「映像制作を経験」することを重視したカリキュラムにはスタジオ番組制作やドラマ制作、演出から撮影・編集の技術まで幅広く学ぶ映像表現など、数多くの実習が取り入れられ、実践を重ねながら映像制作のスキルを身につけることができます。また、実際に撮影現場で使用されている機材について学ぶ映像機器や、映像合成やノンリニア編集技術を学ぶ映像制作論など、映像の現場で活きる高度な技術の修得も可能。映像・録音スタジオやロケーション設備が整った充実の制作環境のなか、即戦力となるクリエーターとしての実践力を磨いていきます。

Topic

荒川区教育委員会 小中学校タブレットPC導入プロモーション映像制作

荒川区は区内の小中学校すべてにタブレットPCを導入し、授業や校外学習、校内行事等の学校教育で活用しています。その取り組みを対外的に紹介するプロモーション映像制作を、荒川区よりご依頼いただき、小泉力一先生の企画・監修、浅川順先生の制作指導のもと、本学科の学生が撮影、編集、仕上げまで担当し、制作されました。

授業紹介

映像表現

映像制作系の導入科目として、制作者に求められる演出と技術の基礎を、体験的に学習します。これにより、制作に必要な構成や演出という知識と、撮影・照明・編集・音響という技術部門で必須となる表現方法や技法を、横断的に修得します。

スタジオ番組制作

実際に映像スタジオでニュース番組やトーク番組などの制作を経験。自分が希望するスタッフの役割を実践し、高度な専門技能を修得すると同時に、番組を制作するうえで、スタッフ間のチームワークがいかに重要であるかを体感します。

映像機器

映像の生成や表示など、TVの原理を学んだうえで、映像を制作するために必要な機器の機能やシステム、その使用法を紹介。映像システムにかかわるカメラや照明機器、音響装置などの機器についての基礎的知識を幅広く身につけます。

映像・ドラマ制作演習

スタジオ番組制作で学んだ技術をもとに、さらに高度な表現力を要するロケーションドラマなどのオリジナル作品を制作。希望によって演出系と技術系の担当に分かれ、それぞれの分野で必要とされる想像力と表現力を修得します。

目指す進路

実習で身につけた確かな技術を礎に
エンジニアやディレクターなど活躍の場は無限大

実践を重視したカリキュラムで高いスキルを修得することができるため、卒業後は映像にかかわる幅広いジャンルにおいて、即戦力のクリエーターとして活躍することが可能となります。実習で身につけたロケーションに即した撮影から照明などの技術を活かし、TVカメラマンや照明スタッフとして映像制作プロダクションやTV局へ就職する卒業生もいます。また、ディジタル機器を使った編集作業や映像合成などの技術を修得すればTVやラジオの放送技術者、演出力やシナリオ構成力などのスキルを磨けばTVディレクターや映像監督など、その活躍の場はさらに広がります。

目指す仕事

映像ディレクター

映像制作プロダクションやTV局で、プロデューサーのもと、番組を実質的に制作・演出する仕事です。番組によっては取材や構成まで幅広く担当することも。人を引きつける映像をつくり上げられる高い感性とオリジナリティ、多くのスタッフを統率するリーダーシップが求められます。

  • 映像監督
  • 映像プロデューサー
  • 映像カメラスタッフ
  • 映像クリエーター
  • 映像編集者
  • 照明スタッフ
  • ラジオ・TV放送技術者
  • 高校教員
  • TVディレクター
  • TVカメラマン

取得を推奨する資格

  • 高等学校教諭一種免許状【情報】
  • ITパスポート試験
  • 映像音響処理技術者認定試験(ポスプロ検定)
  • 実用英語技能検定(準2級以上)
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • 日商簿記検定(3級以上)

卒業生の就職先

  • (株)さくらんぼテレビジョン
  • (株)ハウフルス
  • (株)共同テレビジョン
  • (株)クロスビジョン
  • パナソニック映像(株)
  • (株)東京テレビセンター
  • (株)東京サウンド・プロダクション
  • (株)ヌーベルバーグ
  • (株)バンエイト
  • (株)フジ・メディア・テクノロジー
  • (株)バスク
  • プロジェクト80(株)
  • (株)エーステレビ
  • ザ・チューブ
  • 共信コミュニケーションズ(株)
  • (株)テレビアルファ
  • (株)ヒューマックスシネマ
  • (株)クリーク・アンド・リバー社
  • 荒川ケーブルテレビ(株)
  • (株)キュー・テック
  • (株)シグマコミュニケーションズ など

卒業制作

長沼 達也
埼玉県立大宮南高校 出身 2016年3月 情報表現学科 卒業

映像の原点ともいえるサイレント映画を制作しました。脚本から編集まですべて担当しましたが、もっとも力を入れたのは演出で、セリフがなくとも気持ちが伝わる演技にこだわりました。また、物語のオチもサイレントだからこそ表現できる方法で仕上げてあります。

滝 翔太
福島県立いわき総合高校 出身 2016年3月 情報表現学科 卒業

ドラマ作品で照明と編集を担当しました。演者の皆さんをどれだけきれいに映し出せるかを常に意識しながら、物語の雰囲気に合った照明づくりを行いました。編集では、見ている人にあきられないように、テンポ感が出ることにこだわりながら仕上げてあります。

先輩メッセージ

株式会社東京サウンド・プロダクション 勤務
東城 建彦 長野県立岩村田高校出身 2011年3月情報表現学科卒業

テレビ番組の制作プロダクションに勤務し、カメラアシスタントとして様々なサポート業務を担当しています。大学では多くのことを学びましたが、仕事をするうえでチームワークが大切であることを学生のうちから実感できた経験は、社会に出てから大きく役立っています。今後は、カメラマンとしてひとり立ちするだけでなく、後輩たちの指導にも力を入れていくことが目標です。