音楽表現学科特待生選抜 実技試験課題等

ポップスコース

実技試験

ヴォーカル

以下の英語曲の中から1曲を選び、暗譜にて歌唱すること。
受験者は本学教員の伴奏による歌唱か、カラオケ音源による歌唱かを選択する。
任意の伴奏楽器を用いた弾き語りも可とする。楽曲のKey(調)は受験者が設定する。
「Isn’t she lovely(Stevie Wonder)」「Calling You(Jevetta Steele/Holy Cole)」

注1)カラオケ音源による歌唱を希望する場合は、音源を収録したCD-Rも出願時に同封すること。
注2)本学教員伴奏による歌唱を選択する場合には、楽曲とKey(調)を決定し出願時に申請する。

ヴォーカル以外の全楽器

本学教員とのブルースセッション(定番スリーコード12小節/シャッフルパターン)演奏を行う。試験当日にコード譜面を提示する。

音楽セオリー

楽曲のKey(調性)を決定するダイアトニックスケール、ダイアトニックコード(三和音/四和音)の構成音、インターバル(音程)についての基本的な知識。音楽用語は日本語、英語のいずれで解答しても可。

クラシックコース

実技試験(作曲以外)

下記課題のAとB(両方)を演奏すること。
※A…ピアノ・音階はすべて暗譜とする

楽器 A B
ピアノ

(1)(2)の中から1曲を選択し暗譜で演奏すること。

(1)バッハ:
インヴェンション、シンフォニア、 《平均律クラヴィーア曲集》の中からフーガを1曲

(2)練習曲:
モシュコフスキー Op.72、モシュレス Op.70、クラマー=ビューロー(60の練習曲)、 チェルニー(50番、40番)、 ショパンOp.10とOp.25(ただしOp.10/6は除く)、リストの中から1曲

注1)繰り返しはしない。
注2)時間の都合で、演奏中にカットすることがある。

自由曲1曲を暗譜で演奏すること。(ソナタから一つの楽章、組曲からの1曲も可。ただし練習曲は除く)

注1)繰り返しはしない。
注2)時間の都合で、演奏中にカットすることがある。

フルート 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定 Ernesto Koehler : 35 Exercises Op.33-II Twelve Medium Difficult Exercises よりNo.3 No.7 No.8 No.10の中から 任意の一曲(暗譜不要)
オーボエ 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する
(全調から当日指定)
任意の練習曲または楽曲(暗譜不要)
クラリネット(バスクラリネットでも受験可) Rolf Eichler:Scales for Clarinetより #♭4つまでの長調・短調をNo.1の形で演奏する(当日指定) C.Rose:32Etudesより任意の1曲(出版社指定なし)
サクソフォン 小串俊寿:サクソフォーン スケール レッスンより全ての長音階と和声的短音階から当日指定。レガートおよびスタッカートで奏でること。 Ferling : 48 Etudes(Leduc版)の奇数および偶数番号から、それぞれ1曲(計2曲)を任意に選んで演奏する(暗譜不要)
ファゴット 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) 任意の練習曲または楽曲(暗譜不要)
ホルン 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定 W.A.Mozart : Konzert第1番、第3番よりいずれかの第1楽章(カデンツァなし、暗譜不要)
トランペット 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) Kopprasch:60の練習曲より任意の1曲(出版社指定なし)
トロンボーン 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) Ernst Sachse : Concertino(出版社は問わない)より、冒頭からAdagioの前まで(暗譜不要)
バス・トロンボーン 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) Ernst Sachse : Konzert für Bassposauneより、冒頭からAdagioの前まで(暗譜不要)
ユーフォニアム 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) Melodious Etudes for Trombone(Carl Fischer)のNo.1~No.10より任意の一曲。
テューバ 譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定) M.Bordogni:43Bel Canto Studies(Robert King版)より任意の1曲
小太鼓 基本奏法2つ打ち、5つ打ち、7つ打ち、9つ打ち(当日指定) 1)Collection Drum Solos(W.F.Ludwig)より: The Connecticut Halftime(暗譜不要、繰り返しなし)
2)Portraits in rhythm(Anthony.J.Cirone)より:p5 No.3(暗譜不要)
マリンバ A: 小太鼓による基本奏法2つ打ち、5つ打ち(当日指定)
B: マリンバによる音階:譜例に従い、長調・短調の音階を演奏する(全調から当日指定)
1)MODERN SCHOOL for XYLOPHONE MARIMBA VIBRAPHONE (M.Goldenberg)より39Etudes : VI,XVI,XXIIIから当日指定(暗譜不要)
2)自由曲(暗譜で演奏する)
コントラバス 任意の長調・短調(平行調)の音階2オクターブを演奏する調性と形式は任意 任意の練習曲または楽曲(暗譜で演奏する)

作品提出(作曲のみ)

作曲

クラシック系とポピュラー系のどちらかの自作品1曲を、願書と共に提出すること。作品の形態は、クラシック系とポピュラー系別に以下とする。

クラシック系
楽譜(録音がある場合は共に提出しても良い)
ポピュラー系
楽譜か録音のどちらかで提出すること。(両方ともに提出も可)
a.楽譜 スコアが望ましいが、コードネーム付きのメロディー譜も可とする。
b.録音 オーディオCDのみとする。

管楽器・マリンバ用 譜例

管楽器

マリンバ

楽典

音楽に関わる基礎知識。
音名・調名・音楽用語は日本語、ドイツ語、英語のいずれで解答しても可。

コールユーブンゲン視唱

コールユーブンゲン(大阪開成館)より No.48a、No.51d、No.56b、No.63、No.68、No.73d、No.74d、No.75d、 No.77c、 No.78cから当日1曲指定する。
移動ド・固定ドどちらでも可。 声域に合わせて移調も可。

副科ピアノ

ソナチネ程度:暗譜は不要、繰り返しはしない。