尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY

副学長メッセージ

副学長メッセージ

常に自問自答し、行動に移していくことで
世界でひとりだけの自分に成長していく。

尚美学園大学では、自分の好きなことを追い求めていきたい学生を歓迎します。皆さんがその気持ちを胸に、本当に目指したい未来を見つけられるようサポートしてまいります。特に本学は開学以来、音楽を芸術としてだけではなく、エンターテインメントやビジネスとしてとらえ、最初に音楽ビジネスを学問として打ち出してきました。さらに近年の音楽業界では、音楽に関する多様な知識やスキルが求められていますが、そんなマルチプロともいうべき才能を有した人材を養成する教育にも、早くから取り組んできました。こうした専門的な学びを軸に、学科間のコラボレーションを行うことで、ハイブリッドな学びを展開していくのは本学ならではの特長です。音楽とスポーツ、ディジタルと舞台表現の融合など、複合的な学びから創出される新たな価値観を身につけた人材は、劇的に変化する社会においても、時代の波を的確にとらえる“時代のサーファー”として必ず活躍できるはずです。そして、皆さんには、目の前の出来事に対して常に「自分だったらどうする?」と自問自答し、その結果、得られた考えに基づいて行動に移していく積極的な姿勢を期待します。本学での4年間の学びを通して、表現者としてのあり方を追求していくことで、世界でひとりだけの自分に成長していきましょう。

副学長プロフィール

尚美学園大学 副学長
尚美学園大学 副学長
富澤 一誠

略歴

1951年、長野県生まれ。東大文Ⅲ中退。在学中に音楽誌への投稿を機に音楽評論家として活動。レコード大賞審査員、同アルバム賞委員長、同常任実行委員を歴任。ラジオ番組「Age Free Music!」、テレビ番組「あの年この歌」「イマウタ」などのパーソナリティー&コメンテーターとしても活躍。著書は『あの頃、この歌、甦る最強伝説』等多数。08年より尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授、09年より学校法人尚美学園・評議員、14年より理事を務め現在に至る。