尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
学長挨拶

副学長挨拶

自分の本当に好きなことと向き合いながら
4年間を通してクリエイティブな力を養います。

尚美学園大学では、自分の好きなことを追い求めていきたい学生を歓迎します。皆さんがその気持ちを胸に、本当に目指したい未来を見つけられるようサポートしてまいります。特に本学は開学以来、音楽を芸術としてだけではなく、エンターテインメントやビジネスとしてとらえ、最初に音楽ビジネスを学問として打ち出してきました。そうした歴史に裏打ちされた実践的な教育のノウハウは、現在、音楽のみならず他の学びの分野にも活用されています。また、実学を重視した教育の成果により、本学の卒業生たちは、音楽業界を筆頭に様々な業界で力を発揮しています。さらに専門的な学びを軸に、学科間のコラボレーションを行うことで、ハイブリットな学びを展開しているのも本学ならではの特長です。音楽とスポーツ、ディジタルと舞台表現の融合など、複合的な学びから創出される新たな価値観を身につけた人材は、劇的に変化する社会においても、時代の波を的確にとらえて“時代のサーファー”として必ず活躍できるはずです。

何かを好きだという気持ちと真っすぐ向き合える皆さんの中には、自分でも気づいていない“宝”がたくさん眠っています。その気持ちを大切にしながら、私たちと一緒に、秘められた才能を開花させましょう。

副学長プロフィール

尚美学園大学 学長
尚美学園大学 副学長
富澤 一誠

略歴

1951年、長野県生まれ。東大文Ⅲ中退。在学中に音楽誌への投稿を機に音楽評論家として活動。
レコード大賞審査員、同アルバム賞委員長、同常任実行委員を歴任。
ラジオ番組「Age Free Music!」、テレビ番組「あの年この歌」などのパーソナリティー&コメンテーターとしても活躍。著書は『あの頃、この歌、甦る最強伝説』等多数。08年より尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授、09年より学校法人尚美学園・評議員、14年より理事を務め現在に至る。