芸術情報学部 Department of Information Expression 情報表現学科

芸術情報学科

Point

自ら学ぶ意欲を刺激する
クロスオーバー学習制を導入

6つの学びのコース間の垣根をなくし、学生が自らの興味や将来の目標に沿って自由に様々な科目を履修するなかで、自分の好きなことや得意なことをさらに伸ばし、専門的技術の向上を図れるクロスオーバー学習制を導入しています。

最新の機材を自由に使って
現場で求められる技術を修得

最先端の現場で実際に使用されているディジタル機器や設備を備えたプロ仕様の制作、研究開発環境のもと、その技術を修得できます。また、最新の機材を自由に使いながら、実践的に学びを深めていくことで、現場で求められるスキルを培います。

高度な専門技術者を養成し
高い就職率を実現

クロスオーバー学習制により基本的な知識を幅広く磨き、ゼミナールでの2 年間の専門教育により高度な専門技術を修得した本学科の学生たちは、ディジタル表現のエキスパートとして多くの企業から高く評価され、高い就職率を達成しています。

Course

Lecture クロスオーバー学習制とは 情報表現学科では「クロスオーバー学習制」を採用しています。

「クロスオーバー学習制」とは

様々なテーマからなる6つのコースを、入学前はもちろん入学後も絞ることなく「セレクト」「ミックス」「シフト」しながら学び歩けるシステムです。

自由自在に、縦横無尽に、
6つのコースを歩こう。

01セレクトできる
学びたいコースをセレクト(選択)して知識や技術を習得し、高い専門性を身につけたクリエーターを目指す学び方です。
02ミックスできる
複数のコースをミックス(融合)しながら、強みを発揮できるテーマを広げ、新しいクリエーションに取り組む学び方です。
03シフトできる
興味や関心の変化に従って未体験のコースへシフト(移行)することで、自分のスキルを発展させ、可能性を探る学び方です。

最先端の設備と各分野のエキスパートである教授陣の指導で、次世代のクリエーターを育成する情報表現学科。
最新機材を拡充させ、新たな学びが広がります。

情報表現学科特設サイト

Focus情報表現学科の学外イベント・活動

「二科展」に学生たちの
意欲的な作品が入選・入賞

情報表現学科の卒業研究で制作された齋藤玲奈さんの木彫「果報者」と、北口瑠々香さんの木彫「森の」が、日本を代表する公募展である「第105 回二科展」に入選し、国立新美術館に展示されました。齋藤さんの作品は「彫刻の森美術館奨励賞」も受賞し、会場でたくさんの観客から注目を集めていました。

「二科展」に学生たちの意欲的な作品が入選・入賞

学生作品が2 年連続で
「ACジャパン広告学生賞」入賞

公益社団法人ACジャパンが主催する「第17 回ACジャパン広告学生賞」で、情報表現学科学生作品(2 作品)が「新聞広告部門」「テレビCM 部門」で奨励賞を受賞しました。この賞は「公」への意識を育むことを目的に2005 年に設立。様々な社会問題をテーマに学生自身が公共広告制作に取り組みます。今回は全国の大学から773 作品の応募がありました。

学生作品が2 年連続で「ACジャパン広告学生賞」入賞

最新の機材を備えた学習施設

情報表現学科ではプロの現場でも使用されている最新機材を備えた施設を用意しています。その中の一つ「ゲームラボ」は、主にチーム制作でのゲーム開発に特化した教室で、3D 全身スキャンシステムを導入し、簡単にフォトリアルなCGモデルが作成できます。他にも、4K 解像度の大画面液晶タブレットを設置した「デジタルアトリエ」、広々とした専有スペースで専門的なスキルを学べる「デザインラボ」や「メディアラボ」など、学びの理想的な環境を充実させ、学生の夢の実現をサポートします。

最新の機材を備えた学習施設

専門分野の枠をクロスオーバーした
アニメーション制作プロジェクト

「彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター」より依頼された、ショートアニメーションを情報表現学科の学生たちが制作しました。アニメーションの他、シナリオ、音響、グラフィックデザインなど各専門の教員の指導のもと、アニメ本編は18分におよぶ大作を完成。専門分野の枠を越えたクロスオーバー学習の一つの取り組みとして有意義なプロジェクトになりました。

専門分野の枠をクロスオーバーしたアニメーション制作プロジェクト