大学院

社会や自分の未来を見据えて、
さらに深く学び、専門性を身につける

芸術情報研究科情報表現専攻

自由な感性に、
自在な表現力をプラス。
実践型アーティストの世界を拓く。

表現者としての自由な感性を育み、コンテンツ・作品の制作から完成・発表に至るまで、表現するために必要なスキルを修得するカリキュラムで実践型アーティストを育成します。映像、音響、CG、美術、ゲーム、ソーシャルネットワークなど、各分野で専門家として活躍するために、基礎から発展的な内容までを網羅した科目群が特長です。物事の本質を見つめる理論系講義科目や、自分自身の内面に光を当てる実技系演習科目など専門科目を中心に多彩な科目を、様々な分野のスペシャリストである教授陣から学びます。

情報表現専攻3つの分野

映像・音響/CG・美術/ゲーム・ソーシャルネットワーキング

情報表現専攻の詳細はこちら

芸術情報研究科音楽表現専攻

あなたの無限の可能性を
社会へ発信する確かな力へ。

感性と理論の高度な融合を目指し、それぞれの分野で演習的・実学的な科目と理論的な科目を配したカリキュラムです。そのほかに多彩な科目群も設け、専門性の追求と同時に、現代の音楽社会と生きた文化の発展に貢献する人材を育てます。演奏分野では専攻のレッスンとともにオーケストラ演習や舞台表現を学んだり、アートマネージメントでは音楽企画を軸にプロデュースや音楽出版も学べる広がりをもたせています。学生が志向にあわせて選択できる細分化されたシステムで、時代を捉えた専門的な実力を身につけます。

音楽表現専攻3つの系列

演奏系/創作系/応用音楽系

音楽表現専攻の詳細はこちら

総合政策研究科政策行政専攻

高度な専門知識と意欲のもとに考える
職業人の育成。

グローバルな視座、高度な知識と意欲をもち、政策・施策の企画・立案・実施を実現できる職業人・研究者の育成を目指しています。国際化、高齢化、高度情報化など、現代社会が抱える様々な問題に向き合い、学生同士、相互に情報交換、議論をしながら、多次元的な視点からのアプローチで課題解決に取り組むことができるカリキュラムです。社会人も働きながら学べるように、夜間や土曜日にも対応した授業環境も整えています。国や地方自治体をはじめ、民間企業、NPOなど、社会的要請に応えられる人材を育てます。

政策行政専攻2つのコース

政治・公共政策コース/経済・経営コース

政策行政専攻の詳細はこちら