総合型選抜

出願資格

次の5つの要件をすべて満たすこと。

  1. 高等学校または中等教育学校を卒業した者(卒業後3年以内で成績証明書を提出できる者)および2022年3月卒業見込みの者
    通常の課程による12年の学校教育を修了した者(修了後3年以内で成績証明書を提出できる者)および2022年3月修了見込みの者
    ※日本国籍を有する者で、外国の高等学校を卒業した者(卒業後3年以内で成績証明書を提出できる者)または2022年3月までに卒業見込みの者を含む。
    ※高等学校卒業程度認定試験合格者(見込者)は、別途、入試・広報課までご連絡ください。
  2. 本学が掲げる「アドミッション・ポリシー」の理念を理解している者
  3. 本学の総合型選抜の趣旨とシステムへの理解があり、最終審査合格後のフォローアップ学習に積極的に取り組む意志のある者
  4. 高等学校の担任、進路指導部の先生、クラブ等の監督または顧問の先生に出願の承認を得た者
  5. 本学が第一志望である者

実施日程

選抜区分 Web出願
登録期間※
出願書類
提出締切日
(郵送必着)
試験日 合格発表日 入学手続
期限
総合型選抜Ⅰ期 9/1(水)~ 9/13(月) 9/14(火) 9/25(土) 9/29(水) 10/13(水)
総合型選抜Ⅱ期 10/5(火)~ 10/18(月) 10/19(火) 10/30(土) 11/2(火) 11/16(火)
総合型選抜Ⅲ期 1/26(水)~2/8(火) 2/9(水) 2/19(土) 2/22(火) 3/1(火)

※Web出願登録締切は最終日の23:59までです。

試験内容等

情報表現学科 Ⅰ期自己適性 Ⅱ期作品・体験授業 Ⅲ期自己適性

※Ⅱ期は、2種類の総合型選抜が行われます。

特徴・試験内容

Ⅰ期・Ⅲ期(自己適性)

「情報表現学科の専門領域には興味があるが、やりたいことがはっきりとは決められない」という方に適した入試です。

具体的な知識や経験ではなく、情報表現学科の学びに自分の持っているこだわりや個性を生かしたいという熱意があるかを評価します。
総合型選抜学生募集要項にある「総合型選抜(自己適性)記入シート」に記載された質問に答える形で、自分の好きなことや得意なことについて記入してください。さらに、それらの質問項目の中から1問を選び、600〜800文字で「総合型選抜(自己適性)記述シート体験記」を記述してください。面接ではこれらの記入事項をもとに質問を行います。
尚、下記の2つの提出書類のうち「総合型選抜(自己適性)記述シート体験記」は、入学試験での合否を判定する評価の対象となります。選んだ質問項目に対する自分の体験やそこから得たものを大学の学びにどう生かしていくのかをできる限りわかりやすくまとめてください。

試験内容

書類選考、記述シート体験記、面接(15分)

Ⅱ期(作品)

「作品作りは未経験だが入学後に作りたいものがある。または既に作品制作の経験がある」という方に適した入試です。

作品を作った経験のない方は入学後に作りたい作品の計画書を提出してそれを発表してください。また授業やクラブ活動などで既に作品をつくったことのある方は、その作品を提出して発表してください。
出願には、総合型選抜学生募集要項にある所定の用紙を使います。ここには記入する内容が具体的に指示されていますので、計画書の作成や作品提出などに戸惑うことはありません。
作品計画書の提出では、計画書が具体的にわかりやすくまとめられているかが評価の対象となります。また作品提出では、作品の完成度や制作に対する熱意が評価の対象となります。

試験内容

書類選考、作品計画書または作品の発表(10分)、面接(15分)

Ⅱ期(体験授業)

「日頃から授業をよく聞き、ノートをまじめにとっている」という方に適した入試です。

情報学に関する体験授業を受講して、ノートを取り提出してもらいます。その後面接(口頭試問を含む)を行います。授業の難易度は基礎的な知識を扱うものですので専門知識に不安がある方でも心配ありません。
ノートの取り方や演習の解答から授業の理解度を判断し、入学後に真面目に授業に取り組む人物かを評価します。
また総合型選抜(作品)のようなプレゼンテーションや発表がありませんので、人前で話すことがあまり得意でないという方にも受験しやすい区分です。

試験内容

書類選考、体験授業(60分)、ノート提出、面接(15分)

審査方法

  • 提出された書類をもとに面接を実施します
  • 学科のアドミッションズオフィス委員が専門分野の視点で評価します。

音楽表現学科

試験内容

Ⅰ期~Ⅲ期

ポップスコース

書類選考・小論文・面接・実技レッスン(自由曲)

実技レッスン一覧
ヴォーカル、ピアノ、シンセサイザー、オルガン、エレキギター、アコースティックギター、エレキベース、ウッドベース、アコースティックベース、ドラムス、パーカッション(コンガ)、サクソフォン、トランペット、トロンボーン

クラシックコース

書類選考・小論文・面接・実技レッスン(自由曲)(作曲は作品レッスン)

実技レッスン一覧
ピアノ、フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォン、ファゴット、ホルン、トランペット、トロンボーン、バス・トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ、小太鼓、マリンバ、コントラバス、作品(作曲志願者)

POINT

  • 人間性・礼儀人柄や挨拶、言葉遣い、服装や髪型に乱れがないか
  • 実技能力アドバイスを受けて、成長力があるかを見る
  • 口頭での表現力相手にわかりやすく自分の意見を表現できるか

審査方法

  • 総合型選抜志願書、カウンセリングカードに基づき、志願者と大学が相互理解できるような面接を実施します。
  • 学部学科の理解度について、質問します。
  • 音楽表現学科で学ぶ意欲を問います。
  • コース別に、学科のアドミッションズオフィス委員が専門分野からの視点で評価します。

音楽応用学科

試験内容

Ⅰ期~Ⅲ期

書類選考・小論文・面接

POINT

  • 人間性・礼儀人柄や言葉遣い、服装や髪形に乱れがないか
  • コミュニケーション能力人の話を聞き、自分を表現できるか
  • 目的意識と学習意欲音楽応用学科について十分理解しているか、志望動機と将来像が具体的か

審査方法

  • 面接は、アドミッションズオフィスの定める基準によって実施し、複数の教員が客観的に採点します。

舞台表現学科

試験内容

Ⅰ期~Ⅲ期

書類選考・小論文・面接(実技を含む)

POINT

  • 人間性・礼儀人柄や言葉遣い、服装や髪形に乱れがないか
  • コミュニケーション能力人の話を聞き、自分を表現できるか
  • 目的意識と学習意欲舞台表現学科について十分理解しているか、志望動機と将来像が具体的か
  • 表現しようとする意欲実技課題に対する姿勢
実技試験内容はこちら

審査方法

  • 面接・実技は、アドミッションズオフィスの定める基準によって実施し、複数の教員が客観的に採点します。

総合政策学科

試験内容

Ⅰ期・Ⅱ期

書類選考・体験授業・小論文・面接

Ⅲ期

書類選考・体験授業・ノート提出・面接

POINT[小論文][ノート提出]

  • 理解力授業に集中し、内容を正確に理解できるか、ノートをとれるか
  • 文章による表現力与えられたテーマについて考え、自分の言葉で表現できるか

POINT[面接]

  • 人間性・礼儀人柄や挨拶、言葉遣い、服装や髪型に乱れがないか
  • コミュニケーション能力人の話を聞き、自分を表現できるか
  • 目的意識と学習意欲総合政策学部について十分理解しているか、志望動機と将来像が具体的か

審査方法

  • 総合型選抜志願書、自己アピールカードに基づき審査します。
  • 小論文、ノートについては、学科のアドミッションズオフィス委員が評価します。
  • 面接は、アドミッションズオフィスの定める基準によって実施し、複数の委員が客観的に評価します。

スポーツマネジメント学科

試験内容

Ⅰ期・Ⅱ期

書類選考・体験授業・小論文・面接

Ⅲ期

書類選考・体験授業・ノート提出・面接

POINT[小論文][ノート提出]

  • 理解力授業に集中し、内容を正確に理解できるか、ノートをとれるか
  • 文章による表現力与えられたテーマについて考え、自分の言葉で表現できるか

POINT[面接]

  • 人間性・礼儀人柄や挨拶、言葉遣い、服装や髪型に乱れがないか
  • コミュニケーション能力人の話を聞き、自分を表現できるか
  • 目的意識と学習意欲スポーツマネジメント学部について十分理解しているか、志望動機と将来像が具体的か

審査方法

  • 総合型選抜志願書、自己アピールカードに基づき審査します。
  • 小論文、ノートについては、学科のアドミッションズオフィス委員が評価します。
  • 面接は、アドミッションズオフィスの定める基準によって実施し、複数の委員が客観的に評価します。

尚美学園大学Web出願のご案内

本学では、出願登録、合否照会等をWebサイトにて行っております。
また、受験の際に必要な「学生募集要項」もWebサイトよりダウンロードしていただきます。
以下の「受験情報サイト」より、詳細をご確認ください。

受験情報サイト 受験情報サイト