Department of Information Expression 情報表現学科情報・アプリコース

情報表現学科 情報・アプリコース

アプリ開発を通じて即戦力の実力を養成
情報工学の基礎とともに、芸術的なセンスを磨く
技術力をアピールできる資格の取得を徹底サポート

様々なジャンルのアプリの制作方法を学び、実際に開発に取り組むことで、現場で活きる実力を養います。また、コンピュータアートの作品制作などを通して、情報処理の知識と豊かな創造力を修得。IT系企業などへの就職で有利に働くといわれる、国家資格を取得するため、試験対策など、教員が徹底指導していきます。

情報表現学科 情報・アプリコース

科目ピックアップ Pick Up

Pythonプログラミング

AI開発などで注目されているプログラミング言語Pythonについて、基本用語の理解から正しく体系的に学習、実際にプログラムがかけるようになる技術の習得を目指します。

Pythonプログラミング

JavaScriptプログラミング

オリジナルのアプリ制作を通して、JavaScriptの概要を理解しながら、Webアプリケーション開発を体験します。

JavaScriptプログラミング

コンピュータアート論

芸術と科学の境界にある作品群を例に、表現上の効果をひも解きながら技術と表現の関係を学びます。

コンピュータアート論

クロスオーバーな学びを
カタチにしよう。

情報表現学科では6つのコースを
「セレクト」「ミックス」「シフト」できます。

カリキュラム

学科専門科目・学部共通科目

  • コンピュータ基礎論
  • プログラミング初級演習Ⅰ,Ⅱ
  • インタラクティブアート制作
  • インスタレーションアート制作
  • コンピュータアート論
  • JavaScriptプログラミング
  • 情報処理基礎論
  • パターン認識概論
  • 感性情報処理 ほか

教養科目・キャリア関連科目

  • 異文化コミュニケーション
  • 哲学
  • 心理学の基礎
  • データサイエンス
  • プログラミング基礎A,B
  • メディアリテラシー
  • 情報リテラシー
  • 異文化コミュニケーション
  • インターンシップ ほか

取得を推奨する資格

  • 高等学校教諭一種免許状【情報】
  • 基本情報処理技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マルチメディア検定

卒業後の進路

目指せる仕事
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ネットワーク技術者
  • アプリ企画・開発
  • 情報処理サービス(SI)
  • Webエンジニア
  • 高校教員
主な就職先
  • さくら情報システム(株)
  • (株)J ストリーム
  • (株)日立コミュニケーションテクノロジー
  • (株)富士通システムズ・イースト
  • (株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  • 楽天(株)
  • ソフトバンクモバイル(株)
  • 三菱総研DCS(株)
  • (株)U-NEXT
  • (株)DTS
  • 東芝情報システム(株)
  • (株)OriconME
  • (株)トランスコスモス
  • (株)セブン&アイ・ネットメディア など

卒業生の就職先はこちら