尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
音楽表現学科・ポップス専攻

ポップス専攻

オリジナリティ溢れる次世代ポップス分野の音楽を創造する ポップスのステージに不可欠な「自由自在」な表現力を育む プロの現場に精通した講師陣から実践的な演奏技術を学ぶ

専攻楽器別(ヴォーカル含む)実技レッスンで学んだ演奏スキルを、多彩なジャンルの選曲で行うアンサンブルに活かす演習授業や、PCを使用した音楽制作技術によって、実践的にポップス分野の音楽と向き合います。ソングライティング等の専門的な授業を通して柔軟な表現力を育み、次世代の音楽シーンを担う人材を育成します。

科目ピックアップ[Pick Up]

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップ

ソング・ライティング

音楽の三大要素「メロディ・ハーモニー・リズム」に、「言葉」を加えた本格的なソングライティングを学びます。

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップ

ポップス・アンサンブル

ポップススタンダードから多彩なジャンルの洋楽までを幅広く取り上げ、アンサンブル能力を養います。

音楽表現学科・ポップス専攻・科目ピックアップ

専攻実技

教員によるマンツーマン指導のもと4年間を通じて専攻別に実技レッスンを行い、演奏技術を磨きます。

カリキュラム[Curriculum]

履修モデルケース

学科専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
アーティスト/
ミュージシャン
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(ソングライティング)
  • 基礎演習B(ポピュラー・アンサンブル)
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • コード進行法Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽基礎論
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • ソングライティングⅠ,Ⅱ
  • ディジタル音楽A,B
  • 和声分析Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A(リズム研究)
  • 総合演習B(創作研究)
  • 編曲法Ⅰ,Ⅱ
  • 芸術職業論
  • サウンドデザイン演習Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 感性音響学
  • 卒業演奏録音
  • レコーディングスタジオワーク(コラボ)
音楽プロデューサー/
アレンジャー
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(ソングライティング)
  • 基礎演習B(ポピュラー・アンサンブル)
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • コード進行法Ⅰ,Ⅱ
  • 楽器法
  • MIDI演習
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • キーボード演習Ⅲ,Ⅳ
  • サウンドデザイン演習Ⅰ,Ⅱ
  • 編曲法Ⅰ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A(リズム研究)
  • 総合演習B(創作研究)
  • ソングライティングⅠ,Ⅱ
  • ジャズアンサンブルⅠ,Ⅱ
  • ディジタル音楽A,B
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • ポピュラー音楽史
  • 卒業演奏録音
  • レコーディングスタジオワーク(コラボ)
インストラクター/
教員
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(ソングライティング)
  • 基礎演習B(ポピュラー・アンサンブル)
  • 教育概論
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • コード進行法Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽基礎論
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • キーボード演習Ⅲ,Ⅳ
  • 音楽科教育法Ⅰ,Ⅱ
  • 教育原理
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A(リズム研究)
  • 総合演習B(創作研究)
  • 音楽科教育法Ⅲ,Ⅳ
  • 編曲法Ⅰ,Ⅱ
  • ポピュラー音楽史
  • ソングライティングⅠ,Ⅱ
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 音楽心理学
  • 卒業演奏録音
  • レコーディングスタジオワーク(コラボ)
マネージャー/
ディレクター/
音楽系企業
を目指す人
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 基礎演習A(ソングライティング)
  • 基礎演習B(ポピュラー・アンサンブル)
  • 音楽企画概論
  • キーボード演習Ⅰ,Ⅱ
  • コード進行法Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽基礎論
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 芸術職業論
  • 西洋音楽史
  • ソングライティングⅠ,Ⅱ
  • MIDI演習
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • 総合演習A(リズム研究)
  • 総合演習B(創作研究)
  • 著作権論
  • サウンドデザイン演習Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽出版論Ⅰ,Ⅱ
  • ポピュラー音楽史
  • 専攻実技Ⅶ,Ⅷ
  • 音楽メディア産業論
  • 卒業演奏録音
  • レコーディングスタジオワーク(コラボ)
教養科目 情報リテラシーⅠ,Ⅱ╱英語Ⅰ,Ⅱ╱外国語圏文化論╱英語Ⅲ,Ⅳ╱ポピュラー音楽╱アート・マネジメント╱選択英語Ⅰ,Ⅱ╱人間の心理╱音楽と社会╱著作権╱エンタテインメント企画制作
キャリア関連科目 自己表現とコミュニケーション╱キャリアと自己形成╱芸術職業論╱基礎就業力養成ゼミナールA,B,C╱インターンシップⅠ,Ⅱ

卒業後の進路[Careers]

音楽表現学科・ポップス専攻・目指す進路

音楽シーンの多彩な舞台で4年間の学びを活かしていく

常に進化し続ける最先端の音楽の現場に、柔軟に対応できる表現力を養う本専攻の教育は、ポップスの根底にある「自由な創造力」と、ジャズ等の高度な技術によって発揮される「自在な演奏力」とを兼ね備えた人材を育成します。卒業後の進路としては、ライブツアーやレコーディング等の実際の制作現場で即戦力となるミュージシャン、アレンジャー、コンポーザー、サウンドプロデューサーの仕事や、レコード・メーカーや音楽プロダクションと契約を結び音楽活動を行うアーティスト、その他、制作スタッフ、ライブハウス運営やイベントのマネージメント、音楽教員、インストラクター等の幅広い選択肢があります。

目指せる仕事

  • 音楽アーティスト
  • 作編曲家
  • 作詞家
  • スタジオミュージシャン
  • サポートミュージシャン
  • 音楽インストラクター
  • レコード会社など音楽業界関連スタッフ

取得を推奨する資格

  • 中学校教諭一種免許状【音楽】
  • 高等学校教諭一種免許状【音楽】
  • ヤマハ大人の音楽レッスン講師資格

就職インフォメーション

ポップスに関する実践的な指導により、ミュージシャン、作詞家といった枠を超えて音楽業界全般で活躍できる人材を輩出しています。また、音楽を通じて養われたコミュニケーション能力は、様々な業界から求められる資質でもあります。