尚美学園大学 SHOBI UNIVERSITY
尚美学園大学 公式twitter
ダンスコース

ダンスコース

本格的なダンサーとして、また教育現場に携わる
インストラクターとして活躍する人材を育成

バレエ・タップ・コンテンポラリーの分野を中心に世界で活躍できるダンサーを育成。バレエダンサーやパフォーマー、舞踊家や振付師などもめざせるカリキュラムで、将来の可能性を広げていきます。

劇場や公共施設の現場で活躍する企画制作者や、教育の現場に携わるインストラクターなど、ダンサーにたいする社会の幅広いニーズに応えていく指導を行っていきます。

在学生紹介

笛木 愁留 2年
群馬県 高崎商科大学附属高校 出身

ダンサーになる夢を叶えるため、ストリート、タップ、コンテンポラリーなど、多様なダンスのほか、演劇を通して表現力も学べる本校を選びました。卒業後はアメリカに留学し、さらに磨きをかけたいと思っています。

小野沢 有輝 2年
埼玉県 埼玉栄高校 出身

大学では、表現者に求められる多彩な身体表現を学ぶことができています。特にバレエのレッスンを通して、様々なダンスに繋がる身体の動かし方を、基本からきちんと学べたことはとても勉強になりました。

吉川 ひかり 2年
秋田県秋田市立御所野学院高校 出身

私は小学2年生からジャズダンスをやっていたのですが、いろいろなジャンルのダンス経験者が多く、授業の内外で教えあったりして楽しく上達できます。練習室も借りられるので、授業がない日も友人と踊りに来ています。

佐々木 大誠 2年
東京都 豊南高校 出身

様々なジャンルのダンスを学べるカリキュラムに魅力を感じ、進学を決めました。また、ダンスは体の動きだけでなく、表情や感情まで意識することが大切だと教えていただいたことは、大きな財産になると感じています。

学びの特長

ダンスの世界で求められるスキルを実践的に学びながら
多彩なシーンで活躍できるダンサーを育成する

身体づくりも含めて、まずはダンス表現における基礎を徹底して身につけることに始まり、自分だけのダンス表現を発見していくための創作力や自発力を育んでいきます。また、ダンスの世界で求められる重要なスキルについて、ステップアップしながら確実に学んでいけるカリキュラムを設置しているのも特長です。具体的には、ダンス技術の基礎を修得する演習、舞踊の歴史を考察する授業、レポート提出やプレゼンテーション発表を通して実践的な学びを身につけていく授業などにより、多彩なシーンで活躍できるダンサーを育成していきます。

国内のステージイベント市場・ダンス

中学校の授業でダンスが必修科目としてスタートして早くも3年が経過し、ダンスがより身近な存在になり、コミュニケーションツールとして認識されてきています。コンテンポラリーダンスは、イメージが沸きづらいと思われがちですが、2012 年ロンドン・オリンピックのセレモニーで踊られたこともあり、世界では一つのアートとして認識されています。国内外のダンスフェスや劇場に足を運ぶと、研ぎ澄まされた感性による優れたパフォーマンスが多数展開されています。実は舞台だけでなく、映画やCM、プロモーションビデオの振付に登場していたり、最近では人気アイドルがコンテンポラリーダンサーを演じたドラマも放映されるなど、新たなムーヴメントとして非常に注目される分野です。

授業紹介

舞台表現基礎演習

コンテンポラリーダンス、ストリートダンス、クラシック・バレエ、それぞれのスタイルの根底にあるダイナミズム、ノリ、優雅さを理解し、動きの幅を広げていく授業です。舞台に立つ者にとって大切なダンス技術の基礎を修得し、表現とは何かを追求していきます。

舞踊論

20世紀の舞踊家の出現によって再び芸術として印象づけた舞踊。この授業では、舞踊家の哲学・手法を可能な限り映像資料で確認しつつ、作品研究を通して舞踊の価値を考察。舞台鑑賞のレポート課題を課すことで学生自身の鑑賞眼を育成し、未来のダンスを考える契機を作ります。

舞台応用芸術論

舞台芸術に求められている社会的役割は、単に鑑賞対象であることをこえ、きわめて多岐にわたります。こうした表現者・鑑賞者の密接で直接的また交換可能な交流に応える、舞台芸術にたいする様々なアプローチについて議論し研究していきます。

舞踊表現演習

ダンス界で活躍する著名なアーティストを招いて開講されるレッスンです。実際の舞台発表作品を演じることで、アーティストの表現にたいする取り組みを体験。作品の根底に流れる世界観や芸術性、メッセージについての理解を深めます。

目指す進路

ダンサーやパフォーマー、舞踊家や振付師など
ダンスを通じて活躍の場を世界へと広げていく

実際の舞台公演を想定し、上演に向けて取り組んでいく体験型のプログラムや作品発表を通して、様々なジャンルのダンスに関する知識・理論・技術を学んでいきます。こうした学びを活かすことで、卒業後には、バレエ・タップ・コンテンポラリーの分野を中心に、世界的なダンサーとしての活躍が期待されます。また、バレエダンサーやパフォーマー、振付師に加え、劇場などの現場で活躍する企画制作者、教育現場に携わるインストラクターなど、ダンサーにたいする社会の幅広いニーズに応えていきます。

目指す仕事

ダンサー

舞台でいきいきと踊るダンサーや、テレビ、映画などの映像で活躍するほか、歌手などのバックダンサ-、クラブイベントで踊るダンサー、テーマパークで踊るダンサーなどがおり、幅広い活躍が期待されます。ダンス講師やコレオグラファーとして活躍する方もおり、後進の指導を行うことも重要な役目です。

  • バレエダンサー
  • パフォーマー
  • コレオグラファー
  • ダンス教室講師
  • バレエ講師

取得を推奨する資格

  • 実用英語技能検定
  • TOEIC®
  • TOEFL®