Department of Music Business Development 音楽応用学科音楽メディアコース

音楽応用学科 音楽メディアコース

音と理論の融合を目指す
音楽を科学的に考える学びを展開
先端と伝統を重視したカリキュラムを実施

音楽の基礎からハーモニーなどの理論に至るまで、アプリと機材を使用し、常に音で確認しながら学んでいきます。数字つき低音によるハーモニーの学習など、音楽の伝統も重視したカリキュラムが特長です。多様な実技レッスンや音楽制作ソフトを用いた実習など、音楽制作に必要なスキルを身につけられる科目も充実しています。

音楽応用学科 音楽メディアコース

Point

企業セミナーや音楽制作環境を活用して
新しい時代の音楽と向き合う学びの場を
提供しています

ゲーム業界トップクラスの企業を招き
キャリアについて学ぶセミナーを開催

音楽応用学科では(株)スクウェア・エニックス等のゲーム関連企業からクリエーターを招きセミナーを行っており、現場で求められる能力や制作の考え方など多くを学べます。こうした取り組みにより(株)カプコン、任天堂(株)など多くのゲーム業界への就職実績を残しています。

様々な授業で日常的に使用される
ハイクオリティな制作環境を備えた演習室

防音・吸音性に優れた理想的な録音環境や、4Kモニターに8.1CHサラウンドシステムなど、プロレベルの作品を制作するための環境を備えた「サラウンド演習室」。MoogやMellotronなどの世界に名高い新旧の電子楽器によって、自分だけのサウンドデザインも可能な教室です。

メディアアートからライブエレクトロニクス
ミュージックビデオまで撮影可能な施設・設備

最大24CHの立体音響の構築やPCから映像・照明機器を同時にコントロールできるメディアアート制作のほか、これらの環境を最大限活用したライブパフォーマンスや、4Kカメラを使用したMV撮影および YouTube Live 配信などが可能な教室で、最新の学びを受けることができます。

本学開催の「ICSAF」が専門誌で特集される

「インターカレッジ・ソニックアーツ・フェスティバル(ICSAF)」は、音楽とテクノロジーにかかわる創作と研究を行う教育機関の学生たちの発表および交流の場として毎年開催されているイベントで、全国の大学から教員や学生が参加します。音楽メディアコースが中心となり本学で開催されたこのイベントの模様が、雑誌「PROSOUND」で特集記事になりました。

科目ピックアップ Pick Up

DAW活用研究

DAWといわれる音楽制作ソフトを使用し、アレンジとオーケストレーションの実習を行います。音を出し、その効果を確かめながら学習を進めていきます。

DAW活用研究

イヤー・トレーニング

音を様々な観点から聴き取る能力を高めながら、実際の演奏や音楽制作に直結するような音感訓練を行います。

イヤー・トレーニング

録音制作演習

録音の知識や機材の取り扱いについて学び、実際の楽器演奏や歌唱の録音を各自の音楽制作に取り入れることができるようになることを目指します。

ハーモニック・セオリー

カリキュラム

「専門科目」では講義科目に加え、演習や制作科目を履修することで、一般企業での仕事に不可欠な要素といえる「モノをつくる」プロセスを学びます。さらに、社会に出てから力強く生きていくための問題解決能力や自己実現力、コミュニケーション能力を「教養科目」で培い、的確なキャリア・デザイン能力や自己アピール能力を「キャリア関連科目」により開発していきます。

履修モデルケース

学科専門科目

1年次 2年次 3年次 4年次
マルチメディア・
コンポーザーを目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • 映像リテラシー
  • 音楽制作基礎
  • イヤー・トレーニングⅠ,Ⅱ
  • 基礎演習C,D
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 電子楽器概論
  • コンピュータ音楽Ⅲ,Ⅳ
  • 人間と色彩
  • 空間芸術論
  • 画像と映像の基礎
  • 総合演習A,B
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • DAW 活用研究Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニック・セオリーⅣ,Ⅴ
  • 音響と心理Ⅰ,Ⅱ
  • 卒業研究
  • ハーモニック・セオリーⅥ
サウンド
クリエーターを目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • イヤー・トレーニングⅠ,Ⅱ
  • 音響リテラシー
  • 音楽基礎論
  • 基礎演習C,D
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • 電子楽器概論
  • メディア論A,B
  • 音楽美学
  • 総合演習A,B
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • DAW 活用研究Ⅰ,Ⅱ
  • ハーモニック・セオリーⅣ,Ⅴ
  • 録音制作演習Ⅰ,Ⅱ
  • 卒業研究
  • ハーモニック・セオリーⅥ
音楽系企業人を目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 専攻実技Ⅰ,Ⅱ
  • コンピュータ音楽Ⅰ,Ⅱ
  • 音響リテラシー
  • 音楽企画概論
  • 音楽制作基礎
  • 基礎演習C,D
  • 専攻実技Ⅲ,Ⅳ
  • メディア作品演習A,B
  • ポピュラー音楽史
  • 情報法制
  • 知的財産権入門
  • 総合演習A,B
  • 専攻実技Ⅴ,Ⅵ
  • エンターテインメント企業研究
  • DAW 活用研究Ⅰ,Ⅱ
  • 録音制作演習Ⅰ,Ⅱ
  • 卒業研究

教養科目

  • 現代社会の教養
  • スポーツ
  • 教養芸術
  • 情報技術力
  • キャリア
  • 異文化理解力

キャリア関連科目

  • キャリアと自己形成
  • キャリアデザインA,B
  • インターンシップ

取得を推奨する資格

  • MIDI検定試験
  • サウンドレコーディング技術認定試験
  • Pro Tools技術認定試験

卒業後の進路

作曲や編曲はもちろん、音楽プログラムの開発などクリエーターとして幅広い「音」の世界で実力を発揮

本コースでは、少人数制による密度の濃い教育を展開しながら、音楽メディアに関する専門知識を体系的に学んでいきます。さらに、新しい時代の音楽シーンに対応するため、音響や映像音楽にはじまり、オーディオの録音、編集、オーケストレーション、作曲などについて基礎から段階的に学びながら、音楽を幅広く捉えられるクリエーターを育成します。卒業後は、作・編曲家、ゲーム音楽クリエーター、音楽ソフト開発者、映像クリエーター、楽器メーカー、音楽スタジオエンジニア、ステージ音響・映像エンジニアなどの分野で活躍が期待されます。

目指せる仕事
  • サウンドクリエーター
  • マルチメディアクリエーター
  • ゲーム音楽クリエーター
  • アプリケーション開発者
  • サウンドコーディネーター
  • サウンドエンジニア
  • 作曲家・編曲家
  • サウンドプログラマー
  • 舞台サウンドコーディネーター
  • マニピュレーター
就職インフォメーション

伝統を重んじながら新たな時代と向き合い、幅広い視点から音楽を追究することで身についた実践的なスキルは、サウンドクリエーターや作曲家・編曲家を始め、音響・映像エンジニア、マニピュレーターなど、音にかかわる様々な仕事で発揮できます。映画のサウンドトラックの制作、ゲームの効果音の作成、音楽ソフトの開発など、音楽コンテンツをつくりだす多様な分野で人材が求められています。

卒業生の就職先はこちら