Department of Music Business Development 音楽応用学科音楽ビジネスコース

音楽応用学科 音楽ビジネスコース

音楽ビジネスの最前線で活躍するためのスキルを学ぶ
演習に特化した学びでプロデュース力を養う
権利ビジネスに関する様々な知識を身につける

音楽プロデュース、マネジメント、権利ビジネスを学びの柱に、本コースならではの実学カリキュラムを展開することで、現実に即した社会に近い音楽ビジネスを学びます。コンサートビジネス、ソーシャルメディアと音楽の現状、マネジメントで活用できる心理学など、多様な視点から学べる科目を通して理解を深めていきます。

音楽応用学科 音楽ビジネスコース

Point

音楽業界を深く学ぶ
様々なゼミテーマを設定

出版ゼミ

学生目線でつくる大学ガイドブック「true colors」を作成。“尚美生が君に伝えたいこと”をテーマに、企画から編集、取材、原稿作成まですべてゼミ生が行い、完成した冊子は学内だけでなく、川越市内の商業施設や都内のCDショップ、ライブハウスに配本しています。

プロモーションゼミ

業界の中でも重要視される宣伝・広報・販促を1年のゼミを通じて体感します。SNSでの情報拡散や映像・ライブ制作を通じてアーティストのプロモーションをします。多様化する音楽業界を見据え、対応できるクリエイティブスタッフの基礎となる適応力、実践力を修得していきます。

イベントゼミ1

社会の繋がりを実践的に学ぶため、音楽イベントやダンスイベント等を企画・運営しています。ライブハウスやホールを使った実践の場でプロミュージシャンとコラボしながら、自らのクリエイティブ力を高めライブの感動をつくり上げています。

イベントゼミ1

スター発掘オーディションを
キャンパスで開催
「尚美Musicグランプリ」

「尚美学園大学から未来のスターを!」 音楽応用学科と音楽表現学科の共催で、音楽オーディションを開催しています。音楽ビジネスコースの学生が中心となって、出演者を募集(発掘)し、予選ライブ後ファイナリストを選出。レコーディング(制作)、アーティスト写真・MV撮影(宣伝)を経験したのち、特設ステージでの決勝大会(ライブ運営)を行います。この体験を通して、音楽ビジネスに必要な様々なスキルを実践で学ぶ機会が得られます。

科目ピックアップ Pick Up

コンサートビジネス演習

コンサートの仕事をされている各現場のスタッフを毎週お招きし、興行・ライブエンターテインメントの仕組みについて実習を交えながら学んでいきます。

コンサートビジネス演習

出版編集ソフト演習

架空のイベントを企画し、そのフライヤーを作成します。コンセプトから最終的な作品づくりまで学び、自分なりの表現方法を磨いていきます。

ソーシャルメディアと音楽

マネージメント心理学

アーティスト・マネジメントに実践的に使える心理学の知識を学びます。プロの現場で必要な「コミュニケーション能力」「コーチング能力」「カウンセリング能力」を修得します。

ライブハウス文化論

カリキュラム

1、2年次より語学や一般教養科目だけではなく、情報・音響・映像リテラシーの基礎を身につけ、同時に最新の音楽シーンを学習します。企画制作からマーケティング、プロモーションまで音楽ビジネスの基本を修得します。「専門科目」では、マネジメントや著作権の知識を深め、音楽業界に求められる人材を目指し、演習系の授業を通じてスタッフ・クリエーターとして実体験を積みます。キャリア科目では、就職活動への準備を整えます。

履修モデルケース

学科専門科目

1年次 2年次 3年次 4年次
音楽企画制作者を目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 音楽ビジネスA,B
  • サブカルチャー研究
  • 舞台芸術運営論
  • 音楽企画概論
  • 基礎演習C,D
  • 音楽ビジネスC,D
  • インターネットビジネス研究
  • 映像音響論
  • 簿記論
  • 総合演習A,B
  • 音楽ビジネスE,F
  • エンターテインメント企業研究
  • コンサートビジネス演習
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • 卒業研究
  • 経営学概論
  • 録音制作演習Ⅰ,Ⅱ
音楽マネジメントを目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 音楽ビジネスA,B
  • 音響リテラシー
  • 映像リテラシー
  • 基礎演習C,D
  • 音楽ビジネスC,D
  • メディア論B
  • 知的財産権入門
  • マルチメディア制作
  • ソーシャルメディアと音楽
  • 総合演習A,B
  • 音楽ビジネスE,F
  • マネージメント心理学
  • マーケティングリサーチ
  • 卒業研究
  • 経営学概論
  • 録音制作演習Ⅰ,Ⅱ
著作権管理者を目指す人
  • 基礎演習A,B
  • 音楽ビジネスA,B
  • 著作権概論
  • 情報法制
  • 著作権法
  • 基礎演習C,D
  • 音楽ビジネスC,D
  • メディア論B
  • 音楽著作権
  • ポピュラー音楽史
  • 知的財産権入門
  • 総合演習A,B
  • 音楽ビジネスE,F
  • 出版編集ソフト演習
  • ビジネス著作権
  • 卒業研究
  • エンターテインメントプロデュース論
  • 経営学概論

教養科目

  • 現代社会の教養
  • スポーツ
  • 教養芸術
  • 情報技術力
  • キャリア
  • 異文化理解力

キャリア関連科目

  • キャリアと自己形成
  • キャリアデザインA,B
  • インターンシップ

取得を推奨する資格

  • 知的財産管理技能検定(2級・3級)
  • ビジネス著作権検定(初級・上級)
  • 販売士検定(2級・3級) 

卒業後の進路

高い音楽スキルとプロデュース力を駆使しながら様々な業界でアーティストを多面的にサポート

本コースでは、エンターテイメントビジネス、アーティストサポート、企画運営などの分野で幅広く活躍できる人材を育成していきます。演習に特化した学びにより、音楽ビジネスの第一線で活躍するためのセルフプロデュース力を身につけるとともに権利ビジネスに関するスキルを磨き、著作権、音楽ビジネスの知識を深めます。卒業後は、音楽プロデューサー、アーティストマネージャー、番組企画・制作、CD・DVD企画・制作、音楽著作権開発・管理、音楽ジャーナリスト、音楽雑誌編集、コンサートホール・マネジメント、楽器販売などの分野で活躍が期待されます。

目指せる仕事
  • コンサートプロモーター
  • 音楽プロデューサー
  • 音楽番組企画・制作
  • 音楽ディレクター
  • 音楽出版企画
  • 音楽映像企画
  • CD企画・制作
  • 音楽ジャーナリスト
  • 音楽著作権管理者
  • アーティストマネージャー
  • ライブ企画・制作
  • ラジオ・TV番組プロデューサー
  • 音楽ライター
  • 音楽マーケティング
就職インフォメーション

実学を重視したカリキュラムによって育まれた力は、音楽業界に存在する様々な仕事に活かせます。音楽プロデューサーやディレクター、音楽番組やCD・DVDの企画・制作を始め、アーティストをサポートするマネージャーを目指す学生も少なくありません。また、コンサートを運営するプロモーターのほか、音楽ジャーナリストや音楽雑誌編集者、音楽著作権管理を行う権利ビジネスでも学んだ知識を活かすことができます。

卒業生の就職先はこちら