芸術情報学部 Department of Performing Arts 舞台表現学科

芸術情報学科

Point

講師陣は舞台のプロフェッショナル
的確な指導により創造的な能力を修得

芸術監督、演出家、振付師など、アーティストを発掘、育成してきたプロフェッショナルたちだからこそ、幅広い経験と豊富な知識をもって、学生一人ひとりに的確なアドバイスが行えます。舞台芸術の次代をリードする創造的な能力を養います。

表現者としての土台づくりを重視した
多彩な基礎科目を設置

声や身体を使って表現する基本には変わりありませんが、それは確かな知識と技術、そして理論と教養に基づいていなければ、人を感動させる表現は創造できません。そこで、1、2年次には基礎科目を通じて集中的に表現の土台づくりを行います。

3つのコースを通して
専門性を高めていく

「ミュージカル・オペラ」「演劇」「ダンス」からなる3つのコースに分かれて専門性を磨きます。俳優やダンサーなどの表現者、演出・脚本・制作で能力を発揮する舞台人のほか、コミュニケーション能力を活かして様々な企業で活躍する社会人を育成します。

Course

Focus舞台表現学科の学外イベント・活動

2期生卒業公演を開催

舞台表現学科の各コースの2期生による卒業公演を開催しました。2019年12月5日~8日に演劇コースが「見よ、飛行機の高く飛べるを」を、12月21~22日にミュージカルコースが「Once On This Island」を、2020年1月11日にダンスコースが「as one」を上演。4年間の集大成を披露しました。

2期生卒業公演を開催

「劇団四季」の指導によるワークショップを開催

2019年6月8日、「劇団四季」でご活躍中の俳優4名をお迎えし、ワークショップを開催。本ワークショップも今年で4回目となりました。舞台表現学科の各コースの在学生が参加し、午前中は発声や開口訓練、午後はミュージカルナンバーを練習しました。プロフェッショナルによるエネルギッシュな直接指導を受け、参加学生はとても生き生きとしていました。

「劇団四季」の指導によるワークショップを開催

「上郷クローブ座」にて自主公演を開催

2019年9月7日、ダンスコース所属の学生8名が、新潟県津南町にある「上郷クローブ座」劇場にて1時間のダンス作品を上演しました。この劇場は閉校した中学校を、新たなパフォーミングアーツの拠点としてリノベーションし誕生した施設です。本公演では地域におけるパフォーミングアーツの可能性を探り、地元との交流をはかりました。

「上郷クローブ座」にて自主公演を開催

Voice在学生インタビュー

先輩や仲間から刺激を受けながら、
演劇の楽しさ、難しさを学んでいます!

久保 南夢
舞台表現学科3年