Department of Sport Management スポーツマネジメント学科スポーツ×教育・指導

スポーツマネジメント学科 スポーツ×教育・指導

スポーツを通して多くの人々の「健康」を守る

スポーツには身体や心を元気にする役割もあります。その際にキーパーソンとなるのが、保健体育の教員やスポーツトレーナー、体育教室の指導員などに代表される、確かな「教育・指導」を行えるエキスパートです。特に近年では「健康」への関心の高まりから、スポーツの教育や指導にかかわる人材には、筋力の強化だけでなく、食事の管理などにより病気を予防していく専門知識も求められています。そこで本学ではスポーツを「ウェルネス」や「教育・指導」という側面から学んでいくことにより、これらの知識を身につけ、実践できる人材の育成を目指します。

スポーツマネジメント学科 スポーツ×教育・指導

科目ピックアップ Pick Up

スポーツ教育論

学校体育について歴史的に検討しつつ、今日のスポーツ教育が抱える課題や今後の展望について考究します。

スポーツ教育論

ジュニアスポーツ演習

子どもたちにスポーツ指導をして行くうえで必要な知識や技能について、演習形式で学びます。

ジュニアスポーツ演習

スポーツ医学

身体の基本的な仕組みからスポーツに関連した障害や疾病などについて、多様な知識や技術を習得します。

スポーツ医学

カリキュラム

学科専門科目・学部共通科目

  • スポーツ教育論
  • トレーニング論
  • コーチング論
  • ジュニアスポーツ演習
  • スポーツ方法
  • レクリエーション実習
  • 救急処置・テーピング演習
  • スポーツ医学
  • スポーツ生理学
  • スポーツ栄養学
  • スポーツ心理学
  • 発育発達論 ほか

教養科目・キャリア関連科目

  • 生涯スポーツ論
  • スポーツとウェルネス
  • 情報リテラシー
  • 教養スポーツA〜C
  • 異文化コミュニケーション
  • 日本国憲法
  • 心理学の基礎
  • キャリアと自己形成
  • キャリアデザインA,B ほか

取得を推奨する資格

  • レクリエーションインストラクター(日本レクリエーション協会)
  • キャンプインストラクター(日本キャンプ協会)
  • スポーツリーダー(日本スポーツ協会)
  • JFA 公認C級コーチ(日本サッカー協会)
  • ジュニアスポーツ指導員(日本スポーツ協会)
  • トレーニング(NSCA[CSCS])
  • 中学校・高等学校教員(保健体育)

卒業後の進路

目指せる仕事
  • 中学校・高等学校教員(保健体育)
  • 幼児体育指導員
  • ジュニアスポーツコーチ
  • スポーツインストラクター
  • スポーツクラブ運営スタッフ
  • 医療・福祉スタッフ
就職インフォメーション

身体や健康への関心が高まる社会において、教育やウェルネスの側面からスポーツを学んだ人材がキャリアを活かせる分野は数多くあります。教員や指導者、ジュニアスポーツのコーチのほか、専門知識を有するトレーナーとしても活躍できます。

卒業生の就職先はこちら