授業・履修・試験

セメスター制

本学は半年を1セメスターとしています。4月~9月を春学期、10月~3月を秋学期と呼び、4年間で合計8セメスターとなります。
1年間を、春学期・秋学期の2学期に分けて実施することにより、幅広い科目を積み上げて履修することが可能となり、また半年ごとに学習状況を確認することができます。

授業時間

授業時間は次のとおりです。

Ⅰ時限  9:00 ~ 10:30
Ⅱ時限10:40 ~ 12:10
昼休み12:10 ~ 13:00
Ⅲ時限13:00 ~ 14:30
Ⅳ時限14:40 ~ 16:10
Ⅴ時限16:20 ~ 17:50
Ⅵ時限18:00 ~ 19:30

集中授業

授業科目によっては、各学期の定められた授業期間外に集中して授業を行うことがあります。
該当の科目や時期などの詳細については、ポータルシステムなどで連絡します。

出席・遅刻・欠席

【出席】
授業開始5分前には、授業を受ける準備を整えておくようにしてください。原則として出席回数が3分の2に満たない場合は、定期試験の受験資格を失います。(<試験受験上の注意事項>参照)

【遅刻】
公共交通機関の遅延により遅刻となった場合には、当該交通機関より遅延証明書を受け取り、担当教員に提出してください。

【欠席】
公認欠席以外で、やむを得ない理由により欠席する場合には、欠席の理由を証明する書面を添付のうえ、教務課に欠席届を提出してください。欠席届は学生ポータルシステムよりダウンロードできます。

履修

履修登録とは各自が自己責任において学期ごとに受講する科目の申請を行い進級や卒業に必要な受講科目の登録手続(WEB)を行うことです。
なお、登録時は学内LAN使用時の「ログインID」と「パスワード」が必要となります。

授業科目の種類

授業科目は、必修科目・選択科目・自由科目に区別され、春学期・秋学期に配当されます。

必修科目進級、卒業のために必ず修得しなければならない科目
(選択必修科目を含む)
選択科目進級、卒業に要する単位になるが、自由に選択履修できる科目
(学部間自由選択科目を含む)
自由科目進級、卒業に要する単位にはならないが、各自の興味関心に応じて履修できる科目

授業科目の履修時期

授業科目は原則として配当された年次、学期より履修できます。よって、上級年次の授業科目を履修することはできませんが、配当年次以上の学年に属する場合は履修できます。配当年次は各学科のカリキュラム表に記載があります。

単位

単位とは、授業科目を受講し合格することによって認定されるものです。
1科目あたりの単位数は、その科目の内容によって違います。各科目の単位数は各学科のカリキュラム表に記載されています。

進級条件

上位学年に進級する条件は次のとおりです。注意してください。

2年次進級入学後2学期以上在学した者
3年次進級4学期以上在学し、36単位以上の授業科目に合格した者
4年次進級3学年に在籍し、かつ6学期以上在学した者

アドバイザー制度

アドバイザー制度とは、高校でいう担任制度のことです。学生のみなさんには、それぞれにアドバイザー教員が割り当てられています。1、2年生は原則、各学科で定めた教員が担当します。3、4年生は原則、ゼミナール関連科目の授業教員がアドバイザーです。学修上あるいは学生生活上の問題が生じたときは、まずアドバイザー(教員)に相談してください。
アドバイザーは、この他に大学で行う行事や各種手続事項に関する指示や指導なども行います。

アドバイザーの指導・相談内容

  • 学修方法のアドバイス(履修計画の立て方など)
  • 学生生活へのアドバイス
  • 大学の各種手続に関することへのアドバイス
  • 進路相談など

オフィスアワー

専任教員がみなさんの学修に関する相談相手になる時間帯がオフィスアワーです。アドバイザーに限らず、学部学科をこえて広く専任教員と交流することを目的としています。例えば、履修している授業はもちろん、履修していない授業(例えばその教員の専門分野)に関する質問、相談もできます。
なお、各教員のオフィスアワーについては、ポータルシステムなどでお知らせします。

就学指導

成績(GPA)の値が著しく低い状況が続く場合や履修授業の欠席が続くような場合には、アドバイザーが学修の確認を行います。
また、長期間これらの改善が見られない場合は、注意や退学勧告を行います。

学位

卒業の要件がすべて満たされ、教授会の議を経て学長が卒業を認定した場合、芸術情報学部の学生は学士(芸術情報)を、総合政策学部の学生は学士(総合政策)を、スポーツマネジメント学部の学生は学士(スポーツマネジメント)の学位を得ることができます。
大学院では修了の要件がすべて満たされ、研究科委員会が認定した場合、情報表現専攻は修士(情報表現)、音楽表現専攻は修士(音楽表現)、政策行政専攻は修士(総合政策)の学位を得ることができます。

卒業要件

卒業するためには、8学期以上在学し、各学部学科の授業科目を履修、合格した上で、各学部学科で設けた条件を満たさなければなりません。詳細は次のとおりです。

2011年度~2019年度入学生

科目区分 芸術情報学部
2011~2019年度入学生
総合政策学部
2011~2017年度入学生
総合政策学部
2018・2019年度入学生
情報表現学科 音楽表現学科総合政策学科
ライフマネジメント学科
総合政策学科
ライフマネジメント学科
音楽応用学科
舞台表現学科
教養科目30単位以上28単位以上30単位以上30単位以上
専門科目82単位以上84単位以上82単位以上84単位以上
学部間自由選択科目12単位以内12単位以内12単位以内12単位以内
合計124単位以上

2020年度・2021年度入学生

科目区分 芸術情報学部 総合政策学部 スポーツマネジメント学部
情報表現学科
音楽表現学科
音楽応用学科
舞台表現学科
総合政策学科 スポーツマネジメント学科
教養科目 26単位以上 30単位以上
専門科目 86単位以上 82単位以上
学部間自由選択科目 12単位以内
合計 124単位以上

※その他必要修得単位数の詳細については、学則のカリキュラム表をよく確認してください。

修了要件

修了するためには、大学院に2年以上在学し、次に掲げる各専攻の授業科目を30単位以上を修得しなければなりません。
また、必要な研究指導を受けた上、学位論文(修士論文ならびに修士制作及び修士演奏を含む。)または特定の課題についての研究の成果の審査及び試験に合格しなければなりません。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げたと認められる者については、当該課程に1年以上在学すれば足りるものとします。

区分 芸術情報研究科
情報表現専攻音楽表現専攻
必修6単位4単位以上
選択必修6単位以上8単位以上または16単位以上
選択18単位以上18単位以上または10単位以上
合計30単位以上30単位以上
区分 総合政策研究科
政策行政専攻
総合政策特殊研究8単位
基本科目8単位以上
関連科目14単位以上
合計30単位以上

公認欠席

以下の理由により授業を欠席する場合、理由を証明する書面を添付し、「公認欠席願」を欠席した日から1週間以内に教務課へ提出してください。公認欠席願は学生ポータルシステムよりダウンロードできます。

近親者に不幸があった場合
下記期間を忌引として認めます(ただし連続した期間で土日祝含む)。会葬状など証明する書面を添えて提出してください。

血族一親等または配偶者(父母、子)…7日以内
血族二親等または姻族一親等(兄弟、祖父母)…3日以内
血族三親等または姻族二親等(曾祖父母)…1日

感染症の場合(学校感染症 第1種、第2種、第3種)

下記の感染症は【学校保健安全法施行規則第18・19条】により、学校において予防すべき感染症として、登校停止基準が規定されています。感染し、発症した場合は、登校しないで安静にして医師の治療を受けてください。
なお登校に際しては、医療機関の診断書又は治療を証明する書面を添えて提出してください。

感染症の種類出席停止期間の基準
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、
痘そう、南米出血熱、
ペスト、マールブルグ病、
ラッサ熱、急性灰白髄炎(ポリオ)、
ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群、
鳥インフルエンザ(H5N1)
治癒するまで
新型コロナウイルス感染症 別に指定した出席停止期間及び自宅待機期間となります
第2種百日咳特有の咳が消える、または5日間の
抗菌性物質製剤による治療終了まで
麻疹(はしか)解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺、顎下腺または舌下腺の
腫脹が発現した後5日を経過し、
かつ全身症状が良好になるまで
風疹(三日ばしか)発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜炎(プール熱)主要症状が消退後2日を経過まで
結核症状により受診した病院の指示において
感染のおそれがないと認められるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
その他
第3種 コレラ、細菌性赤痢、
腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)、
腸チフス、パラチフス、
流行性角結膜炎、
急性出血性結膜炎
症状により受診した病院の指示において
感染のおそれがないと認められるまで
その他感染症の例
溶連菌感染症、ウィルス性肺炎、
手足口病、伝染性紅斑(リンゴ病)、
ヘルペンギーナ、マイコプラズマ感染症、
感染性胃腸炎(ノロウィルスなど)

※上記感染症に罹患した場合、以下のリンクから大学指定の感染症登校許可証をダウンロードし記入の後、公認欠席願と共に教務課へ提出してください。

> 感染症登校許可証をダウンロード

※新型コロナウイルス感染症の陽性者及び陰性者は、発症日(発熱日)に加えて保健所等の指示があった日から自由行動を許可された日までを出席停止期間とします。また、自由行動を許可された日を含めた以降10日間を原則自宅待機期間とします。自宅待機期間中は、適宜アドバイザーに状況報告を行ってください。

※保健所等の指示で濃厚接触者に指定された場合、陽性・陰性を問わず上記同様の出席停止期間及び自宅待機期間とします。

※濃厚接触者としての指定はないものの、有症状で検査の結果が陰性であった場合も、上記同様の出席停止期間及び自宅待機期間とします。また、無症状で検査の結果が陰性であった場合は、保健所等の指示により、自由行動をお取りいただいて結構です。

※新型コロナウイルスに関連する欠席をした場合、自宅待機期間満了を迎えた後、以下治癒報告書と教務課窓口にある公認欠席願に必要事項を記入し、関係書類(領収書等:コピー可)を添付し、教務課窓口に提出してください。

※出席停止期間及び自宅待機期間中、関係諸機関や自宅にてオンライン授業を受講することは差し支えありません。

(学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~文部科学省より)

> 新型コロナウイルス感染症治癒報告書をダウンロード

※新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者は、2週間の出席停止となります。濃厚接触者であったことがわかる書類等の添付(コピー可)と公認欠席願を教務課へ提出してください。ただし、自宅でのオンライン授業を妨げるものではありません。
(学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~ 文部科学省より)

※インフルエンザに感染した場合は、以下のリンクからインフルエンザ治癒報告書をダウンロードし、記入の後、公認欠席願と共に教務課へ提出してください。この場合の公認欠席の扱いには、インフルエンザに罹患したことがわかる書類等の添付(コピー可)を必要とします。
注意…インフルエンザ治癒報告書は、試験を欠席した場合の追試験申込には使用できません。この場合は、医師による病気の証明が必要になります。

> インフルエンザ治癒報告書をダウンロード

授業に準ずる学習(教育実習など)や承認された行事に参加する場合(実施計画書などの書類の提出が必要)

インターンシップ(事前に承認が必要)

指定・認定サークルの公式戦、コンクール本選などに参加する場合

※書類提出が遅れる場合も1週間以内に事前報告にくること

※監督または顧問の承認と対戦結果表の提出が必要

災害、事故などによる公共交通機関の途絶及び遅延
※交通機関発行の証明書が必要

就職に関する公認欠席手続はコチラを参照

その他、以上に準ずる事由として大学が判断した場合

※法定伝染病以外の病気、怪我、入院は原則として対象になりません。

休講

次の理由により、授業が休みになることを休講といいます。休講については、ポータルシステムなどでお知らせします。

  • 学校行事を行う場合
  • 科目担当教員にやむを得ない理由が生じた場合
  • 災害・公共交通機関事故などによる、不測の事態が発生した場合(詳細は<自然災害などの対応について>を参照)

補講

休講となった場合、授業またはレポートなどの課題を課すことにより休講分の不足を補うことを補講といいます。補講の内容については、授業担当教員によって指示され、主に補講期間に行います。日程については、授業中またはポータルシステムなどでお知らせします。電話での問合せには、一切応じません。

教室変更

授業時または、ポータルシステムなどでお知らせします。特に学期初めの1~3週目は、履修者数により教室の変更があるため、注意してください。

定期試験

定期試験は、授業終了後に行う試験のことで、筆記試験、レポート、口述、実技などによって行われます。試験に関する連絡事項は、担当教員より直接または掲示板、ポータルシステムで行います。

筆記試験

定期試験期間中は以下の時間帯で実施します。通常の時間とは異なりますので、間違いのないように注意してください。

Ⅰ時限9:30~10:30
Ⅱ時限 11:00~12:00
昼休み 12:00~13:00
Ⅲ時限 13:00~14:00
Ⅳ時限 14:30~15:30
Ⅴ時限 16:00~17:00
Ⅵ時限 17:30~18:30

レポート

定期試験に替わるレポートは、定期試験と同等の評価対象となるので、下記提出上の注意事項を厳守のうえ、指示された提出先に提出してください。

  • 大学指定のレポート提出用紙を表紙として使用すること。
  • 締切日及び時間を厳守すること。提出期限を過ぎたもの、指定場所以外に提出されたものは一切受付けません。
  • ステープル留めをすること。

〈試験受験上の注意事項〉

  • 授業の出席回数が3分の2に満たない場合は、原則として失格となり、試験を受けることができません。
  • 受験の際は、学生証を机上に置くこと。学生証を持参しない者は受験できません。学生証を忘れた場合は、教務課で「仮学生証」の発行を受けてください。学生証の記載事項が消えていたり、シールなどを貼って見えなくなっている学生証は不正行為と見なしますので、あらかじめ再発行の手続をとらなければなりません。
  • 原則として、試験開始後20分以降は、入室を認めません。
  • 公共交通機関の遅延により、上記定期試験時間の時刻に間に合わない場合は、遅延した交通機関で遅延証明書を受け取り追試験受験の手続をとってください。ただしスクールバスの遅延は対象ではありませんので、余裕をもって登校してください。
  • 試験開始後30分までは退出を認めません。また、終了5分前以降の退出も認めません。
    [なお、試験により、試験終了時まで退出を認めないこともあります。担当者(試験監督者)の指示に従ってください。]
  • 学生納付金未払者は、受験資格がありません。
  • 試験は、指定された時間・教室で受験してください。
  • 試験会場では、担当教員及び監督者の指示に従ってください。

成績

成績評価

  • 評価は、各学期末に行います。
  • 成績評価は、授業への出席、平常点、試験などにより行います。
  • 成績は100点満点とし、60点以上を合格とし59点以下を不合格とします。評価の表示は下記のとおりです。
表示 総合点 判定
100~90点合格
89~80点
79~70点
69~60点
不可59点以下不合格
失格原則出席回数が2/3未満
欠席試験欠席・レポート試験未提出

GPA

本学では、学生自身の責任において科目履修を行い、その成果を確かめる制度としてGPA(Grade Point Average)を導入しています。授業ごとの成績評価に0~4のグレードポイント(GP)を付与し、履修科目(自由科目を除く)の平均評点値(GPA)を算出します。
計算方法GPA=(GP×単位数)の総和÷履修単位数の総和(GPAは、小数点以下第三位の値を四捨五入し、小数点第二位までのものを使用します)

成績発表

成績評価は各学期ごとに発表します。
成績発表に基づき、取得した単位を確認して、次学期の履修計画を各自で立ててください。
成績はWeb学生カルテより確認できます。

成績確認

成績評価の確認を行いたい場合には、成績通知後1週間以内に申立をすることができます。ただし、確固たる根拠があるものに限ります。

追試験

以下の理由により定期試験(レポート試験を含む)を欠席したものに対して追試験を行います。追試験は、欠席理由を証明する書類を添付し、「追試験・再試験申込書」及び「試験欠席願」に必要事項を記入したうえで所定の期間内に手続を終えた場合1回に限り行います。
また追試験に該当する科目1科目につき2,000円の受験料を納めなければなりません。

欠席理由 提出・添付書類

欠席理由 提出・添付書類
忌引など 会葬状の写し。もしくは保証人の作成した証明書
天災などの不慮の事故 被災証明書
公共交通機関の事故 事故証明書・遅延証明書
病気 ※2 医師による診断書、治癒証明書
教育実習・就職試験 実習または就職先の発行する証明書※1
上記と同程度と認められる正当な理由※3 正当な理由を示す証明書
  1. 教育実習・博物館実習、就職試験などでやむを得ず試験を欠席する場合は、事前に教職・資格課程センター、キャリア・就職課の担当者に申し出たうえで手続をすること
  2. 感染症を含む(詳細は<感染症の場合>を参照)
  3. その他、以上に準ずる事由として教務部長・学生部長が判断した場合

再試験

再試験は卒業予定者を対象に定期試験の結果、不合格(失格、欠席を除く)になった科目に対して1回に限り行います。なお、再試験は音楽表現学科における実技試験を除き、原則として最終セメスター時のみ実施します。再試験科目1科目につき3,000円の受験料が必要です。

不正行為について

定期試験などにおける不正行為とは、次のような場合をいい、学則及び履修規程に従って当該セメスターに履修した単位はすべて無効となります。なお、事実認定の告知を受けた学生は、事実認定について異議がある場合は、告知を受けた日から2週間以内に文書により異議申し立てを行うことができます。

(例)

  • 他人の答案をのぞいて見たり、答案を交換すること
  • カンニングペーパーなどを持ち込むこと
  • 持ち込み許可の図書・ノート・資料などを複数の者で融通しあうこと
  • 携帯電話などの機器を使用すること(指示した場合を除く)
  • 本人以外の者が本人に代わって受験すること
  • 持ち込みを許可されていない図書・ノート・資料などを持ち込むこと
  • 監督者の指示、制止に従わず、受験の円滑な進行を妨害すること
  • 答案用紙の持ち帰りなど、監督者の指示に従わないこと

下記のような行為を注意されたにもかかわらず、態度を改めなかったり、監督者から上記の行為と同等な行為であると見なされた場合も処分の対象となります。

(例)

  • 不必要な物品を机上に出したままにしていること
  • 試験時間内に他者と私語を交わすこと

自然災害などの対応について

①自然災害など緊急時の場合
地震・大雪・台風などの災害により、休講・閉校等の措置を取る場合は、当日午前7時の段階で判断し、大学ホームページにてお知らせいたしますので、確認のうえ対応してください。

埼玉県と東京23区に大雨・洪水・暴風警報などが発令されている場合も同様とします。
また、想定される災害(大雪や台風の予想進路が関東を通過するなど)の場合も同様としますが、場合によって事前に休講等措置を取る場合もあります。

②公共交通機関事故等の場合
各機関発行の事故証明書・遅延証明書を取得し、教務課へ提出すること(詳細はコチラを参照)

③公共交通機関のストライキの場合
★の公共交通機関のいずれかが、ストライキを予定している場合の授業については、次のとおりとします

状況 授業措置
午前0時までにストが解決した場合 平常通り授業を行う
午前0時~9時の間にストが解決した場合 午後からの授業は平常通り行う
午前9時以降ストが続行中の場合 当日の授業は全て休講とする

★対象路線
JR埼京線 / JR川越線 / 東武東上線 / 西武新宿線 

④定期試験の際の対応
①~③の措置は、定期試験の際も同様とします。その場合の試験実施日・実施方法などの措置は、後日ポータルシステムなどで連絡します。なお、翌日の試験は順延とせず予定どおり行います。

⑤上記の状況以外の緊急時で、事前に授業や試験の日程変更などを行う場合があります。その際は掲示、ポータルシステム、ホームページなどでお知らせします。

目次へ戻る