国内初の大学女子硬式野球部 〜つながる女子硬式野球の道〜

近年、高等学校の女子硬式野球部が増加傾向にあるなど、女子硬式野球の人気は高まっている。また、世界大会で日本代表チームが連覇するなど、そのレベルも上がってきた。しかし、野球が盛んな日本国内においてさえ、女子硬式野球に情熱を燃やす選手が思う存分に活躍できる場は、多いとは言いがたい。それは、いままで国内の大学に女子硬式野球部がなかったことにも表れている。 はたして、これまでにどれだけの優秀な選手が、高校を卒業すると同時に硬式野球から離れていったことであろう。

2006年7月4日、尚美学園大学は、日本青年館において、「女子硬式野球部」創部を発表。日本女子野球協会公認の「大学女子硬式野球部」が日本で初めて誕生した。

尚美学園大学では、硬式野球と大学進学の両立を希望する選手のために、その夢を実現する環境を提供し、これからの野球界に大きく貢献する人材を育成していく。また、今後は「全日本女子硬式野球選手権大会」等の各種大会に出場するほか、社会人野球やクラブチーム、地域との連携を深め、選手の活躍の場を広げていく。そして将来、女子硬式野球がオリンピック種目に採用されることを願い、国際舞台で白球を追う代表選手を尚美学園大学から送り出し、女子硬式野球の発展に貢献していく。

大学女子硬式野球の“プレイボール”の声は、今、あがったのだ。



Copyright(c) SHOBI UNIVERSITY, JAPAN HP http://www.shobi-u.ac.jp/ All rights reserved. webmaster@shobi-u.ac.jp