2020年4月開設

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメント学部 TOPICS

スポーツマネジメントとは

01スポーツマネジメントとはスポーツ×ビジネス

スタジアム来場者が数倍に!
「ファン獲得」の作戦を考える。

MORE

スポーツをマネジメントする。そのわかりやすい事例のひとつが、スポーツイベントへの「集客」です。
たとえば野球、サッカーなどのプロリーグ。日本各地で年間に数多くの試合が開催されているなかで、あらゆるチームで取り組まれているのが観客動員数のアップです。一部の熱狂的なファンだけでスタジアムを常に満員にすることは難しく、経営状況も上向きにはなっていきません。ビジネスとして成立させるための課題は、新たなファンをいかに獲得できるか。子ども、女性、お年寄りなど、関心がなかった人でもスタジアムに足を運びたくなるアイデアが鍵になります。無料招待券の配布、所属選手との撮影会、家族で参加できるアトラクションの開催、B級グルメを集めた屋台の設置…。様々なきっかけや機会を用意することで地域住民の心をつかみ、年間の来場者数が数倍になったケースもあるのです。
スポーツを「ビジネス」という観点から学ぶ。そして将来、プロチームの運営スタッフとして経営手腕を発揮する。そんな道も、スポーツを愛するあなたには開かれています。

×

02スポーツマネジメントとはスポーツ×イベント

競技人口が1億人を突破!
新種目「e-sports」が熱い。

MORE

身体を使って対戦する競技だけが、今やスポーツではありません。最近よく耳にするのが「e-sports」。エレクトロニック・スポーツの略で、ネットワークを介して複数のプレーヤーがコンピューターゲームで対戦する競技の総称です。
サッカーゲームのほか、キャラクターを選択して行う格闘系ゲームなどもあり、数々の競技タイトルでイベントが開催されています。世界中の若者がゲームという共通言語でつながり、スポーツがもつ競技性が熱狂させるムーブメントを生み出しているといえるでしょう。なかにはゲームプレーヤーが全世界で月間1億人を突破し、賞金総額が数十億円となったイベントもあるといいます。つまり、ビジネスチャンスを見出してスポンサーとなる企業も多いわけです。
世界から見れば日本はまだまだe-sports の発展途上国ですが、国民体育大会(国体)の種目として採用が予定されるなど注目度が高まっています。新しい概念の「競技スポーツ」の可能性を研究し、イベントの開催やプロモーションなどに携わる。スポーツで社会を動かしていく選択肢のひとつです。

×

03スポーツマネジメントとはスポーツ×マーケティング

急成長したスポーツ用品メーカーの
「ブランド戦略」とは。

MORE

競技を行うための道具をはじめ、シューズやウェアなどラインナップが幅広い「スポーツ用品」。購入する際には、メーカーのブランドにこだわる人も多いのではないでしょうか。
ブランドイメージが社会で認知され、多くのファンを獲得するまでには、長い年月がかかるもの。しかし、アメリカのあるスポーツ用品メーカーは、創業後20 年ほどの間に急成長を遂げ、近年で最も成功したスポーツブランドといわれるまでになりました。勝因は、商品にほかのメジャーブランドとは明らかに違う価値を与えたこと。競技者しか着ることのなかったスポーツウェアを、普段着のファッションとして着こなす。そんなスタイルの提案が若者たちに受け入れられて人気が沸騰し、日本でも新しいカルチャーとして広がったわけです。
スポーツ用品メーカーの「商品マーケティング」や「ブランド戦略」を研究する。そして、新しいトレンドを発信するために「文化」について深く理解する。商品の企画や開発、プロモーションの仕事に興味がある人は、スポーツを多角的に学んでみませんか?

×

04スポーツマネジメントとはスポーツ×エンターテインメント

「動画配信サービス」で、
スポーツ観戦がいつでも可能に。

MORE

趣味がスポーツ観戦という人にとって、試合の模様をライブストリーミングなどで楽しめる「動画配信サービス」は日常生活に欠かせないものといえるでしょう。
スポーツ番組を決められた時間帯にテレビやラジオでしか楽しめなかった時代から、世界中で開催されている試合のなかから観たいスポーツ番組を通学・通勤途中でもスマートフォンで楽しめる時代へ。お気に入りの番組をダウンロードして、好きなタイミングで視聴できる。試合開始や選手が活躍したことをタイムリーに知らせてくれる。そんな機能の充実ぶりも、サービスの契約者数が増えつづけている要因になっているといいます。さらに視聴者の満足度を上げていくためには、優れたサービスを提供できる専門スタッフの力量が問われます。
スポーツをエンターテインメントとして伝えるメディアや表現手法を、「情報」というアプローチから学ぶ。そして、番組コンテンツの企画力や演出力、映像のクオリティを高める技術力や編集力を身につける。 それも、スポーツマネジメント学部の特長のひとつです。

×

05スポーツマネジメントとはスポーツ×データ分析

トップアスリートの秘密を
「スポーツ科学」で解明。

MORE

観客を魅了するトップアスリートのプレーに憧れ、もっと上手くなりたい、強くなりたいと思ったことはありませんか? 感動を与えるプレーが生み出される背景には、トップアスリートだけに見られる筋肉の使われ方や特徴的なフォームといった数々の秘密が隠されています。それらを上手くなり、強くなるポイントとして伝えるとき、“こんな感じ” “あんなイメージ”といった感覚的な言葉で表現しても、相手を納得させる説明になりません。
秘密を「データ分析」によって解明し、誰にでもわかるように可視化する。自分の言葉で根拠のある解説ができるようになる。それがスポーツ科学のもつ力です。
近年では、勝利をつかむ上でも欠かせないものとなりました。選手個々の特長を科学的に分析するだけではなく、試合の展開そのものを数値化・可視化することで、ゲームプランを構築するような場面にも活かされています。「情報」や「教育」などの視点からスポーツを科学できる能力を身につけ、プロアスリートやスポーツアナリストといったスペシャリストを目指してみませんか?

×

06スポーツマネジメントとはスポーツ×教育・指導

高まりつづける「身体」や
「健康」への関心。

MORE

身体や心を元気にするという役割も担っているスポーツ。そのキーパーソンになるのが、確かな「教育・指導」を行えるエキスパートです。その代表的な職業として思い浮かぶのは、保健体育の教員※。子どもが好きな人なら、幼児を対象とした体育教室の指導員やジュニアスポーツのコーチに憧れる人も多いでしょう。
大人への教育・指導であれば、身体のコンディションを整えるスポーツトレーナーも興味の対象かもしれません。一方で、注目すべき社会のトレンドとしては、健康に強い関心をもつ人が増え続けていること。ダイエットやシェイプアップに投資し、短期間での効果をアピールするスポーツクラブなどの人気は高まるばかりです。スポーツインストラクターには、筋力の強化だけではなく、食事の管理など病気を予防するための専門知識も求められる時代といえるでしょう。
スポーツを、「教育」や「ウェルネス」という側面からも学べるスポーツマネジメント学部。卒業後には、教育・指導のエキスパートとして活躍できる様々なフィールドが広がっています。

※ 教職課程認定申請中

×