大学院・芸術情報研究科
情報表現専攻

自由な感性に、自在な表現力をプラス。実践型アーティストの世界を拓く。

特長

Policy 1専門性を極める教育システム

詳細

本専攻はコンテンツ・作品の制作から完成・発表に至るまでの、表現者として必要なスキルの習得を目指しています。物事の本質を見つめる理論系講義科目や、自分自身の内面に光を当てる技術系演習科目をバランス良く配置することで、専門家になるための高い教育効果を上げています。

Policy 2専門を中心とした多彩な科目群

詳細

選択科目はそれぞれの分野に対応した、基礎固めから発展的な内容になっています。また専門性のすそ野を広げるために、他分野の科目も履修することができます。

Policy 3専修免許状の取得

詳細

指定された科目の単位を履修することで、高等学校教諭の専修免許状(情報)が取得できます。

情報表現専攻3つの分野

映像・音響

映像・音響に関わり、専門性が高くかつ汎用性もあるスキル・方法論を修得し、高度な専門能力を有するクリエーターの育成を目的とします。

CG・美術

アート表現におけるデジタルとアナログ、その双方向の理論・技術を身につけることにより、幅広い現場で活躍できる人材の育成を目指します。

ゲーム・ソーシャルネットワーク

芸術と科学の融合がこの分野の柱になります。現代社会に欠かせない、情報技術やネットワークに関する知識の深化を図りながら独自の表現を目指します。

科目編成と人材目標

映像・音響分野

1年次

映像制作特論/テレビ番組表現特論/映像制作マネージメント論/音響制作技術応用研究/音声サウンド圧縮論/マルチメディア表現論/サウンドエンジニアリング論

2年次

映像制作技術応用研究/ディジタルビデオ応用研究/3次元映像システム論/CG・ディジタルビデオ論/コンピュータアニメーション特論/美術理論特論

人材目標

芸術的かつ科学的発想からメディアコンテンツを創造するクリエーター/映像クリエーター/映像ディレクター/映像・音響パッケージメディア開発・制作者/サウンドクリエーター/音響ストリーミング配信システム開発設計者/メディア制作サウンドデザイナー/サウンド制作・編集システム設計研究者

CG・美術分野

1年次

CG・ディジタルビデオ論/コンピュータアニメーション特論/コンピュータアート特論/美術理論特論/造形美術演習/日本美術史/グラフィックデザイン特論

2年次

映像制作特論/映像制作技術応用研究/マルチメディア表現論/映像制作マネージメント論/ビジュアルコミュニケーション応用研究

人材目標

芸術的かつ科学的発想からアート作品を創造するクリエーター/CGアーティスト・研究者/CG制作アプリケーション開発ができるクリエーター/メディアアート作家・研究者/アートディレクター/グラフィックデザイナー/画家/造形作家

ゲーム・ソーシャルネットワーク分野

1年次

画像処理応用研究/ビジュアルコミュニケーション応用研究/メディア情報社会論/リレーショナルデザイン応用研究/メディアコミュニケーション論

2年次

ネットワーク制御応用研究/知的インターフェース論/Webプログラミング応用研究/データサイエンス論/ネットワークビジネス応用研究/美術理論特論

人材目標

ゲームプログラム開発研究者/ゲームプランナー/ゲームサウンドデザイナー/マルチメディア制作エンジニア・デザイナー/マーケティングリサーチャー/Webビジネスデザイナー/Webビジネスソリューションデザイナー/SOHOマネージャー

※ カリキュラムは変更になる場合があります。