情報表現学科美術・デザインコース

マンツーマン指導で創作活動に必要なスキルを修得

様々な作品制作を通じて実践的な表現力を磨く

コンクール出品など、実力を試す数々の機会に挑戦

詳細

1年次より教員との二人三脚による徹底指導を行うことで、創作活動に求められる基礎力を修得。立体造形やグラフィックデザインなど、演習を通じて表現手法を磨き、アウトプットする引き出しを増やしていきます。また、卒業制作に取り組む一方、外部コンクールにも積極的に応募し、入選を目指すことで、創作力を高めます。

情報表現学科 美術・デザインコース

科目ピックアップ[Pick Up]

情報表現学科 美術・デザインコース

立体造形表現

厚紙や粘土・木材などを用いた制作を通して、造形の基礎を学び、表現能力の向上を目指します。

情報表現学科 美術・デザインコース

グラフィックデザイン基礎

主にIllustratorを使用しながら、名刺やポスターなどの印刷物の作成に必要な基本を身につけていきます。

情報表現学科 美術・デザインコース

デッサン

パース、立体感、質感、構図など、あらゆる制作活動の土台となるデッサン力の向上を図ります。

卒業後の進路[Careers]

目指せる仕事
●グラフィックデザイナー ●アートディレクター ●キャラクターデザイナー ●プロダクトデザイナー ●家具デザイナー ●空間デザイナー ●造形作家 ●画家 ●高校教員
取得を推奨する資格
●高等学校教諭一種免許状【情報】 ●ITパスポート試験 ●ビジネス能力検定2級・3級
卒業生の就職先
卒業生の就職先はこちら
情報表現学科が体験できる
オープンキャンパスに行こう!